涙の年明け

昨年(平成20年)・・それは、ちょっとブルーに始まった。

年末から突然体調を崩しためご。
前日まで元気だったのに、吐いて下痢を繰り返す。
病院は休みに入ってて、おまけに先生は地元に住んでおらず不在。

一年に一度、兄ちゃん・ソイ君に会えるのを伯母は楽しみに待ってるし・・・
ちょっと上向きになっためごを乗せ、東京に出発!
・・・・こんな日に限って、大雪(涙)
1時間おきにめごのサインで休憩(うん○)めごが一番辛いよね。

e0160568_1151746.jpg

               「はい・・・悪い夢を見た感じでした」

実家についてから少し落ち着いた感じに見えたのですが、やっぱりおかしい。

「何かあっても嫌だし、病院行ってみる」
「正月2日からやってる所あるの?」

義弟がネットで探してくれたら、2軒あった。
1軒はパルがお世話になった病院(強制退去をお願いされたけど、信頼出来る先生)
でも、午前中しかやってなーーーい。
残る1件に電話してみると、携帯につながり酔っ払った感じの男性が
「はーい、大丈夫ですよ。安心してください。ちゃんと診察しますから少しだけ待ってて
くださいね~。」

確かに正月だし、酒も飲んで当たり前だけど切羽詰ってる私との温度差が明らか。。。
でも診て貰える安心感は大きかったのです。

めごを連れて行くと、とーっても若くてビューティフルな女医さん。
呼ばれるまで40分位待って診察室へ。
最初に症状を話すと「疑うべき検査はしますね」とめごは診察室の奥へトボトボ歩いていった。
レントゲンに血液検査。
それから1時間半は待ったかなー。呼ばれて説明を受けたけど、これという確たる物はなく
「ちょっとすい臓の数値がおかしいかな・・・でも、基準内ですので主治医に見てもらって下さい」
「応急に水分補給の点滴をしますので、2時間したら迎えに来てください」←AM3時
「診察料の見積もり???があるので受付でお願いします」
と言われ、その見積りを見てびっくり!!!
なっ、なっ、なんと片手×万円   ひぇーーー
どうりで受付に”カード使えます”って表示あるはずやねー。
(東京を後にし早14年(遠い目)・・・今の都会の動物病院ではフツーなのでしょうか?)

e0160568_1136937.jpg

                     「健康管理って大切ぅ」

もちろん、ビンボーな私がそんな大金持ってるわけなく
「カードでお願いします」

真夜中の3時、めごと買取だったエリザベスと共に、帰ってきた。
12月、仕事が忙しくて体力消耗していたオバサンは身も財布も疲れきったのである。

その後めごの症状が落ち着いたのはいうまでもない(ならなきゃ困る)ので
”良し”としよう!!!

「まっ、行かなくてもめごは良くなったかもしれないね・・・ボソッ」←父さんのコメント。


「それを言っちゃぁー、おしめえよぉーーー」
でも、今度はパルの病院に午前中に行こーっと
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-01-14 12:07 | めご | Comments(2)

平成21年

早くも2週間が過ぎようとしています(汗)
我家では大晦日から、実家へ帰省してました。
車で8時間・・・グアムにもハワイにも行けるやないかーい!

本当は新幹線びゅーんと行きたい所だけど、なんと行ってもお姫様がいるので
のんびり、ゆっくり車で行きます。まっ、帰省ラッシュに逆らうので渋滞はナッシングー!

e0160568_10441811.jpg

                途中はこーんな雪

e0160568_10465278.jpg

めごは運転席と助手席のスキマにピッタリ、フィット!(←どこかで聞いたぞ)
我家からはカーブなしには行けない所が多いので、平衡感覚の悪いめご自ら探し出した
安定できる場所らしい。

年に一度の家族集結。85歳の伯母を始め77歳・75歳の両親に子供に孫と・・・総勢19人!
皆、それぞれ持病はあるものの元気に新しい年を迎えられた事がなにより嬉しい。

そして・・・『家恒例新春ボーリング大会』
老若男女で楽しめるスポーツと言ったらボーリング!さすがに伯母は無理ですが・・・
チーム対抗で賞金ゲットすべく、力を合わせ頑張りました。
e0160568_10594255.jpg


そして今年も目黒不動尊で初詣
e0160568_11195065.jpg

毎月28日の縁日が楽しくて、幼い頃から行ってるので
やっぱりここに初詣に行かないと一年が始まらない感じ。
めごは人ごみ初体験でしたが、以外に落ち着いていました。


e0160568_11301190.jpg

                       夜は家族で宴会(父さんは手だけの参加)


e0160568_11235139.jpg

                 「子供の国」でのスケート。

大人も子供もリフレッシュして平成21年をスタートいたしました。
今年はめごが元気に帰省できて良かったよー(ボソッ)
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-01-13 11:44 | 家族 | Comments(0)

最高気温 1℃

お寒うございます。
全国的に寒波がやってきてるようですが、さっ寒い。
最高気温1℃・・・久々です。
やっぱり温暖化の影響で岩手も暖かくなり沿岸は雪も減ってます。

こんな寒さの中、我家の二男ソイ君はチャリこいで背中のリュックに竿を背負い
・・・釣りに出かけますよ、ハイ。
しかも、30分とか近いほうですよー。ひぇーーー、鼻水も凍るぅ。

e0160568_15303062.jpg

              「そうです。私は釣り吉です」

でも、結構いろいろ釣ってくるんです!なんといっても三陸ですからね~
最高はアイナメ40cm!お刺身でいただきました♪

私が大喜びしたのは
e0160568_1532566.jpg

これ!なんと、”いか”ですよー。
なんか海で”いか”が釣れるってことに、素直に感動。
お店に並んでるのしか見た事ないですから・・・

e0160568_1535639.jpg

こんなんとか・・
e0160568_15354395.jpg

こんなんとか・・

結構色々釣ってきます。もちろん坊主の(つり用語で釣れない事らしい)の日も多いですが
それでも満足らしいです。(理解出来ないな・・・ボソッ)

でも、家にこもってゲームするよりいいかなー。海にさえ落ちなきゃね!

昨日のめごの散歩中
e0160568_15395226.jpg

          「ちょっと、ちょっとー、見て見て!」

e0160568_15403659.jpg

なっ、なんと、近くの川で  鮭が泳いでますわよー。
切り身じゃないんです!!(なんてエゲツない)
東京育ちの私は大喜び!生きてる鮭が川を泳いでるなんて~~~

「思えば遠くへ来たもんだ」←古っ。
[PR]
# by pi-pal-mego | 2008-12-27 15:49 | 家族 | Comments(0)

幸せの後ろ側。

現実を知るまでは・・・
e0160568_16242744.jpg

めごの寝顔や笑顔、はしゃぐ姿・・幸せそうに見えるめごを見ると私も幸せだった。

でも、いつも頭から離れないことがある。

悲しい目・目・目・・・


犬13万2238、猫23万1697。
これは、全国で一年間に殺処分された日本の“いのち”の数


何の罪もない犬や猫達が毎日のように殺されている。
人間の身勝手で・・・

決して安楽死ではなく、ほとんどの施設が炭酸ガスによる窒息死
苦しんで・・苦しんで・・息絶えていく

何故?同じ命なのに・・・
何故?最後迄人を信じてたのに・・・

動物たちは飼主を選ぶことができない。
飼主によって運命は決まってしまう。

今も、センターの寒い床の上で死を待ってる仔がたくさんいます。
おかしいよね。今の日本の現状。
決して先進国と言えない日本。
[PR]
# by pi-pal-mego | 2008-12-20 16:57 | わんこ | Comments(0)

『パル』

先月30日は我家というか私の先代ワン、パルの7回目の命日。
めごとは正反対の性格で、人間大好きの穏やかで気弱で
いつもちぎれんばかりに尻尾を振ってたパル。

パルは千葉県山武郡の知人の家で4匹生まれた雑種の仔犬うちの一匹。
パルの兄弟は養鶏場の番犬に2匹、残りは捨てられたと後から聞かされた。

初めて会った時、一目散に駆け寄ってきた姿を今でも忘れられない。


e0160568_14481091.jpg

                2歳の頃のパル


20年以上前、しつけの”し”の字も知らず、ただただ可愛がられた結果
パルは要求吠え(鼻を鳴らす)だけは誰にも負けなかった。(←飼主の責任)
とにかく家族が大好き!優しいパルは近所の子供にも人気だった。

病院=怖いところ・・・だったパルは、子宮内膜症の手術で入院した時も
麻酔から覚めると延々泣き続け
「他の犬達も不安で鳴きはじめてしまいましたし、傷口も開いてしまってるので
お引取り下さい」と強制退院。先生が往診に来てくれるという、異例の展開。
車嫌いで、乗せられると8時間でも9時間でも鳴き続けると言う、
ある意味すごい根性の持ち主だった

パルは17年半もの間近くに居て、時には姉妹ケンカの仲裁をし、悲しい時には
寄り添い、いつも近くで私達を見つめ愛してくれていた。

e0160568_14483425.jpg

       晩年を庭でくつろぐパル。紫陽花の下がお気に入りの場所

17歳を過ぎた頃から急に弱り、信号も青のうちに渡りきれなくなり、目もほとんど見えず
耳も聞こえなくなり、大嫌いだったはずの雨の中グルグルと庭で周り続けるパル。
”老いる”という現実から目を背ける事はできなかった。

散歩に行くと「何歳?」と聞かれることがよくあった。
「17歳です」と答えると
「可愛がった証拠だね。」と言われ、涙。
別の人には
「うちの犬もこんなになるのかしら。嫌だ嫌だ」と言われ涙。
若いはしゃぐ犬を見ると「パルも昔はこんなだったな~」と涙。
何度涙したかな・・・

平成13年11月29日の夜、外出していた私の携帯に「パルがおかしい」との連絡。
すぐ戻ると、パルはもう立ち上がる事ができなかった。

「パル、死なないで」と叫びながら抱きしめると、必死に4本の足で立とうとする。
夜の11時・・・病院も終ってる。私はパルの様子から、パルの命は消える寸前と思った。
残り少ない時間だとしたら、大嫌いだった病院より近くに居てあげたいと思い、横に添い寝したり
口に水を含ませたりしましたが、もう飲む事は出来なかった。

2時間パルと寄り添い、段々にパルの動きが小さくなっていた。

いつかテレビで見た事を思い出した。
飼主が泣いてると、犬は心配で息を引き取る事が出来ないと・・・
伝えなきゃ・・・

「パル、ありがとう。会えて良かった。また、すぐ会えるよ!待っててね!!」
パルを抱きしめながら何度も伝えた。

30分位するとパルの尻尾が2回パタパタと振られ
夜中の2時半、本当に静かに息を引き取った。最後の力を振り絞って、尻尾を
振ってお別れを言ってくれたんだと思った。

翌日、泣きはらした顔で職場に向かう途中偶然空に”虹”がかかっていて
「パルは虹を渡って天国に行ったんだ。」自分に言い聞かせた。
当時は「虹の橋」の話を知らなかったので
後で「虹の橋」の話をネットで知り、とても驚いた。

一度も唸ることも、噛むこともなく、もしかしたら捨てられていたかもしれない
小さな命が17年半もの間、人を癒し、愛したくさんのことを教え、残してくれた。
ワンって、命って素晴らしいっ!!!

きっと、今も虹の橋のたもとで「まだ来ないのかなー」とクーン、クーンと鼻を
鳴らしているかもしれないな。。。
「待っててね、必ず会えるよ」
[PR]
# by pi-pal-mego | 2008-12-19 15:49 | 家族 | Comments(2)


武士道な柴犬めごと家族の日記


by 山茶花(さざんか)

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家族
めご
ひとりごと
わたくしごと
わんこ
しゃしゃ(銀)
ホップ
ソフィ&風
震災
お山
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

垂れ耳立ち耳奮闘記

最新のコメント

さりりんさんへ (´∀..
by さざんか at 16:07
おほほ、おちりの★マーク..
by さりりん at 15:51
michinaさんへ ..
by さざんか at 11:02
ひょえーっ! 氷点下2..
by michina at 08:47
yumi-ginoさんへ..
by さざんか at 17:35
こちらもまだ少しだけ先日..
by yumi-gino at 22:11
さりりんさんへ はい!..
by さざんか at 14:31
おお、姫、今年もザ・柴犬..
by さりりん at 00:36
さりりんさんへ 今年も..
by さざんか at 21:17
おかえりー。わんこ年なの..
by さりりん at 20:52

***リンク***

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusso..
venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ


どうぶつたちへのレクイエム


ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)


犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)


しあわせのバトンタッチ 障がいを負った犬・未来、学校へ行く (イワサキ・ノンフィクション 16)


クララ、いっしょに走ろう―障がいをもった、白いシェルティ (ポプラ社ノンフィクションシリーズ)


犬と猫と人間と


小さないのち―まほうをかけられた犬たち


東日本大震災・犬たちが避難した学校 捨て犬・未来 命のメッセージ (ノンフィクション・生きるチカラ)

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
猫

画像一覧