動物の愛護 及び 管理に関する法律改正

なんちゃって動物飼養管理士 さざんかです。

犬猫の現状を知って、何か出来る事はないか・・と取った資格。
岩手には支部がなかったという 詰めの甘さ(汗)


今回、送られてくる冊子がリニューアル
こんな感じから
e0160568_14401971.jpg

こんな感じに。
e0160568_14402818.jpg


カジュアルでいいけどペット用品カタログに
見えなくもない(笑)

今回一緒に送られて来たのは コチラ↓↓ 環境省の小冊子
e0160568_14411072.jpg



大きなポイントは3つ

終生飼養の徹底

動物取扱業者による適正な取り扱いの推進

その他として罰則の強化



私的に いいね!と言いたいのは コチラ↓↓↓


≪保健所が犬猫を引き取る場合拒否できる相当な理由≫
動物の老齢や病気
避妊去勢を行わない無計画な出産
飼育に飽きた、世話が面倒など安易な理由
繰り返し引取を求める
譲渡先を探す取り組みをしない
飼い主または家族の健康上の問題
飼い主の転居



これでセンターに紙袋に子犬入れて
「また、産まれちゃったんだ・・」と、連れてきたオッサンのような人には
お断りが出来るわけだなっ。


又、動物取扱業において

幼齢動物の販売規制
現物確認・対面説明の義務

犬猫の販売をするものは第一種動物取扱業の登録にあたり
①犬猫の繁殖をおこなうかどうか
②犬猫等健康安全計画の提出

を義務付け

●犬猫販売業者は飼養する犬猫の飼養状況について帳簿を記載し保存。

●毎年1回飼養状況について都道府県に報告する義務付け。

●生後56日を経過しない犬猫の販売又は販売の為の引き渡し展示の禁止。

●獣医師との連携、販売することが困難になった犬猫の終生飼養の確保


その他
劣悪多頭飼育 虐待への対処、犬猫夜間展示の禁止などなど。


まだまだ だし 伴う問題もあるけれど
後退はしてない!前進してる!
みんなー、パブリックコメント送って良かったよね!
[PR]
by pi-pal-mego | 2013-09-19 14:59 | わんこ | Comments(0)