春休み<1>

春休み、兄ちゃんの合宿中を狙ってソイ君と実家に帰省してきました。

今回の一番の目的は冬休みに実現出来なかった、千葉県動物愛護センターの見学です。
愛護センターという名ですが、犬・猫達の最終処分の場でもあります。

今の犬・猫達の現状を知るきっかけになった 保護活動をされてるぷりんママさん が、同行を快く引き受けてくださり
自由研究をした、ソイ君と姪のきーさんを連れて行って来ました。

最初はママさんのブログを見ても、センターの写真を見ることが出来ず、
見る事が出来てからは涙を流し
でも「私は、とてもこの場に行けない・・」・と思っていました。

行かなくては・・・と気持ちが変化したのは、自分でも何故かわかりません。


待合室は静かで、収容されている犬・猫が居る気配を感じられませんでした。

収容棟へ・・・




まっすぐに見つめる目でした。
e0160568_1130296.jpg



この子も・・・
e0160568_11302117.jpg


何も悪い事をしていないのに、死は確実に迫っている子達。

この子達の目を見つめ返す資格が私にあるのだろうか・・・


「出してくれるの?」と言ってるように覗き込む子。
e0160568_11303523.jpg


皆、幼い子のようです。生きる為に生まれてきたのに・・・
e0160568_11411145.jpg

         

黒柴のような子です。黒によく似合う赤い首輪をしているのに、なぜここへ?
e0160568_1131642.jpg



最終日の部屋に居た子は、ただ、ただ、おとなしく座っていました。
すぐ隣では、今朝も処分が行われたと聞きました。
もし私がこの子だったら・・・
e0160568_1134541.jpg


私達が見学してる間にも、何台も到着する捕獲車。
e0160568_1136847.jpg

どんな気持ちで車に乗せられ、ここに連れて来られるんだろう。
夕方になれば、もっと多くの犬達がここにいれられるそうです。


朝、処分された犬や猫達を焼いた炉はまだ暖かでした。
その上に積もった、ひと塊の犬・猫達の毛。
どんなに怖くて、苦しくて、そして生きたかっただろう。


e0160568_13595554.jpg

ソイ君ときーさんは、
「行って良かった・・・」
二人揃って同じことを言いました。

今は住宅事情で犬を飼えない、きーさんも
「犬を飼う時は、絶対センターの子!」と言ってました。

今回、見学して感じたのは
センターの職員の方々、そして ぷりんママさん 始めボランティアの方々が
懸命に処分数を減らそうと努力されてるということです。
職員の方が説明して下さる言葉からも「なんとか1匹でも助けたい」という
姿勢が伝わってきました。



どうか、捨てないで。そして・・・
センターで人知れず命を絶たれてる子が居ることを知ってほしいです。


又帰省した時には、センターを尋ねよう、そう思いました。
そして改めて自分の出来る事、続けようと思った一日でした。
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-04-06 14:20 | わんこ | Comments(0)

山茶花

記憶の中にだけある風景。

茶の間には掘り炬燵
窓の外には淡いピンクの山茶花
聞こえてくる学校のチャイム,休み時間の子供達の声
冬にはヒヨドリがやってきて、山茶花につけた果物を
ついばむ姿を皆で見たね。
家の中から野鳥観察、楽しかった。

9人の大家族。
笑いあり、涙あり、3軒先まで聞こえる母の怒る声あり。

涙でかすんでしまったけど、大切なのは箱ではなく、中味だと気付いた。

でも、忘れない。
記憶の中にだけある風景。


e0160568_10492546.jpg
季節の花300
                 『山茶花に 薄日こもりて 冬の空』      母作
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-03-26 15:34 | わたくしごと | Comments(0)

与えられた環境

雪が降って寒ーい。
今日の気温2℃・・・って、ねぇ冬なの!?

兄ちゃんも昨日合宿から戻りました。
オリンピックに出てる選手も4名来てたそうで

「オーラが違う。そばに寄れない」って帰ってきました。

要するに、見てるだけのファン状態だったらしい・・・
でも、練習を間近で見れたって事に感激してました。

他県2位の学校の方とも試合させて頂いたようですが
あまりの実力の差に撃沈し、自分の柔道人生もここまで・・・と悟りの境地

e0160568_14182981.jpg

                   「あきらめるの、早いね」

あいた時間に近くのアウトレットで買い物もしたりして
色々な経験させてもらったようです。


住んでる環境って、皆それぞれで
離れてみて、わかる事も多いですよね。

東京に住んでた頃”不便”って感じる事ほとんどなかった気がします。
まっ、物心ついた頃から住んでたから、そんなもんって感じだったんでしょうか。



3分おきに来る電車
e0160568_13503679.jpg

                「ありえない!待つこと1時間は当たり前」



デパート・ショッピングセンター・マック・ボーリング場・etc・・・
e0160568_1354452.jpg

                  「ナッシングー!ここから2時間」



キジとかカモシカとか熊だって
e0160568_13545234.jpg

                  「たまに出てきちゃう。ここではキジ発見!」


・・・・って、どんな所に住んでるの~って思っちゃいますよね(笑)
家は住宅街だけど、豊かな自然に囲まれてると言うことで・・・。

来た当初は環境の違いに戸惑ったし
「家の窓から山が見えるよー」って泣いてました(笑)


東京から来たお嫁さんも居たけど、帰ってしまった人も居ますね。
その方は子供の教育環境が物足りなかったらしいです。
まっ、それだけじゃないと思うけど・・・

その方の息子さんが
「医者になりたい!」と幼稚園で夢を語って時

兄ちゃんは
「デストロイヤー(ゴジラの怪獣)になりたい!」・・・って、なんで怪獣??普通ヒーロじゃん。

e0160568_14253693.jpg

                           「そこですか!?」


帰省した時は「東京の人、歩くの早っ」って思います。
待っても7~8分の電車に駆け込むんだ・・・みたいなてきな!?
まっ、私も帰れば東京駅から早足になってますけど(笑)

こちらは時間の流れがゆったりなんでしょうね。
待つ事を苦に思わないっていうのかな。。。
不便さの中にある”良さ”もあるな~と感じます。


でも与えられた環境によって、出来ない事やあきらめなきゃいけない事も結構あって。
例えば、習い事・遊び・買い物・教育、ボランティアだって・・・

ボランティア!?


長くなりそうなので続きは ↓

More
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-03-25 15:13 | わたくしごと | Comments(2)

K&M’s Day

21日(土)兄ちゃん17歳の誕生日!!おめでとう~
なのに試合先でジャージ盗まれたってメールが・・・誕生日なのについてない(涙)
なっ、なんで!?2年も使い込んでるボロなのに、使い道ないよー。
後数ヶ月で終わりだっつーのに、新たなジャージ購入¥7875-なり。トホホ。


e0160568_14454892.jpg

                 「出費続きの春に追い討ち」

まっ、ケガよりいいとしよう。

兄ちゃんは合宿で居ないので
21日は『K’s DAY』と称し、ソイ君の為の一日にしましたよ。
ちょっとブルーなソイ君を盛り上げようと言う、父さんと私の作戦!って言っても
ソイ君の洋服を買って、好きなもの(マック)食べて、ボーリングして・・・と普通の休日なんだけどね。

e0160568_14553446.jpg

                 「たまには、いいかも」

うん、親のしてあげられる事って以外に少ないよね。

おまけにボーリングの成績。
「G、1」 「G、1」
って、2フレーム終って2ピンしか倒れてないソイ君と私。

e0160568_14575234.jpg

                  「寝てたんじゃないの?」


母子共に自信喪失(涙)


一日お留守番だった、めごの為翌日は『M’s DAY』(笑)

e0160568_150352.jpg

                    「えっ、ほんと?」

と言ってもいつもより長いお散歩くらいだけどね。

e0160568_1503973.jpg
            
                      「許す!!」


お散歩から戻って、めごの大嫌いなシャンプー。
e0160568_1543654.jpg

                 「ちっとも良い日じゃない(怒)」
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-03-23 15:16 | 家族 | Comments(0)

自由研究


ソイ君の小学校生活最後の自由研究は


e0160568_12334228.jpg

                         『命の重さ』


今の犬・猫達の現状を発表しました。


e0160568_12522876.jpg



普段は”やんちゃくちゃ坊主”だったりする子が
「そうなのか・・」と感心を持ってくれたりしました。


草の根ポスターを見た姪の心に残ったのは
「ここに写ってる子達はもうこの世にいません」という言葉でした。

そして姪も又自由研究で発表してくれました。


何も知らず、愛護センターという名の処分施設に持ち込まれ
何も言えず、命を絶たれる。

動物だからいいの?

動物だって心があります。
物言えぬ目は、口ほどに物を語ります。

非言語的能力=言葉以外の手段・身振り・表情・姿勢などによる意思伝達

ペットと生活している子供は人間同士の非言語コミュニケーションに長けている
と言われているそうです。

言葉を持たない動物と言葉以外の手段で会話をする
        ↓
動物の様子を見て、動物の気持ちを伝える
        ↓
自分達同類の人間に対しても言葉を超えた理解能力を身につけ
人の身振りや表情などで無意識に解釈できるようになる


ペットを飼ってる、飼っていないにかかわらず
相手を思いやれる気持ち。
「もし自分がその子(人)だったら・・・」と置き換えて考える事が出来れば
イジメ、殺人、多くの事が違ってくるはずなのに。
[PR]
# by pi-pal-mego | 2009-03-20 13:22 | わんこ | Comments(0)