大きくなったね♪

友人宅の コ となった ヤマトくん。

ちょこ ちょこ 遊びに 寄ってくれます♪

e0160568_16261773.jpg


8ヶ月 で 18.5kg!!!
立派に成長中。

まだまだ お子ちゃまなので
遊びたいのに
遊べない 姐御さん。

e0160568_16272996.jpg
黒いお顔と 眉間のしわ が ちょっと強そうに見えますが
(姉御さんの 方が 全然 強いです ← みんな知っとる)
全く もって 穏やか お利口さんで
お母さんの ヤマト君自慢 いつも炸裂しております(笑)

うれしいね~

e0160568_16321086.jpg






e0160568_16312365.jpg
                        「大きくなったねぇ・・・・」



めごも 年を取るはずだねぇ。
[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-28 16:37 | わんこ | Comments(2)

市内の復興住宅が 次々と完成し

震災から4年が過ぎ
ようやく

仮設住宅の集約が始まっています。


市内中心部が残っている 私の住む市でさえも
やはり 人口は減っていますし
時間(4年7か月)の経過とともに 被災した人の気持ち・意向も
刻々と変化
その対応に行政も苦慮されています。


次々 山や 自然を切り崩し
道路や 水門 高い 高い 防波堤に 防潮堤


人間の想定内こそ 想定外
人が造ったものでは 防げないと 教えてくれたはずなのに・・・


我家の兄ちゃん 宮城県在住ですが
仕事の担当は 福島です。

毎日のように 通う福島の あちらこちらで
目にする 放射線量

「オレ、将来 本当に大丈夫かな・・・・?」

「10年後に 実は あの時 通っていたから!と言われても 困るよね」

と 度々 口にする。

本当にその通り。
母も 大丈夫と言い切れないし
大丈夫の信憑性が薄すぎる。
だって 前例のないことなのだから・・・

福島 未だ 故郷に戻れる目処が立たない人
関連死 安全神話

それなのに 再稼働 なんでだろう?

次々 日本で 起きている 予想だにしていない 災害
活発化する 火山活動

国民置き去りの 法案決定

重くのしかかる 増税 

被災地 多いのよ 年金生活者
そんな年金も減らされています。

経済 経済と 言うけれど
何か違っている気がする

これで 本当にいいの? の
自問自答に 無力さを感じる毎日。










[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-16 15:25 | 震災 | Comments(0)

夢でも逢おうね。

e0160568_20072114.jpg











e0160568_20074632.jpg











e0160568_20082581.jpg



おやすみ。

[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-13 20:10 | めご | Comments(2)

10月10日(土)

小森藤トレッキング倶楽部の山納めで
鶏頭山に 行って来ました。

昨年 早池峰山と その目の前の 薬師岳を登り
「鶏頭山にも登りたかったー」と 悔いが残り
今年はチャレンジ!

しかしながら 鉄人奥さま膝痛で欠席
天気不良で 登山指数も ”C”

「私も明日は やめとくよ」と 言うと
なぜか ブチ切れる 優しい52歳 の 夫(爆)

雨の中 鶏頭山の入り口に向かう 車内は
岩手山同様 ほぼ 無言 で 感じ悪さ満載 のさざんか。
鉄人、Fさん 申し訳ありませんでしたー(汗)



 
e0160568_16083696.jpg
まずは 登山口 
早池峰山のように メジャーな山ではないので
本当に静かです。

ゆえに 熊さんに遭遇の可能性 大

4人だし それぞれ クマよけ鈴とラジオで 岳登山口より 目指せ  山頂!

e0160568_16104664.jpg
同級生3人 小森藤 

e0160568_16113605.jpg
こんな 山間を進みます。


父さん体重あり過ぎて 汗かきすぎです。

鉄人は トライアスロンまで された スポーツマンなので
いつも 全く 苦しそうでも 辛そうでもありまへん・・尊敬。

e0160568_16140360.jpg
あちこち 倒木多し。


e0160568_16153187.jpg
やっと 眼下が開けて来たーーーっ!

e0160568_16162417.jpg
「太ったら 通れないよ」 の 岩場

e0160568_16183968.jpg
結構 急です。

日差しがさしてきて
紅葉も美しや

e0160568_16192082.jpg
登山開始から 2時間
山小屋 到着(トイレあり)

e0160568_16200396.jpg
湿気がひどく とても ここで 休む気にはなれず

さらに 上を目指します。

e0160568_16213667.jpg
森林限界を超え
視界も開けて来たよー
(だが 高所恐怖症には ツライのだ)

e0160568_16225909.jpg

そして また出た 鉄梯子!

e0160568_16341552.jpg



5ヵ所位あります。
早池峰山の恐怖 再び・・・

「もう登れない・・・」と宣う私に
「ふざけるな」 の勢いで気合い入れる やっぱり 優しい 夫(爆)

「思いやり 登山」を あれほど お願いしたのにのぉ・・・

声を荒げての 夫婦ケンカに 鉄人とFさん 閉口
重ね重ね 申し訳ありませんでした(滝汗)

父さんの説得に負け
横を見ず なんとかかんとか


ニセ鶏頭 到着

e0160568_16283802.jpg
あたかも頂上のようですが 
まだ 先です。


 
e0160568_16293348.jpg

ここからは 景色が本当に素晴らしかった♪
歩きやすい 稜線。
こんな所が好きです。

e0160568_16313165.jpg


e0160568_16320149.jpg

e0160568_16364415.jpg

抜けるような 青空に なってきたー


鶏頭山 山頂です!
e0160568_16382155.jpg
すっごい 強風だけど

早池峰山 と 薬師岳 が見えるぅーーー
なんとも言えない 幸せです。

e0160568_16401020.jpg

e0160568_16410519.jpg

e0160568_16414509.jpg
早池峰山(左)と 薬師岳(右)の
間に立って ご満悦
「登らない」って 言ったくせに オイオイの さざんか(呆)

あまりの強風で
山頂での昼食は諦め
下山の途に着きます。

途中 風を避けれる場所で 昼食し 
七折の滝方面へ 下山

e0160568_16445097.jpg


七折滝方面へ 下り始めると

とにかく 続く 続く 急で足場悪い 山道

何度も転がる(泣)

しかも 全く視界が開けない = 景色が楽しめない山間

いつ七折の滝に辿り着くの?という 不安

しかも トイレないからっ!

その状態で 2時間下り続けたころ 膝が・・・

膝が 痛いっ 痛いっ  痛いよーーーっ(泣)

道理で 途中お会いする方々が 私らのコースとは逆で 七折滝からの登り

岳方面へ下るはずです。

ようやくたどり着いた 七折の滝 

キレイで 感激だったけど
膝の痛みで半減

e0160568_16364182.jpg
でも ここからは 比較的 ラクな山道
下りなのに 登りもあるけどなっ。

そんな膝を引きづり やっと 下山。
鉄人、編集長を30分位 お待たせしたと思います。
足を引っ張り ご迷惑をおかけしました(ぺこり)が

あんなに痛くて つらかったのに
いやぁー、山って不思議に
また登りたくなるんよー。

次回は 七折の滝から登り 岳におりて来まーす!









[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-10 20:36 | お山 | Comments(0)

Dog's smile さん ブリーダー廃業 レスキューに伴い

下記 緊急のお願いです。


《転載》

・ 犬たちを移動する場所のご協力(出来れば奈良県内)
  ※ 犬たちをまとめて移動出来る場所(水道、電気などがある環境)を
   お貸し頂く、ご紹介頂くなど、今一番必要としておりますので
   お心当たりのある方のご連絡をお待ちしています。



・ 預かり家族ボランティア
  ※ 預かり家族ボランティアに関しては、日曜日の”ほごいぬミーティング”にて
   ボランティア内容等、お話しさせてもらう事は可能ですので
   実際にDog's smileの活動をご覧頂き、ご検討ください。



・ ご協力頂ける団体、若しくは個人活動をされてる方
  ※ 少数でも結構です。
   当方より所有権移動して、譲渡まで責任を持って頂ける団体・個人さまの
   お力をかして頂けるとありがたいです。



お力をかして頂けませんか?
ご協力をお願いします!



お問い合わせは  info★dogs-smile.com (★を@に変えて下さい)


転載ここまで

詳細は Dog's smile さん  の  ← ブログを ぽっちとな。


[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-10 20:19 | わんこ | Comments(0)

ずーっと一緒に。

病めるときも


貧しきときも



e0160568_21505792.jpg


死が私たちを分かつときまで、

命の日の続く限り、


e0160568_21553443.jpg

ずーっと 一緒に。。。


[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-03 22:03 | めご | Comments(2)

yumi-gino さん のブログより 以下 一部抜粋

先月、台風18号の影響で、鬼怒川が決壊し、茨城県や栃木県では、
洪水による大きな被害を受けました。
東日本大震災の時のように、避難所が数ヶ所設けられましたが、茨城県常総市では、
全避難所でのペット受け入れが不可
そして、今度は、仮設住宅でもペット不可となりました
理由は、既存の公営住宅の空き部屋を仮設住宅として使用するため。
元々公営住宅は、ペットとの同居は不可となっているからだそうです。
それでは、今まで一緒に暮らしていた動物の家族たちを、いったい
どうしろというのでしょうか?

動物を家族として暮らす、被災された常総市の方々のため、
茨城県知事・常総市長に、避難所、仮設住宅にペット同居可能な建物を
準備して
いただくよう、
要望書を提出することになりました。
私も発起人の一人となり、現在、ネットによる賛同者署名を集めることになりました。
ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、どうか、ご協力よろしくお願いします!

抜粋ここまで。


屋根の上でワンコを抱え 助けを待つ姿
ワンコと共の救助に心底”ほっ”としました。

でも、ワンコを共に助けたことに避難の声もあったと知り
とてもショックを受けました。


あの状況で
「犬は無理です」と言われたら
私は めごを置いて行けるのか・・・

考えるだけで胸が苦しくなります。

震災経験者の一人として

被災された方は 十分に苦しんでおられます。
その 力になってくれるのは
紛れもなく 家族  です。
避難所、仮設住宅でペットも共に過ごせますように・・・。


署名は yumi-gino さんの ブログから (是非ぽちっとな) → 
宜しくお願い致します。

[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-02 13:02 | わんこ | Comments(0)

紆余曲折を経て
ようやく 北海道 最終です(汗)


無言のまま朝を迎えた アラ50夫婦を迎えたのは
こーんな 朝日

e0160568_16053612.jpg
目覚まし時計が鳴る30分も前に起床
車内泊でまつ めごの元へ とっとと向かう

e0160568_16071254.jpg

函館駅を後に フェリーターミナルへ

e0160568_16074923.jpg
まだ早くて どこも開いていなかったけど
中はキレイで 色々充実しておりましたよ。

帰りの船は ブルードルフィン号

e0160568_16090173.jpg
フェリー内に 車を誘導して載せてくれる皆さん
本当に 素晴らしいな~と感心させられます。
だから日本のフェリーは事故が少ないんだろうな~

そして ブルードルフィン号のドッグルームは
こちら

e0160568_16130818.jpg
中には上下2段にゲージがあります。


しっぽの形の可愛い 小物かけ。
e0160568_16134485.jpg


この日の乗客は
シェルティ 2ワン連れのご夫婦と我が家のみでした。
連休でも ドッグルームの混み具合はこんなものなのだと 納得。
めごっち ゲージに入れてみたが
隣の2等客室まで聞こえる 鳴き声・・・
いつから そんな風に泣くようになったのかなぁ。。。で
父さんと交代で 2等で休憩。

行きより全然 すいてて 良かったー

e0160568_16175870.jpg
さようなら~ 北海道~


ドッグルームの 使い方

どうかな・・・
e0160568_16182724.jpg

これまた どうかな・・・
荷物ぐちゃぐちゃだけど(汗)
e0160568_16230638.jpg

最終的に落ち着いたのは
自分のゲージ(笑)
e0160568_16234495.jpg

この状態だと 
自分だけでも泣かずにお留守番してくれました!

ブルードルフィン号には
ドッグバルコニーがあります。
e0160568_16260853.jpg





e0160568_16270518.jpg

朝食を室内で食べると
ご一緒のワンコに悪いかな・・・と
バルコニーで食べましたが
結構な人たちが

「わぁ~ 犬だ~」とか

「柴だよね~」と 見て行かれ

おにぎりも 喉を通らず

ちょっぴり 動物園の動物の気持ちがわかりました(笑)

e0160568_16320785.jpg

行きとは 全く違って
べた凪に快晴

本当に気持ち良い3時間40分の船旅で青森到着


先日 登った 岩手山!

帰って来たよー岩手。

e0160568_16323369.jpg


16時 自宅へ無事に到着。

今回 北海道の広さを甘く見て
お土産も予定通り全く買えず
帰りのフェリー内で買ったりと
反省も多い旅でした。

一番 心配だったのは めご
車内待機が本当に多かったので
涼しくなった秋は 正解でした。
e0160568_16391487.jpg
走行中は 後部座席の足元に
めご座布団使用で ピッタリ フィット。


途中ご飯を残したりで心配したけど
最終日には復活してくれて”ほっ”
皆、元気に帰って来ることができました~

25年にあたり
欲しいものもあったけど
「モノより思い出」
つぅーことで。。。

北海道記事
長きにわたり お付き合い 
ありがとうございましたーっ。

[PR]
by pi-pal-mego | 2015-10-01 16:53 | 家族 | Comments(2)