<   2015年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

プロ意識

少し前の話になります。

新調しためごのリードと首輪

が、


わずか3日の間に2回も
リードが首輪から外れてしまいました。


1度目はソイ君と少しふざけていた時で
私も見ていなかったのですが

「かなり、あせったわー」とソイ君。

そして2度目は
ブルブルとめごが体を振っただけ

たった
それだけで外れてしまい
私もとても焦りました。

2度とも車のSAでしたので
事故にもつながりかねません。

幸いめごはリードが緩むとあれ?と立ち止まってくれるので
事故にはならなかったのですが、呼び戻しは自信はないし、風に舞う落ち葉や
ニャンコなどは夢中で追いかけますので考えただけでも”ゾッ”とします。

購入直後の事でしたし
すぐ販売元に連絡
その対応は親切丁寧だったのですが・・・

最終的に送られて来た回答
大変残念に思いました。

結果的に ナスカンのレバー部分の緩みが外れること が原因。

e0160568_13245696.jpg

そこまではまだいい 以下が問題


「ノーマルナスカンは何かの拍子にアレ?って感じで外れるよ~マジックみたいよ~。
ウチなんて数回外れたよ~!」

と(スタッフが)あっけらかんと申しておりました。

「ハサミ型のレバータイプしか使わない!だから昔はインポートものを買って
居たから高くついたーと豪語



上記がスタッフさん達の言葉。

そして

金具の業者さん曰く

レバーの結合部分に隙間が出来るのは致し方ナイ事
レバーの緩さの不具合は少し反省されている様子だった



だそうです。


謝罪の言葉はありましたが
読んでいて大変不愉快かつ遺憾


正直 先々代ピピ、先代犬パルの時から数十年
ナスカンがゆるみ首輪から外れた事は一度もありませんでした。

首輪抜け経験ありますが・・・(反省然り)

私が今まで外れなかったことが偶然だったのでしょうか?


ナスカンがゆるんで 首輪から外れるのは普通?

いやマジック?

という言葉にスタッフさんの言葉に心底ガッカリ

それを普通に商品として扱う感覚。

リードと首輪は愛犬を事故や迷子から守る
大切な道具です。

自分がその業者さんから購入した事が
間違っていたのだと深く反省しました。
事故が起きる前で良かったよ・・・・


代金を貰って商売をする限り
プロとしての意識が必要と思う。

でも、この文章を読む限り
改善はないだろうと
2度とお願いすることはありません。






[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-25 13:34 | わんこ | Comments(4)

おこりんぼ。

めごっち

e0160568_17541770.jpg



怒ってる顔も
e0160568_17541897.jpg



さまざま…
e0160568_17542037.jpg



しっかし、3枚目
ぶちゃいくだわ(汗)

春の陽気から一転
真冬に逆戻り
雪が舞う 三陸さざんか地方です。
[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-23 17:46 | めご | Comments(0)

冬のおわり


9月に登った 早池峰山 (その時の記事は コチラ →

白い綿帽子をかぶる姿も美しいけど 段々に見納め


e0160568_14470335.jpg


e0160568_14480714.jpg


e0160568_14483718.jpg


白鳥たちも 北へ飛び立ち

私には花粉症が訪れ 
めごっちがお外で日向ぼっこ

e0160568_14545406.jpg

冬のおわり 春の始まり


今年は雪が全く降らなかった
雪かきないのは 有難いけど
ゴルフ場では そのせいで グリーンの芝生が青くならないんだって
雪も 雨も ちょうどいいのが ちょうどいいのにね・・・



[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-18 14:57 | ひとりごと | Comments(0)

ソイ君の二番煎じ

「ホワイトデ―に シナモンの紅茶買ったらさー
彼女 シナモン苦手なんだって・・・・
だから 母さん 飲む?」

だってさ。


重い うざい 母の愛(と、言っても初めてバレンタインチョコあげてみた 笑)

帝国ホテル の チョコレートでしたがねっ

お返しは リサイクル品なのね・・・

兄ちゃんは何もなかったからね・・・

それより マシか・・・


e0160568_14384319.jpg
                   「母ちゃん つらいなっ」  


[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-17 15:09 | 家族 | Comments(2)

震災が『吉(きち)』と出たプリンちゃんのお話

ちょっと前のお話です。

「家の近くで 最近引っ越してきた人が外飼いなんだけど
屋根を3重位にかけてあげて、とても大事にされてるコが居るんだ~と」

michina.fさん に話をした。

「カクカク シカジカ」お散歩させてる飼主さんの様相を伝えると

「えーっ、それって プリンだよーっ!」と。

e0160568_13595570.jpg

(2枚の写真はmichina.fさんよりお借りしました)

プリンちゃんは michina.fさん のご主人の職場近くに
捨てられていたコ。

そのコを ”プリン” と名付け、職場の皆さんでお金を出し合い
フードやフィラリア等の健康管理をして下さってた。

そして あの 3月11日。
海岸近くのご主人の職場も流され

プリンちゃんは 一緒に逃げて
そして しばらく michina.fさん 家 にお世話になり(ありがとーっ)

その時の 様子は コチラ →  「プリン」 「プリンハウス」 「トモダチ大作戦」 「プリン再々出発」

e0160568_1414017.jpg

       ≪プリンちゃんと michina.fさん家のエルちゃん、メイちゃん≫


職場の方が プリン ちゃんを引取る為に引っ越しをした先が
なんと 我家の近くだったのです(驚)

確かに・・・

お散歩で会った時

「何歳ですか?」と聞いたら

「よく、わからない・・・」と言ってた(笑)


震災がなければ きっと プリンちゃんは そのまま職場がお家だったけど
今は 本当のお家で とても大切にされて 愛されて
いつも家族がそばに居る。

震災から4年・・・ 
先日 久しぶりにお散歩で見かけた プリンちゃんは
後ろ足が弱って おぼつかない足元だったけど
飼主さんが寄り添い 手を貸して 

ゆっくり ゆっくり 歩く光景は

”幸せ” そのものだった。

 
震災があって良かった
たまには こんな あったかい話もいいよね・・・。
[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-16 14:17 | 震災 | Comments(4)

大船渡 碁石海岸

陸前高田へ向かう途中
大船渡の 碁石海岸 へ寄ってみました。

e0160568_1555913.jpg


こんな松林を通り抜けると
e0160568_1561841.jpg


絶景なり
e0160568_156508.jpg



e0160568_1571357.jpg

ケータイ放せよ・・・・



e0160568_1522966.jpg

               「若者かっ!?」

全くねぇ。


e0160568_1511186.jpg


とても きれいな海です。
e0160568_15111454.jpg


が、鳴門海峡に続き 中々の恐怖感
e0160568_15112314.jpg


新しいキャンプ場もあって 夏は楽しそうだな~
もう我家はキャンプすることもないだろうけど・・・

私的には 白と黒の碁石のような海岸かと想像していたら
黒い玉砂利の浜なんだね。
穴通磯にも行ってみれば良かったな・・・と後悔。

そして駐車場の目の前に 世界の椿館・碁石 があり
せっかくなので 入場してみたよ。

ここからは 椿・椿・椿です。

バラのような 椿もあり
e0160568_15153754.jpg


椿って 日本の花だけではないんだ~と感心したり
e0160568_15154457.jpg


「さざんか と 椿って同じじゃないはずよね?」と一瞬疑問になり
e0160568_15155173.jpg


「君がその質問 おかしいだろ・・・」と父さん。
e0160568_15155890.jpg


「やっぱり違うよ」と そんな会話をした 椿館でした。
e0160568_1516832.jpg


椿館出たら 花粉症の症状が・・・(泣)
春だわ~
[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-13 15:32 | 家族 | Comments(2)

4度目の3月11日 Ⅱ

3月11日

その日に合わせて さりげなく そして 毎年 ご注文くださる方や

「職場の皆が震災の日に合わせて注文をくれました」と神戸の従兄と職場の皆さま


”忘れてないよ” ”一緒に頑張ろう” ”想いを馳せています” 数々のメッセージ

黙祷しながら流れる涙 とは 違う

優しいお気持ちにふれ 温かな涙

「何も出来ず・・・」

そんなことは全くなくて
そんなお気持ちに沢山支えられているのです。

昨日も 寒い寒い我家に戻るとポストに不在票
いにしえの都から 
いつも 変わらず 見守り続けてくれて 本当にありがとう

e0160568_11020722.jpg

e0160568_11030714.jpg


思わず笑顔になってしまった ポストカード うれしい言葉の数々
e0160568_13454511.jpg
いつも笑顔でいられるように 仕事場の机の横に飾りました。


そして、そして   10日に届いた
チロルチョコ めごっち版♪ こちらも思わず笑顔に!
こんなんあるんですね~
e0160568_13501535.jpg


めごっち♪ めごっち♪ めごっち♪
包装を マグネットにも出来るんだって!

e0160568_13520227.jpg
どの めごも 私の大好きな めごっち。
ナイスセレクト☆
どーしてもほしい!と言うので 兄ちゃんとソイ君にも
1セット(3ヶ)だけ あげることにしました。
変わらず 見守ってくれて 本当にありがとう。

ずっと 見守り続けて下さってること 何よりの支援です。

「いつまで被災地と言えばよいのか・・・」

私も同じ気持ちです。
最近は被災地、被災者という言葉を使うのも違う気がして
でも、どう表現していいのかもわからず 

私個人は 震災を忘れることはなく
自分にとって いつが終りなのかも今はわからない
理不尽に震災で背負った借金を返し終えた時が
ひとつの区切りになるのかな・・・うーん、先は長いっ(苦笑)

今は震災後の初動に後悔ばかりの父さんと私
早く動いた事が負となり
「震災さえなかったら」と口に出る事もしばしば・・・
でも、あの時は動ける人から動かないと!
そんな気持ちだった。

仕方ないと解っているけど やりきれない気持ち
でも、腐っては居られないよね・・・もっと辛い人、大変な人はたくさんいる。

そして
あれだけの惨状を 日常に戻したのも”人”
そして 今も 支えて下さっているのも ”人”

「私だって先がわからないけど頑張ってるんだから、下を向いちゃダメよ!」
病と闘う友人を励ましたつもりが逆に励まされる ダメダメな自分。

「与えられた現実を受け止め、足元を見ずに、前を見るんだよ!」


4度目の3月11日も やっぱり

”ありがとう”



[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-12 15:15 | 震災 | Comments(4)

4度目の3月11日

14時46分 黙祷。

あの日 波にのまれた無念の数々に心を寄せる。

強風に雪交じりの冷え込む 今日の三陸

あの日も こんな曇り空だったな・・・
あの夜は かなり冷え込んだな・・・

11日は忘れることの出来ない日
10日のことは 何一つ思いだせないのに・・・

私の住むところでは
取り壊す予定だった共同住宅を改修した復興住宅は
一足早く完成してますが
新設の復興住宅はやっと1ヶ所完成します。

e0160568_13370333.jpg

残りは建設途中。
こちらは一番人気の復興住宅です。
やはり町の中心部の住宅は人気があり
抽選に何度も外れ自分の意に添わない方も多く居られます。

e0160568_13485808.jpg

避難所がなくなり 一歩 
仮設がなくなり また 一歩ですが
まだまだ先は遠そうです。

当たり前ですが、年月と共に悩みも変化して

「最近は なんだか違う気がする・・・」と感じています。

いち早く 補助金が導入された漁業施設
なかなか戻らない販路に また先日の汚染水もれ

かさ上げや 道路建設 確かに大切なんだけれど
箱ものが整っても 肝心な ”人” が減るばかり


まちづくりが遅れ、経営者の高齢化に後継者問題も重なり
廃業も増加している事業所
人口の流失が続いているのに 内陸からの業者が増え 
私達含め 商店主のみなさんは 厳しい現状を感じています。

元々少なかった人口がさらに減り
それを小さな三陸という地域で奪い合う構図
弱者は淘汰されるだけです。

工事関係者と工事車両でにぎわっているものの
その先はどんな町になるのだろうか・・・・

そして

時間の経過と共に 辛さが増す事もあるそんな方も多いと察するにあまりあります。

先日TVの中で 福島の方が発した言葉

「仕方ない」

私も 震災で始めて この言葉の重さを知りました。

かすかな希望を支えに 前に進んでも 進んでも へし折られる
TVの中の福島の皆さんに 心底心痛でした。
変わってない景色の故郷に住めない事の方がどんなに辛いだろうか・・・
それでも再稼働というのは なぜなんだろうと。

億というお金をかけて修繕した役所も
なぜか移転計画 

津波対策の水門、高く高くそびえる防潮堤
それよりも大切なことを 震災で知ったはずではなかったのかな?
e0160568_14363958.jpg

自然の前に人は無力
まずは逃げること 避難場所の確保だと私は思う。

何かが違ってる気がする・・・

でも  変わらず温かなお気持ちに支えられ
元気をもらい 

現状を変えていけるよう 頑張ろう!という気持ちになれました。

そのお話は また 明日!




[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-11 14:48 | 震災 | Comments(0)

陸前高田に行って来ました。

8日(日) 11日には震災で4年になるし
陸前高田まで 行ってみようか・・・と 父さんとめごと出かけました。



大変な被害だった陸前高田は 2012年の12月 訪れたきりです。



向かう途中は みな こんな感じの風景
大きな変化はないかな・・・
というか、何をどう進めているのか イマイチわからない。





この辺りにW杯が決定したラグビー場建設予定のはず・・・確か(汗)
e0160568_16170050.jpg


e0160568_16171881.jpg


道路建設は進んでいます。
とにかく ダンプ・ダンプ・ダンプで
関東方面はもちろん、京都ナンバーの車も!
e0160568_16174054.jpg


大船渡で見た防潮堤は 白色の部分をつけ足して高くした様子
e0160568_16192215.jpg


これでは 全く 海が見えず景観無視で威圧感さえ感じる

海が見えなかったことで 津波がわからず 逃げ遅れた人も居るのに・・・

この場所にこれ必要?と考えてしまった。


私の住む町でも住民が防潮堤を望んでいないのに

行政側が進めてる感がある。なぜ?



津波の高さを感じる
e0160568_16401859.jpg



e0160568_16403643.jpg


前回 何もなかった陸前高田は
e0160568_16421462.jpg


ベルトコンベアで囲まれ
e0160568_16423229.jpg


要塞のようになってましたが これも進んでいるということなはず。
e0160568_16424870.jpg


要塞の中にぽつんと残る1本松が なんだか寂しそうでした。
e0160568_1643677.jpg


観光物産施設や 簡易Cafeも出来て

この日は大学生のボラさんや 観光客(この言葉でいいのか?)
TV局の方など 結構な人でした。
[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-10 16:52 | 震災 | Comments(4)

うれしいこと。

めごの皮膚が

e0160568_22164328.jpg



痒くて黒くなってた皮膚

白くてフサフサなのよ。

父さん母さんうれしいの。

e0160568_22164515.jpg




ずっと このままでありますように。

カイカイツライからね。


e0160568_22164596.jpg

「春だね〜」


三寒四温の春ですよ。
[PR]

by pi-pal-mego | 2015-03-08 22:03 | めご | Comments(0)