<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

盾の半面 その3 ~恒例 さざんか毒を吐く~

民主党の代表が変わったわね・・・
何か変わるのか、変わらないのか、

被災して、とことん政治には愛想がつきたわね。
なんの期待ももてない。
だって期待しても裏切られるばかりでさ。


やっとね、事業主にも修繕の費用が出るって決まったわけですよ。
そう、やっと・・・
もう半年が過ぎようとしているけどね。


父さん張り切って市役所に出向きましたよ。



それなのに、あぁー、それなのに


「新築する方は該当しません。修繕する方のみです」


これってありですか???


修繕したくても、流され倒壊してたら
出来ねぇーつぅの!!!


残ってる2階半分を流された所から持ってきて作ればいいんかい!?
それだって、とっくのとうに瓦礫として処理されとるわい!!!


後手後手のあげく、こんな納得いかないことばかり・・・
どうやって期待や希望を持てばいいんだか教えてほしいよ。


”ありがとう”

って、いいたいのにね・・・



『自分に出来ることをやる。
私には政治は出来ません。
だから政治家の方は政治家の方しかできない事を
今こそやってほしい。』


どこかのTVで言ってたな~~~。
何か変わるかな・・・前に進むかな・・・
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-29 15:39 | 震災 | Comments(6)

2011年の夏の出来事

「一番痛ぇ時にいなかった酷い親だ」
兄ちゃんに言われ、自己嫌悪に陥る母。

小心者一家の長男なんだから
初めての入院、全身麻酔、手術、浣腸(笑)
そりゃ不安だよね・・・
麻酔の醒めた後は痛みで眠れず早朝5時のメール。

考えれば、すぐわかったはずなのに
兄ちゃんの手術日を決めたのは、そう5月
震災のゴタゴタで自分に全く余裕がなくて、子供の気持ちを
考えてあげることが出来なかった。

手術日10日はお盆まで仕事が忙しく絶対に上京は無理だったのに
手術日をお盆明けにすれば良かったのにね・・・

そんなことに気付かなかった自分を深く反省。

e0160568_15444434.jpg


でも手術は無事に成功。
付き添ってくれたTwins妹に感謝。

罪滅ぼしの為、アセにも負けず、夏の暑さにも負けず、病院通い。
やっと退院!と思った日に伯母が熱中症で救急車で運ばれ
介護の人が次々と出入り・・・


あーーーぁ、疲れた(汗)
思いがけず長期滞在してしまいました。

めごの代わりに私を癒してくれたのは
モチロンこの方

e0160568_15512432.jpg

                     「ソフィです♪」

永遠のツンデレ仔犬 ソフィたんです。

e0160568_15521645.jpg


少しお太りになられたのでは?ソフィたんも中年だからねぇ。

e0160568_1553249.jpg

                    「さざんかに言われたくないでち!」


そして、そしてこの方も
e0160568_15534145.jpg

                     「さざんかさん、おいでやす~」

e0160568_15543027.jpg

Dog’s Smileさんの広報神奈川支部犬 と化たホップ(笑)

ソフィとホップの親戚関係は微妙
e0160568_1555464.jpg

目を合わさぬ2ワン。

でも、上手に付き合えるようになってきたよね~

e0160568_1559443.jpg

                        「お座りもできまちよ」

そうなの!ソフィたんお座りできるようになったんだよね~
すごい!すごい!!



私の時間は
3月の帰省時には会えなかった、産湯の友&ママ そして高校時代の友人と
短い時間だったけど会う事が出来ました。


「元気そうで良かった」


みな心配かけて本当にごめんね。


バタバタと過ぎた夏。
三陸は秋の気配です。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-26 16:14 | わたくしごと | Comments(8)

帰ってきたよ・・・

昨晩8時
岩手三陸に戻って参りました。

・・・・疲れた&自己嫌悪(←いつものこと)


お盆で混みあう下りの新幹線ホームを見ながら



「私の故郷 東京はどんな街ですか?」



心の中で問いかけました。



離れてみて わかる 故郷


「絶対住めないよね、東京」


と、言われたこともあります(汗)

でも 私にとっての故郷だったりします。


離れていた10日間の時間を
こんなに離れたのは初めて?くらいの歓待で迎えてくれたのは 
モチロン めご さーーーん

e0160568_2158490.jpg

                        「お帰りっ!!!」



再会の余韻ね・・・まっ、ほんの数秒です(汗)
武士道まっしぐらの柴犬ですからっ!!!
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-24 22:04 | わたくしごと | Comments(2)

着きました〜

e0160568_1301391.jpg



全十字前十字靭帯再建手術の為、兄ちゃん入院中
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-13 13:00 | 家族 | Comments(6)

C席の女

e0160568_941799.jpg

e0160568_941790.jpg


涼すぅ〜い三陸から猛暑の東京へ…耐えられるのかアタシ!?

行ってきまーす。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-13 09:04 | 家族 | Comments(0)

~ソフィたん通信~

e0160568_1291129.jpg

               「さざんかー、待たせ過ぎなんだけどー」

ソフィさま、またまたお怒りのご様子。

言い訳するようですが、ソフィたんの写真頼んでも中々来なかったのよー
もー、ママ可愛いショット狙いすぎやねん!!!

e0160568_12111241.jpg

                       「バレたっ!?」

うん、バレバレよ。


e0160568_12115940.jpg

                      「可愛いって罪でちわ~」

e0160568_1216253.jpg

              ポー「すごい方ですね」   めご「そう・・なのね」

e0160568_12194773.jpg

さぁ、ここで、問題です!
ソフィたんはどちらでしょうか~~~

ソフィ通なあなたなら、わかるはず!そう右側でーす!

e0160568_12211747.jpg

             「もっさ、もっさのモサ子になったの(涙)」

でぇー、行ったのは通称チャンピオンのお店(注:トリマーチャンピオンってこと)
ソフィ様ですからねっ。

e0160568_12225481.jpg

                         「あたりまえでちよ!」

でもね、ソフィたんトリミングはお嫌いのご様子。

e0160568_12234548.jpg


こんな浮かない表情になってしまうのよね。


モサ子も可愛い♪
と言い切るソフィ家の面々。
聞いてる方が恥ずかしくて穴があったら入りたいよ(笑)

e0160568_12281421.jpg

                       「あたちもでち」
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-12 12:33 | ソフィ&風 | Comments(0)

言葉にできない想い ~最終章~

出会いはブログ
アットホームなDog’s Smileさんに魅かれ
もちろん最初は読み逃げ(笑)
 

そして


きっかけはこの記事
気付くことから始まる第一歩


預かりがしたくても出来ない現状。
自分に出来ることを探して悶々としていた自分の心に
スーっと入ってきた記事。

思わず*chico*さんにメールしたんだよね。

良かった、出会えて。本当に。心から。。。


3月13日の町
e0160568_23251021.jpg



そして震災から5カ月が過ぎようとしている今・・・
e0160568_23263559.jpg




倒壊・流失した店舗の後には 
何故か、ほおずきが実をつけていました。
e0160568_23275159.jpg



*chico*さん、オットさん、そしてホップ家の目には
どのように映ったでしょうか。


映像ではない、現実。


*chico*さん、妹の流す涙が深く語り
寄り添ってくれる気持ちが有難かったです。


津波は多くの爪痕を残したけれども
人は生きるため前に進もうとしています。


私個人は一人でも多くの人に自分の目で見て頂けたら
と思っています。
そして個々の想いを伝えていただければ・・・と。



自然の前に人の考えや力など、いかに無力かと思っています。
人は自然に抱かれ、癒され生きていけるのだから・・・




ホップ家とソフィ家の子供たちが生まれてから
毎年かかさなかった
恒例行事の”夏合宿”も今年は中止。
こんな形で終わることになるとは思ってもいませんでした。
子供の成長と共に幕を下ろすとばかり思っていたのよねぇ・・・

でも、きっと来年は再開しようね!


訪れた海ではダイバーのボランティアの方が瓦礫除去を
そして、各地で遠方から出向き支援頂ける方々に深く感謝。
今朝の新聞によると、夏休みを利用して多くの中高生がボランティアに
訪れてくれているとありました。
素晴らしいことですよね。ありがたいです。



そして1000kmの距離をこえ
会いに来て下さった*chico*さんご夫妻に
心から感謝致します。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-11 18:08 | わたくしごと | Comments(4)

言葉にできない想い ~ワンコ編~

18時間の長旅にお付き合いしてくれた
Dog’s Smile の メンバーとその家族。


e0160568_11301511.jpg

「三陸も暑いでちね~」のシャーちゃん♪

めごが襲ってごめんよー(涙)

e0160568_11312351.jpg


いつも尻尾フリフリの、癒し系シャーちゃんは今回もホップに優しかったね。
ありがとうね。


e0160568_11323953.jpg



シャーちゃんと並ぶ、究極の癒し系ポーちゃん。

e0160568_11333316.jpg

                        「ポーちゃんですっ!」


もう、私、その魅力にメロメロでした。
思わず、父さんに「置いていってもらっていい?」と聞いたほど(笑)

お耳が聴こえないけど、意思の疎通がちょっと難しいかもだけど
抱っこもすりすりもヘソ天もないかもだけど

そう、ポーちゃんの存在自体が癒しになるんだよな~。


e0160568_11365622.jpg


なぜかトイレでおくつろぎのリチャ先生。

リチャ先生の生活指導を目の当たりにし、さざんかとホップ母はビックリ!
素晴らしいワンコでごわす。

e0160568_1138405.jpg


無愛想な思春期高校生男子、ソイ君も

「頭がいいね」と感心しきり!

そして、そのソイ君曰く「一番気の強い子」(笑)

e0160568_11394189.jpg


ハンナちゃんです。
いつも気品漂う、べっぴんさん♪

別れ際には私の前で”なでれ~”とお腹を見せてくれる愛らしさ。
保護当初、人も犬も全くダメだったというハンナちゃんの姿はどこにも
見えなかったよー。
Wendy校長もお空で安心して見ているね、きっと。

e0160568_11421412.jpg


そして、そして
e0160568_1143381.jpg


おーーっと、イチロー君かぶってます。

e0160568_11442633.jpg

さすが!レトリバーなアレックス君。

e0160568_11453196.jpg

かなり賢い、若きイケワン イチロー君。
大きな写真がなくて、ごめんね。

e0160568_114726100.jpg

おまけの めごっち 波をよけては 横っ跳び。

e0160568_11493575.jpg



たった2日の多頭飼育。
存分に楽しませていただいた、さざんか&ホップ家でした。


e0160568_11564273.jpg

                   「オイラも楽しかったっす。」


お留守番の寧々さん、そして、*chico*家のご姉弟さま。

みーんな、みーんな、本当にありがとう!!!

                         ~つづく~
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-09 12:04 | わたくしごと | Comments(6)

言葉にできない想い

さざんか家のオハコ ”突撃となりの晩御飯”的 来訪♪


ふふっ。今回、我家がお迎えしましたのっ!!!


は~い、5日(金)到着はホップ家。そうね、確定は2~3日前!?(笑)

e0160568_2034473.jpg

            「オイラ、ホップっす。めご姐さんお世話になります」

イケメンは歯が命!のホップ家。りんすけだけは野球でお留守番。
パパっちも風邪気味なのに、遠路はるばる訪ねてくれました。

そして、そして・・・そうね、きっと同じく2~3日前確定だったかなぁ(笑)
遥々大和の地から *Chico*さん家♪♪♪

1400km(←多分、そのくらい)の距離を乗り越え、想いだけではなく
この地、三陸を訪れてくださいました(感涙)

Dog’Smile さんが繋いで下さったご縁
その方達の想いと共に!!!


e0160568_20405429.jpg
 
             

めごさーーーん、かぶってる、かぶってる(汗)


e0160568_20415483.jpg


奈良のかほり、そして繊細な文化を感じさせる
数々の品をホップ家、そしてソフィ家にまで。


3月11日


そう



その日から、ずーっと、ずーっと気にかけてくださっていた。
*Chico*さん。


Dog’s Smile さんが繋いでくださった
nonさん、ハルさん、BUKUさんからも温かな温かな
お心遣いを頂き・・・

お会いした事もない私に・・・本当に言葉に出来ない想いで
胸がつまりました。


『ありがとうございます』


そんな言葉じゃ全くもって足りないのですが、
それ以上の言葉が見つからない
しょーもない自分(汗)



絶望の涙を流したこともあった


でも、今は皆さまの優しさ、温かさに涙します。


自分は、なんと幸せなのかと切に感じます。


そして、我が身を振り返り

阪神大震災で自分は何をしていたのか・・・


次々起こる災害で何か、自分は誰かの役に立つ事ができていたのか


いや


出来ていない自分を情けなく思うのでした。


            ~つづく~
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-08 21:11 | わたくしごと | Comments(0)

3つの想い

三者三様の想い


その友人はチャイルド支援をしながら
いつかその子と会った時の為にと英語の勉強をしたり常に前向き!
「犬と猫と人間と」自習上映の時も
”心動かされた事に正直に動きたい”と応援してくれました。


今回の震災で、若くして虹の橋へ渡った先代犬とそっくりの子と
運命的に出会い、その子を預かったわけです。


「Mさんと出会えたから、出来る事です」と
被災間もない頃にメールを頂いた時
何も出来ない私なのに、こんな形で繋がった事とっても嬉しく
”ありがたい”の一言でした。



そして3か月仮設住宅への入居が始まりました。


中型犬2頭連れて、仮設に入られてる方もいます。
うれしい光景です。
どうか周囲とも上手に暮らしていってほしいと願います。


友人の預かったワンコの
飼い主さんは、準備を整えてお迎えに来たようですが
その気持ちには迷いがあったようで・・・でも、


「一度仮設で一緒に暮らしてみて、それでも、どうしても無理な時は
我家で・・・」それが友人の本当の気持ちだったと思います。


あくまでも“終生飼育”にこだわったのです。


友人もその御家族も十分に愛情が移ってましたから
そう決断することも辛かったと思うのです。


でも

”最期まで飼う”


やらずに諦めるより、やってみてほしかったのだと思いました。


友人は先住犬も愛情いっぱいに介護してる人なので
預かりっこの幸せは確実だけど

飼い主さんの気持ち、仲介してくれる方の気持ち、そして預かり友人の気持ち

3つのそれぞれの想い。

そんな想いが交差していたんだろうな・・・


一度、その子に会いに行った時、とっても静かに既に
友人の家の子のようにその姿が自然に見えました。
まるで、ずーっと前からそこの家の子だったように。。。


『きっと、これも”縁”なのだと想います。』

預かりっこは
涙を浮かべた友人の家の子になりました。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-08-01 21:21 | わんこ | Comments(4)