ブログトップ

ずーっと大好き。

めごと蝶々と呆れた飼主

本当はさ~ソフィたんUPしたいけど
「チャンピオンのお店でトリミングして可愛くなったよ~♪」と
話ばかりで、ぜーーんぜん、写真が届かないのよねーー
と軽くソフィ家を脅迫(笑)

仕方がないので、めごで間を保ってみる。


e0160568_12513641.jpg

                  「あたしのブログですけどね」

そうでしたね・・・


めごの換毛期がようやく終わりに近づいた。
e0160568_12522731.jpg


こんな感じで一日に何度も抜ける。
先代犬パルも和犬ミックスで換毛期があったけど
めごはパル以上に抜ける。ダブルコートというより三層コート。

e0160568_1255512.jpg

                「母さーーん、抜けてまーす」
   

おまけに大体この時期、カイカイの皮膚炎をおこすんだよね・・・

e0160568_12571074.jpg

                          「早く片付けて!」

態度がデカイ犬です。
そんな犬を連れての散歩中・・・

e0160568_1345769.jpg


とてもキレイな蝶を見かけました。
しかも3・・・えっと、蝶の単位ってなんなのでしょうか(汗)
無知ですみません(涙)

e0160568_1362659.jpg


私の腕のない写真だと美しさが伝わらないけど、かなり感激。
調べてみると、多分 ミヤマカラスアゲハ

何してるのかな~と不思議だったけど
『地面から給水してることが多い』を読んで納得。
すぐそばには小川が流れていたしね。

ワンコの散歩って、こんなサプライズがあるから素敵です♪

e0160568_13125387.jpg

                         「あたしのお陰だね!」

うん。しっかし、めごってさぁ、可愛いんじゃなくて、可愛過ぎるのよね~

さぁ、呆れたそこの皆さん
大きな声で「ばかぁーーー」と言っておくんなまし。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-30 13:55 | めご | Comments(6)

もしやB型!?

めごが・・・散歩に行ってくれません。

その理由は
多分、そう多分


さっきまで、すっごい雷で怖くて眠れなかった


=今、眠い。


そんな理由だと思う。

e0160568_1765557.jpg


めごってさぁ~

お手とかお座りとか出来るけど

絶対自分でしたくない時はしないのよね・・・
と最近気付く。
飼主への忠誠心はみじんも感じない。

だから愛護フェスタとかでみ~んなでワンコと一緒に歩きながら
お座りさせてみましょー など 


やるわきゃない(汗)

他犬が皆しっかりお座りしてるのに、ポツーーンと立ってるめご。
「とんだバカ犬だわー」と恥をかいて帰ってくるはめになるので
もう参加しないことに決めたのだ。


でも、いいの。
バカでも最愛で最高なの。。。

B型一家の我家。めごもやっぱりB型かもしれない。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-27 17:56 | めご | Comments(10)

夢の途中

賽銭箱に100円玉投げたらぁ~ つり銭出てくる人生がいいとぉー♪
                             (『RUN』by  長淵 剛)

あぁー♪
e0160568_16341091.jpg


e0160568_16342565.jpg


e0160568_16344342.jpg


夢でぇぇ


今日も日が暮れる・・・(涙)


e0160568_16355450.jpg

                   「どーーでもいいですねっ」



そうですか・・・そうですね・・・。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-26 16:45 | ひとりごと | Comments(4)

三陸 暑かったり  寒かったり  落ち込んだり

e0160568_11441030.jpg

                   「最後、ちょっと違くねぇ?」
  

”天気同様、上がり下がりがある”という意味ですが何か?


いやぁー、震災ってある意味すごいよね。
家族のこと、夫婦のこと、友達のことなどの人間関係から
環境、政治、仕事  etc...etcいろいろ考えさせられる。

うん、そうね、生まれてから今までで一番たくさんの事考えているかも。
そして前に進むって結構難しかったりもするのよねぇ~

e0160568_121838.jpg

                 「性格上の問題だよー」

そうだよぉー!


昨日、友人が声をかけてくれた
被災地支援の1つで、被災地からの販売ブースと
フリマを兼ねて行う
内陸でのイベントに急遽参加させてもらいました。

何かのきっかけになれば・・・
そんな気持ちでした。

朝5時~夕方6時


e0160568_11562837.jpg
e0160568_11565563.jpg


岩手から陸前高田、野田、田野畑、宮古、大船渡が出店してました。
写真を撮らなかった事、かなり後悔。これだけしかない(涙)



売上より支出の方が正直大きかった


けど


被災地の方は皆、頑張りましょう!お疲れ様!と声をかけあい
お互いに商品を購入しあったり一緒に頑張ってる気がして
うれしかった。勉強になることも多かったし


何より、たくさんの”はじめまして”がありました。


まずは知らなかった  ゆいっこの会さん。


震災後からご支援頂いているボランティアさん達でした。
支えて頂いてるのに、今まで知らずにいたこと申し訳なく思いました。

学生さん、主婦の方、会社員の方
メンバーはそれぞれ

「何かしたい。普通に暮らしている事が申し訳ない」

そんな気持ちでした・・・とメンバーの一人の方のお話。

有難くて涙が出ました。

そして

「阪神大震災の時は3カ月で震災が風化していったそうです」とも。


実際、先月は飛ぶように売れた被災地の商品。
今回は企画担当の方も「申し訳なかったです」と言われた。

去る事日々に疎し


フリマ商品にまっしぐらに走る多くの方を見ながら感じた
「ひとごと」
それも仕方ないことかもしれない。


何度か映画資金集めのフリマをした経験からか
フリマと一緒に・・・というのも
ちょっと無理がある気もした。

フリマは
基本 ほしいもの、良いものを安く、より安く
のような気がするから・・・


でもね


ゆいっこの会さんとは別に、スキンヘッドの若い青年は
なんと高知県から原動機付き自転車=原チャリで
岩手までボランティアに来てくれたとのこと。

若かりし頃、高知桂浜を旅した父さん
その若者にいたく感動し、我家の商品を「ありがとうな」と
手渡すと・・・

「こちらこそ、ありがとうございます。ホント助かります」

なんたる、さわやかさ(感涙)
私達が助けられているんだよぉー。


こんな方々に支えられている。
日本もまだまだ捨てたもんじゃない!


出来る事を出来る人が・・・


今日、朝ズバでも言ってたよ。


政治家の人も政治家の人が出来る事を
お願い出来たらな・・と思います。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-25 13:23 | 震災 | Comments(0)

昨日23℃で扇風機が寒っって感じで止めたのに
今日は33℃・・・この気温差に体ついていけませんからぁー。


先月から少しずつだけど、父さんの仕事が再開した。
まだ事務所の再建築が出来てないけど、多分今月末には
完成すると思う。
たくさんの方々に支えられ前に進ませてもらっている事に
心から感謝。


先行きは全くの不透明
前途多難


でも



漁業関係の方や自営で商売されてた方の中には再建の見通しもなく
収入のない状態が未だに続いている。
あちらこちらから、悲痛な悲鳴が直接私達に聴こえてくる。

だから、少しでも恵まれている自分たちは頑張らないといけない。
そんなふうに思っています。

先日、小鳥ちゃんが
「お友達から送られてきたから~」と

e0160568_175559.jpg


くれた・・・我家に・・・神戸牛(涙)

すっごーーーーーく、美味しかった♪
今まで食べたことがない肉だった。
正直前沢牛(これも頂きもの。。。汗)より美味すぃーーー岩手県民ならぬ暴言。


「箸で切れるーーー」と父さん&ソイ君も感激の神戸牛。


「ねっ、Mさん、きっといいこともあるよ」と優しい小鳥ちゃん。


うん、そうだね。きっといい事あるよね。ありがとう。


そして

e0160568_1791829.jpg


兄ちゃん産湯の友ママ、もう一人のSAIさんからでした。
被災後、一度メールのやりとりをしたのよね。

お礼の電話で久しぶりに声を聴いた。

「最初、Mさんが助かったというだけで嬉しくて興奮状態で
はしゃいでしまったけど、被災地の現状を見るたび、あまりの酷さに驚き
メールも出来なくなってしまった」とSAIさん。

久しぶりに涙がでました。

e0160568_17122511.jpg

                「めったに飲めない本物のビールになっ」

そうじゃねぇーしっ。確かにビールもうれしいが。

「こんなことしか出来なくて、ごめんね」と言ってくれたけど
十分過ぎるくらい気持ち伝わって来て、本当に嬉しかった。


人は人によって支えられているのだと、心から思う。
多くの人の心に闇を作った震災。
支えを必要としてる人が、きっと、たくさんいる・・・
生きる希望を失ってしまってる人が、きっと。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-17 20:07 | 震災 | Comments(6)

なぜかお弁当の話

今日はさわやか~な三陸ですが
暑かったぞっ!週末(滝汗)
室内の温度計、35℃だったからねー。

e0160568_11454837.jpg

                    「梅雨も終わりかっ?」


35℃は東北、特に沿岸ではあまりない気温だし
私が岩手に来た17年前にはなかったね~
真夏でも気温低く海も冷たすぎて入れないなんて年も
ザラだったし、お盆にホットカーペットなんてことも
あった・・・温暖化を身を持って知るわけですなっ。


震災から4カ月の今日だけど、あえて何も書かないで
おこう。なんか、そんな気分なのだ。


e0160568_11465039.jpg

                「よく、わからない気分だ」



でー、全く関係のないお弁当の話(笑)


兄ちゃん、ソイ君の学校では給食は小学校まででしたが
1年ほど前から 焼酎 小中共に給食になりました。


兄ちゃんは

「この豚汁、野菜のうまみが消えてるなぁ・・・」とか言う

アナタ評論家ですか?って感じの食いしん坊万歳野郎だったので

料理に対して厳しかった    残さず食べてくる。


ソイ君

何も言わない    残す もしくは 人にあげる


どっちがいい?


二人揃って言う事は


オムライス とか 
母がよく私に作ってくれた
3色弁当(肉そぼろ、 鮭、卵)とか
やめてくれと言う。

なんだかね~、スプーンとかフォークで食べるのが
恥ずかしいらしいのよ。

女子と男子の違いなのかな・・・


お弁当の鉄則 
母は意識して作ってるのに

茶・茶・茶

でいいから!と言われてしまうのだ。

ソイ君なんて、プチトマト嫌い・厚焼き玉子嫌いと来てるから
本当に難しい。

基本好き嫌いは認めず、出されたものはアレルギーとか
ない限り食べるというのが数少ない我家の掟だけど

二男ソイ君は人にあげるという
小賢しい手に出るからねぇ・・・・ 


でも、昨日のTVで娘さん、お母さんのお弁当毎日
捨ててたってあやまってたね。

お母さん「知ってたよ。いいのよ」と
とってもおおらかな対応だったけど


私だったら絶対キィーーーってなってたね。


母が一度だけ、兄に頭に来て日の丸弁当つくったことがある
と言ってたけど
私はいつか本当に頭に来たら
ご飯にさくらでんぶ で ピンクのデッカイハート♡ 作った
お弁当にしてやろーと思っているのだ、ふふっ。


もし、その日が来たらブログに絶対UPしよーっと。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-11 12:20 | 家族 | Comments(6)

ねぇ、書いてみない!?

私、結構新聞が好きです。
朝読まないと落ち着かない・・・
が、しっかり全てを読んでるわけではない(汗)

なにげな~く見てた  
e0160568_165446100.jpg



ふ~ん、読書感想文コンクールかぁ~

・・・・って、えぇーーーーっ!

はい、ズームイン!


e0160568_16565651.jpg


課題図書に  『犬と猫と人間と』  が入っとるやないかぁーーい♪






と~っても嬉しい!

これで又知ってくれる人が増えるはずだし、本屋さんにも並ぶわけで。。。


岩手の子供の感想 も掲載されてるんだよー。
一人でも多くの人の目にふれてほしいな~。


高等学校の部 か。。。誰かいないかなぁ~


e0160568_1711092.jpg

             「ほれ、ほれ身近にあてにならないお方が・・」

そうよ、そうだった!
我が息子ソイ君 高校生やないかーい!!!

映画も観とるしなっ。

でも、書いてくれるか心配だなぁ(汗)

e0160568_173726.jpg

              「あたしゃ、文才の方が心配」


たしかにね・・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-06 17:16 | わんこ | Comments(6)

半年後の昨晩

今日は7月1日。
一年の折り返し地点ですね・・・
皆さんにとってのこの半年はどんな折り返しだったでしょうか?

昨晩、家が揺れるような雷の音でめごも震えていました。

そして、ちょうど   半年前の大みそか を思い出しました。
あり得ないようなみぞれの吹雪に家が揺れるほどの・・雷。

3月11日の震災後

地元では

「あの大晦日の天気からしておかしかった。
きっと予兆だったのだ」と

皆が言いました。


その予兆を思い起こすような昨晩の雷


ぴったり半年後の昨日でした。


被災地では、又「津波が来る」という根も葉もない噂が流れ
不安をあおる伝言ゲームもあったりします。


国の方針が後手後手ですから
皆、浸水した地域でも仕事を始めます。
生活がありますから・・・



「国の方針が決まるまで、生活は保証します」


だったら休む事もできたかもしれないけど
港町で飲み屋さんや商店の多い小さな町で


”神様がくれた休日”



そんなふうに思って休んでいる被災者は
まず居ないと思います。

先の見えない不安と背中合わせに進んでいます。



”働けないストレス”そんなもん、政治家には関係ないんです。
あの人達には到底わからない・・・諦めに近い気持ちです。


所詮人ごと


なんだか、犬猫の問題と一緒なのかな・・・


今、被災して生活に困窮してる人の気持ちが
きっと計り知る事が出来ない

そんな政治家ばかりなんだろうね


そして、原発。


これも又しかり。

私たち以上に辛い現実と向き合ってる原発で避難されてる方々。

でも、なお、原発O.Kという。

今、日本はどこに向かっているのでしょうか?
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-07-01 21:23 | 震災 | Comments(2)