<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ありがとう、ありがとう。

e0160568_19131059.jpg

      「お母様!先日のお話ですが白魚のような手とは私のことかと・・・」

う~ん、確かに!めごさん手が白いね~
って・・・・
何持ってんのよーーー


e0160568_19133718.jpg

               「リモコン♪ずーっと、大好き」


ブームは未だ去ってないようです(汗)


めごのブームは去っていないが、毒づいてる間に時は過ぎ
精神的に少し落ち着いて来て、バイトも終わり時間の余裕も出来たので
伯母のプチ介護に一息つかせてあげたいな~と
Twins妹に伯母をお願いし去る17日は母を呼んでみました。
岩手に来るのは本当に久しぶりです。

80歳の母が片道6時間(今は新幹線が低速なのでさらにかかる)を
2泊3日で旅するのはかなりハードなのですが「楽しかった」の一言で
とても救われたり嬉しかったりします。
妹の協力に感謝。


そして母の滞在中、どーしても来ると言って譲らない東京の友人が
車で駆けつけてくれました。
私としては、今、碌なおもてなしも出来ずこんな遠くまで(だって、本当に遠いんだから)
足を運ばせるのとても申し訳なくて、遠慮してたけどね、
「えぇーーーい、こーなったら一度来てみろ!」ぐらいの勢いでお迎えしました(笑)



仕事が今月から少しずつ再開したと言ったら


e0160568_19153080.jpg

お守り、被災されたお客さんにあげて

と、持って来てくれました。

まずは1つ私が大切に持ってます、厄除け(笑)
3月11日から本当にずーっと気にかけてくれて羽田まで駆けつけてくれて
「震災で苦労させたのは自分のせいだ」位の勢いで心配してくれて
こんな友人を持った自分は幸せだな・・・って思ったよ。ありがとうね。


高校からの友人なので母も顔見知り。
じゃ、一緒に釜石まで行ってみようと案内。

兄ちゃんが来て訪れた時(GW)とあまり変わらないのが
少し悲しく感じた。
違ったのは暑さで異臭がすることね・・・

以前から母が来たら連れて行きたかった
釜石洞泉の 創作農家レストランこすもす さん
震災後もやってらっしゃるという事で行ってみたの。


「犬と猫と人間と」のチラシも置いて下さったり
映画も観に来てくださったとけずさんからお聞きしてたので
御挨拶してみました。


「あっ・・・。大丈夫でしたか?」
と気にかけてくださり、被災の事を伝えると

「出来る事から・・・私も頑張ります」

そんな言葉が嬉しかったです。

映画も子供さんと共に観てくださり
家族で話し合って今はうさぎちゃんを家族に迎えて
くれたそうです。


うれしいな。元気もらったな。。。


考えるきっかけになったら・・・
そんな想いで自習上映をしてきた「犬と猫と人間と」


こんなお話を聞かせて頂くと本当にうれしく思います。


「泊ってビール飲んで行きな!」と何度も誘っても帰る意思を
曲げない友人は東京⇔三陸を車中2泊で帰ってしまいました。

もー、頑固なんだから(汗)

母も又バスの時間を見間違え(滝汗)私が片道2時間を送って行くはめに
なったけど帰って行きました。


きっとTVや新聞で観る被災地、母と友人自身の目で見るのとは
違ったことと思います。

百聞は一見にしかず

私個人の意見ですが、この現実を多くの人に実際に見て感じて
もらえたらな・・・と思っています。


あっ、ピースとかして写真撮るのはやめてほしいけど。
悲しくなるからね・・・


そして兄ちゃん産湯の友ママ、Sさんから
e0160568_19164222.jpg

ビバーチェのコーヒーだよ♪♪♪
本当においしくて良い香りで大好きなの。

被災時からやっぱり気にかけてくれて
兄ちゃんとSさん家のMちゃんは同じ誕生日の3月21日
何もしてあげられなかった私に変わり
Sさんが産湯の友3名を招いて誕生会を開いてくれたんだよね(涙)
e0160568_1918331.jpg

ケーキには3人の名前がちゃんと入ってるの♪可愛いね~

兄ちゃん両手に花で益々目が細くなっとるのぉー
なんかね、自分はこの時辛かったけど3人の笑顔がうれしかったな~



みんな
ありがとう。ありがとう。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-30 19:29 | わたくしごと | Comments(4)

こうなったら、恒例!

そうよ、もう、こうなったら恒例!
察しの良い皆さまなら おわかりのはず!!!

~山茶花毒を吐く~


嫌気がさしたら、ごめんなさい。


今朝ね、久しぶりに大きな余震がありました。

鳴り響く  津波注意報

嫌な瞬間が蘇る  携帯の地震速報(揺れる方が早かったが・・・)




3月11日から100日が過ぎ

少しでも前に進みたいと思ってる被災者は多いと思うのです。


でもね・・・自分の力だけではどうにもならない現実もあります。


自然災害の怒りを無念さを  どこにぶつけたらいいのか


今日新聞で4人のご家族の方の喪主になっている人のお名前を見つけ


どうやっても、きっと、その人の辛さを想いはかる事は出来ない


自分に置き換えたら・・・きっと生きていけないかも・・・と。


被災地=被災はではありません。

「いつまでも被災者ではいられない」

だから前に進みます。ほんの、少しでも
手を差し伸べて、言葉をかけて下さる皆様への感謝を忘れず


でもね、高速道路の被災者無料ほ措置はいかがでしょうか?


被災地の多くの人々は


車を津波で流されています。

私もね・・・最初は思ったんです「車両保険に入ってるもん!」


車両保険がおりるのは事故だけです。
特約や地震保険の入っていた、わずかな人にしか
保険金はおりません。


愛するエリシオンが津波にのまれ涙した父さんの今の目標は

「車を買う!」です(笑)

その前に生活費やぁろーーー


今、被災地の現状で

高速まで2時間弱かかる沿岸から


高速が無料だから出かけよー♪

と、いう被災者がどれくらいいるだろうか?


本当の被災地を見たら


こんな政策・・・・


確かに被災地といえども温度差は様々
生活が全く変わらない人もいます。

内陸であれば なおさら です。

確かに風評被害や観光などに
大きなしわよせがある事と思うけど・・・


昨日32℃という真夏並みの暑さだった三陸沿岸


異臭がし、ハエが大量に発生しています。



多くのボランティアさんのご協力があってこそ
少しずつ前に進めています。

高速道路の被災者無料化


しかも


停電=被災者


そんな認識に非常に腹立たしい想いでいっぱいになります・・・・
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-23 21:29 | 震災 | Comments(12)

わんこのこと。

先週末、めごの狂犬病予防接種とフィラリアの検査に
行ってきましたの。


e0160568_2282851.jpg


ジャキータイプのフィラリア薬♪
お値段も例年と変わらないなら、コチラ!と決めました。


本当はさぁ・・・被災直後にぷりんママさんが

被災地のフィラリア薬無償提供

との情報を頂いてたのに・・・私のバカ、バカ、バカ!!!
すでに終了しておりましたの(涙)
ご厚意を無にし、かなり反省。財布も痛い。

e0160568_22142525.jpg

              「フィラリア予防☆食しまする」


震災の影響で狂犬病接種遅れ、巡回する地域を大幅に減ってます。



被災から結構早い時点で
私の住む地域では3箇所で被災動物の預かりを
受け入れ、一度里親会が開催され10数頭の子が決まったと
聞きました。


あれはいつだったかしら。。。
新聞等で「保護はパンク状態」とありましたので
実際に出向きお手伝いを申し出ると・・・

「大丈夫」とのこと。


へっ???


「犬と猫と人間と」で知り合った方から
詳しい情報を聞くと、やはりパンク状態ではないとの事でした。


正確・確実な情報の発信・掲載を望みましたね。
そして、それ以後
自分がしっかり確認した情報だけを発信したいと思いました。


e0160568_22182534.jpg

          「超・弱小ブログだけどなっ・・・」


弱小でも、おいで頂ける方への私の感謝の想いですっ!




先週、病院に行きながらその後の状況を尋ねてみると


仮設住宅はペット可になり

預かりの子は順に飼い主さんがお迎えに来て

今の所、手放す予定の子も、今保護する子も居ないそうです。

(伺った動物病院では)


良かった~と思わず、看護師さんとほほ笑み合ってしまいましたよ。


昔に比べると、犬猫がペットというより家族という意識が
高まっているのかもしれないな~と嬉しく思いました。


映画を観た事がきっかけで震災直後ワンコの預かりをしてくれた友人が居ます。
これは、震災で落ち込んでいた私にとって本当にうれしいニュースでした。
ただ、その子の飼い主さんはちょっとお迎えをためらっているようでした。

そのお話は次回で・・・
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-20 22:25 | わんこ | Comments(8)

なんとも言えない・・・

山茶花 40+○才 ズキズキするっ!

e0160568_1601753.jpg


足と間違えたそこのアナタ!私の手ですからぁーっ、残念。


白魚のような私の手がぁーーーー(涙)

e0160568_1622572.jpg

「ウソはやめてくださいっ!」


確かにね(汗)



「オーライ、オーライ」と車のバックを誘導して


車と車がぶつからないように手を置いてたら


e0160568_1652030.jpg

          「置いてたら?」

そのまま車と車の間に挟まれました(号泣)

泣きっ面に蜂?

踏んだり蹴ったり?

骨折してなかった事だけが不幸中の幸いだよっ。

おまけにさぁー

兄ちゃんが初めてのバイト代で買ってくれた夫婦茶碗 破壊(注:父さんが)


e0160568_1635217.jpg

           「夫 妻 共に割れました・・・・」

「これで夫婦も終わりだな・・・」は愛する息子 ソイ君の言葉。


世間では震災を機に結婚も増えてるらしいが


e0160568_1642288.jpg

            「離婚も増えてるらしい」


・・・・なんとも言えない。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-17 16:46 | 家族 | Comments(6)

山茶花毒を吐く〜2〜

またかよっ…と呆れとる皆様お許しおくんなまし。


同じ県内でも一番の被災地と言われるのは津波の被害を受けた沿岸だと思う。
確かにそれに付随する被害はあると思う。


でも…


頑張ろう、岩手!
頑張ろう、東北!


と銘打ちながら、ここぞとばかり

三陸沿岸
○○と同じ商品と売り込む同じ県民に深い憤りを覚える。



良くも悪くも


人が見えてくる



被災3ヶ月私も、被災地周囲の人も感じている。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-14 22:05 | 震災 | Comments(2)

奥さまは魔女だったのです♪

あー、思い起こせば半月前。。。わたくしヘロヘロになって
バイトに行っておりましたの。

e0160568_1916479.jpg

       「スーパーで人に会うたび”ヤツレタ”と言われてねぇ」

そっ、そうなの・・・
ヤバいわね、40半ばのオバサンの”ヤツレタ”・・・って一体(涙)

精神的、体力的に厳しかった

でも「起きれねぇー」と思った朝も

e0160568_19201349.jpg


この香りで元気を出し

倒れこむように家に戻った一番風呂で

e0160568_1922639.jpg

パンパンに張ったふくらはぎを入浴剤の香りと効果で癒し

私は心が軽くなり乗り切ってこれましたの・・・
e0160568_19263895.jpg

         「残念ながら母さんの体重は軽くならず・・・」



めごさん、人を思いやる気持ちを忘れているかと・・・(汗)



自分を想ってくれる方が、すぐそばで応援してくれてる気がして・・・
小さな魔法にかかったように。


だって、そう!奥さまは魔女だったのです。
いえ、ぷりんママさんは魔法使いだったのです。

e0160568_19314315.jpg

            「意味不明な人は読まなくちゃ!」

被災当初

「避難所の方に申し訳がない」

と凹んでいた私。

時を重ねて行くと

「自分より辛い人はたくさんいるのに・・・」

と不甲斐ない自分を情けなく想う私に

その時々に言葉の魔法で私の心を軽くしてくださった
ぷりんママさん

やっぱり、魔法使いじゃーーーーん♪

とーーーってもスゴイのは私でも変えられない父さんまでも
変えてしまった。

「今まで俺は誰かの為に何かする事がなかったけど
これからは、何か出来る事をしたいと初めて思った」


父さん:談


すごいな~感謝だな~
夫婦で足を向けて寝られないな・・・って(涙)

自分たちの出来るご恩返しを日々模索している
さざんか家でございまする。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-14 19:42 | わたくしごと | Comments(2)

初陣と消えた町

先週はソイ君の高総体でした。
高校に入っての初陣ですね~
団体は勿論メンバーになれませんでしたが
個人戦は2回戦で惜しくも3位の人に負けてしまったけど
善戦してたと思います。
文武両道は口で言うほど容易ではないと兄ちゃんを見ていて
わかっているけど、得るものも大きいはず。
まずは悔いなく過ごしてほしいです。

高総体に向かう途中、初めて田老を通りました。
壊滅的な被害を受けた地区です。

e0160568_16471559.jpg


ここも又町が全くなくなっていました・・・

街道沿いに栄えた地区でしたので、この道沿いはたくさんの
商店や家々が並んでいたのに。
e0160568_16475056.jpg


三陸大津波で大きな被害を受けた地区で防災には力を入れてたのに・・・
e0160568_16481815.jpg


人間の造るものなど、到底自然には敵わなかったという事なんだよね。

言葉では伝わりにくいと思いますが、以前の町を知ってる方は
その変貌ぶりに驚く、いえ驚きました。

ソイ君が何度も釣りに訪れた防波堤は姿を消し
地盤沈下した漁港は水が今にも上がってきそうでした。
e0160568_1649063.jpg


こんな状態でいつ再開できるの?
漁業関係者の方は本当に辛く苦しいだろうと
溜息が聴こえてくるようでした。
e0160568_16492351.jpg


建物の壊れ方で津波の高さがわかります。
e0160568_16493599.jpg


市内の公園と言う公園は全て仮設住宅が建設されています。
e0160568_16503681.jpg

つい最近まで子供たちの声が聞こえた公園・・・
寂しいけど仕方のないことなのですね。

先日、やはり自営業で家も職場も流された方と
お話する機会がありました。

同じTVを見ていて
「本当、命が助かってもお金がなきゃ生きていけないよ。
働きたくても仕事だってないんだから」

本当にその通りなんだよ。
働きたくても失業者にあふれ、働く場がない。
でも生きて子供を育てていかなければならない。

休業・失業手当だって雇用保険に入ってる人だけしか貰えないなら
震災の緊急措置でもなんでもないと思うのよね。

「考えると暗くなるから、考えないようにしてる」

そうなの、わかる、わかる!
目の前が真っ暗になるんですよ、ホント。

大震災の中で命があったことの興奮状態が冷め
今、大きな現実を向き合い始めた被災者は多いと思います。
その大きな現実を越えられなかったら・・・


それなのに、一向に進まない救済制度。
ゴタゴタの国会を見てると、仙台市長の言葉を借りるとすれば
「極めて遺憾」
結局、人ごとなんだな・・・と思ってしまう。

震災の爪痕は本当に大きいのに。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-07 17:56 | 家族 | Comments(4)

一緒だよ  ~ソフィ と重ねた時間~

e0160568_20272313.jpg

      「さざんかー、いつから震災復興ブログになったのぉー?」

と、ソフィさまお怒りでございます(汗)


誘われてフラフラ~な弱小ブログですが今日は書かねばならぬっ!

そう!ソフィたんが家族になって1年の記念日。

e0160568_20311421.jpg


ソフィママ手作りのクッキーでお祝いしたそうですよ♪
ヨーグルトとかぼちゃだってさ・・・

あのねぇー、姉の誕生日は確かメールすら忘れとったなぁ~妹よ(涙)

まっ、いいか。


とにかくソフィが可愛くて、可愛くてのババとママ。

e0160568_20341528.jpg

「桜も見たでちよ」


e0160568_2035951.jpg

     「みーーーんなが可愛いっていうでち!当たり前でちけどっ」


最近、マルチーズをかぶった柴犬・・と私は申しておりますが
とにかくソフィたん道、まっしぐら。

昨年、預かりを決めて、迎えに行って、奈良からソフィを送ってくれた
*chico*さんご夫妻と対面。

あれから1年・・・早いのかな。遅いのかな。

こんな事が起こるなんて、あの時は思ってもいなかったなー
そして、今のソフィもなっ(笑)

e0160568_20433759.jpg

「お散歩も大好きでちよ」

最初はお外でも固まって歩けなかったね、ソフィたん。


きっと今ではお互いの笑顔の為に

”なくてはならない存在”

どの子もみんなそうなの。

被災地の子も、センターの子も、ショップの子も、今笑顔になれない子も

みんな、みんな、かけがえのない無二の存在。

ソフィたん、ありがとう。
*chico*さん ありがとう。
母と妹家族に ありがとう。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-05 20:53 | ソフィ&風 | Comments(10)

永い道のり

まずは私が一度実家に戻る前ですから3月末の市内。

電柱にからまる漁具
e0160568_183476.jpg


こんな巨大な船も陸に上がっていて言葉を失う。
e0160568_184470.jpg


地震の1時間前にランチしていた場所もこの通り・・・
e0160568_1842563.jpg


この島を超えて津波は襲ってきたらしい。
e0160568_1862915.jpg



そして兄ちゃんと向かったのは


まずは山田町。
恒例夏合宿で何度も訪れた「海と鯨の科学館」
e0160568_1892598.jpg


瓦礫の山となってました。
その附近は例年だと美しい数々の花々を咲かせていたのに・・・

海の色が違っている
e0160568_18141276.jpg

三陸の海はどちらかというと、黒っぽい透明感なのに
南国のような青い透明感に変わっている気がした。

e0160568_181529100.jpg

津波によって破壊された防潮堤。
車と比べると、その大きさがおわかり頂けると思います。

そして約2カ月が過ぎようとしているのに
この状態の大槌町に言葉を失いました。
e0160568_1817127.jpg


町がない・・・
e0160568_18182641.jpg


町長さんが亡くなられた事でよく報道された町役場
e0160568_18184992.jpg


被災地に住んでいても
この現状を目の当たりにすると更に心が沈みます。
以前の風貌が全くわからない程に変化した街並みが
釜石まで続き
兄ちゃんと父さんと私は釜石までしか行きませんでしたが
その先の大船渡、三陸町、陸前高田の被害はもっと大きいと
聞いていますし、この状態が仙台そして福島・茨城まで
続いていると思うと


復興


そんな日はくるのだろうか・・とさえ思ってしまいました。


ゴールの見えない永い永い道のりだけが
目の前にある気がして。
[PR]

by pi-pal-mego | 2011-06-01 18:25 | 震災 | Comments(2)