ブログトップ

ずーっと大好き。

ホントに私事

e0160568_11512783.jpg


こんなんやってみました~~って、9月から全25回の
簿記3級の講習に参加し、残り後わずか・・・

求人情報でまれに「簿記3級お持ちの方」ってあったので
うーん、3千円というお安い講習料だしやってみようかな~という甘い気持ち。
実際、甘かった!!!

簿記が得意な方や級をお持ちの方には
笑われちゃいますけど、いやぁー、難しい(汗)

兄ちゃんに「数学が出来ない人は無理なんじゃねー?」
と言われましたが、数学じゃないんだよね。仕分け?負債?資産?損益? etc、etc。

今回ひしひしと感じるのは、1回で憶えられない、わかったつもりが翌日忘れてる・・・
年のせいにはしたくないが、若い人の倍はやらないとダメだー(涙)

e0160568_11573445.jpg

                       「年じゃなくて、頭かもーー」

そうなの、頭も悪いの(涙)

おまけにホワイトボードの字が見えにくく、ノートを書くのに焦点が合いにくい
完全に老眼です・・・トホホ。


講習受ける人の中で、私が最年長かしらん・・・と思っていましたが
そうでもなくて、私より年配の方もいらっしゃいました。若い人と半々くらいです。
途中一人、二人と減ってはいきましたが・・・。

家族の「辞めちゃえー、辞めちゃえー」という悪魔のささやきもあり、
夜の6時半~8時半で、めごの散歩や夕飯作ってからの週に3回は
結構体力的にもきつくて正直、何度も辞めそうになりましたが・・・

でも、まぁ、辞めるのはいつでも出来るし
「やるだけやってダメなら胸をはれるはず!」という兄ちゃんの柔道部顧問の言葉を胸に(笑)
なんとか講習は終了に近づいてます。

本当は来月15日が検定試験のはずだったけど、ラッキーなことにソイ君の県大会と重なったので
自分で、もう少し勉強して来年2月の試験にチャレンジしようと思います。

「もう、終ったな。すぐ受けないと忘れちゃうんだよな~」兄ちゃん談

まぁね!

でも、いいかー。きっと何の役にも立たないかもしれないけど、無駄にもならないと思う。
「知恵と力は重荷にならぬ」ってトイレのカレンダーに書いてあったもん(笑)
万が一受かった時にだけ、ご報告したいと思いまーす・・・って、誰も興味ないかっ。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-30 12:08 | わたくしごと | Comments(2)

自分の耳を疑った・・・

e0160568_14575737.jpg

                       「もしやっ、老人性難聴!?」

違いますっ!!!


ホップの様子を電話で伝えてくれる妹が

「ホップのね~嬉ションがさ~、嬉しいのよ♪♪」だって!


しっこされちゃうのが嬉しいなんてね~。ホップを目の前に迷ってた時
「私は鼻が黒い犬が好み!」と繰り返し言ってたくせに、今となっては  の発言
「ぜーんぜん気にならなくなっちゃった♪イケメンなんだもーーん」 (爆)

まぁね、わかるけどね・・・
私だって柴犬独特のつり目が嫌だったんだけど、今となっちゃーさ。

妹に『親バカ!』と書いた、たすきをかけてあげたい姉です。
まっ、そんな親バカな台詞とホップの幸せな寝顔が私も嬉しいんだけどさ。

e0160568_14535576.jpg


しっこ、うん○もほとんど失敗なく順調だそうです。
お手、お座り、持ってきて~もわかるとか・・・


e0160568_1501573.jpg

                        「早くねー?」

めごさんなんてねー、カーペットやら布団やら結構しっこでダメにしてくれたわ~



しつけの面では色々迷ったり、悩んだりしてるようですが
ぷりんママさんの適切なアドバイスにとても助けられてるようです。
ママさんに心から感謝。

私が初対面の時にママさんが
「せっかく私達がいるんだから、どんどん相談してほしい」
というお話をされてて、里親さんになられた方達がうらやましいな~と思いましたよ。

だってブリーダーさんにめごの唸る・噛むを相談したら
「うちの子に、そんな子はいません!お宅の子供さんがしつこいのでは?」
と言われて、それ以来何も相談は出来ませんでしたから・・・。

先週の土曜日、前にも遊んでもらったチャオ君と会ったのだけど
唸られたら、案の定めごは唸り返してケンカに・・・
チャオ君の首の上を噛んでしまった(号泣)
幸いケガはなかったけど、私がビビリションしそうだったよ。
前回はそんなことなかった・・っていうか、チャオ君が飼主さんの膝から離れず
めごと接触がなかったからかも。。。チャオ君、ごめんよー

e0160568_157991.jpg


何回かワンコがたくさん集まる会に参加してるけど、今回みたいな事は初めて。
今度の日曜日もワンコ連れBBQのお誘い受けたけど
めご、大丈夫かな・・・心配。
これも、やっぱり飼主のしつけが悪かったのかなーとまたもや意気消沈。

子育ても、犬育ても”しつけ”が大切なんだよね・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-28 21:35 | ホップ | Comments(0)

まずは、ここから!

ここ最近増えたと思いません!?


e0160568_14555579.jpg

                       「お母様のシワですかぁ?」

そうそう!・・・って、こらぁ----それは確かにそうだけど

犬猫たちの現状や、里親さんなどを記した新聞や記事ですよ!

今朝の読売新聞の朝刊です↓↓↓
教育ルネサンスの特集で

e0160568_14564546.jpg




殺処分の現状と命の重さを伝える記事!
以前、ブログでご紹介した秋田県動物管理センターの取り組み「命の教室」が紹介されてました。
秋田県動物管理センターは見学が可能なセンターの1つです。
私が以前見学の問い合わせをした時も、大変丁寧に快く対応していただきました。
まだ、行ってないのですが(汗)

1995年から14年連続自殺率がワースト1の秋田県が県内の学校を回り自殺防止対策の一環だそうです。
「命の教室」がそのような目的もあったのは知りませんでした。
小さな命を大切に出来れば、人も自分も大切にできますよね~
記事の中にはアニマルレフュージ関西(ARK)のエリザベス・オリバーさんの思いを
6年生の児童達に語ったお話もありました。


ただ、1つ残念だったこと。
記事の中には炭酸ガスで安楽死(窒息死)と書かれてありました。
安楽死ではないのに・・・ここだけは残念です。
安楽死と言うと、安らかに静かに苦しまず逝くように思ってしまうけど
炭酸ガスでも薬物注射でも決して安楽死ではないということを記してほしかった。



そして、その横の記事には



今の殺処分の現状とともに
「犬と猫と人間と」の映画も紹介されてました!!!

このように全国版の大きな紙面で取り上げてもらえる事は
大きなことだと思います。


先日実家に戻った際、兄ちゃんを産んだ産室からお付き合い(笑)頂いてる
友人S&Sさんお二人が、ブログを読んで質問してくれました。

「なんでペットショップはダメなの?」

「でも、ほとんどの人は犬・猫飼うならペットショップって思うよね。
それに、センターの犬達を引き取れるとかも知らないよね」

犬や猫を飼っていないお二人が、そんなふうに疑問に思った事を聞いてくれて
とても、とても嬉しかったです。
説得力のない私の話で納得が出来たかだけが心配(汗)

そして、その質問で教えて貰えたのは「より多くの人に知ってもらうにはどうしたらいいか」
って事でした。

妹達と千葉県動物愛護センターに行く道すがら話し合ったのですが
「やっぱりメディアに取り上げてもらうのが一番かな・・・」との答え。

地元の新聞  ↓↓↓
e0160568_1545059.jpg



読売新聞読者に配布される小冊子のペットのコーナーでも里親さん募集や愛護団体さんが
掲載されることが増えた気がします↓↓↓
e0160568_156232.jpg
e0160568_1561168.jpg




「知ってもらうこと」    まずは、ここから・・・!
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-27 15:43 | わんこ | Comments(2)

一生の友達

生きていたら、きっと今朝もソイ君を迎えに来るはずだったT君

今日のような秋晴れだったら違ったかもしれない・・・
4年前の10月23日は朝から嵐のような日曜日だった。
こんな天気だしね・・・と家に居てTVを見ていると事故のニュース。
目を、耳を疑った。

T君の名前・・・しかも”死亡”

ウソ!?
昨日もソイ君を迎えに来てくれてたのに?
一昨日も一緒に家で遊んでたのに?

動揺した。信じられなかった。

T君は小学校に入ってからのお友達。
家が近所だった事、クラスが4年間一緒だった事もあって仲良しだった。
ケンカもしたけど、次の朝には必ず迎えに来てくれた。
でも、その日を境に2度と迎えに来る事はなくなってしまった。

命って、こんなに簡単に消えてしまうの!?
昨日まで笑顔で”おはよー”と言ってた子が
今日はもう、いない。2度と会えない。

T君と対面したお母さんの言葉は「本当に?」
その一言がわかり過ぎて、重すぎて、辛かった。

ソイ君が号泣した。滅多に泣かないソイ君が・・・
父さんが男泣きしたのも初めて見た。

ご両親の気持ちを考えると、やりきれず
気分が沈み、人と会うのが嫌になった。


自分はどうしたらいいのだろう。
どうしてあげる事が出来るのだろう。
考えていたけど、何もなかった。そっとしておくことだけ・・・
あまりに辛い現実には、言葉は軽すぎた。

何ヶ月か後に出た答え。
正解があるのか解らない。でも、きっと、T君を忘れずに居る事。


そしてもう1つ。
一緒に小学校を卒業すること。



ソイ君が6年生になった時、学校にT君も一緒に卒業出来るかを相談してみた。
校長先生は
「T君のお母さんの望む通りにしてあげたい」と言って下さり
実際の卒業式とは別の日にT君のご両親を招き、会場も作り、6年生全員を集め
卒業式をしてくださった。
T君、一緒に卒業できたね。

日々に成長するソイ君を見る事は、お母さんに辛い思いをさせるのでは・・・と
思う事もある。
それでも、忘れないでいること。
命日とお盆にはソイ君とお線香をあげにいく。
10歳のままのT君がいつも微笑んでる。

お母さんは「今、何が流行ってるの?」とソイ君に尋ねる。
きっと仏前に供えてあげるのだろうな。
帰り道、切なくて、切なくて、いつも涙が出る。



命にいつ終わりが来るのか・・・それは誰にもわからない。
ましてや事故は突然・・・
だからこそ、大切に、悔いなく、そう思う。

e0160568_1282543.jpg



10歳のT君は10歳のまま、ソイ君の一生の友達になった。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-23 12:24 | 家族 | Comments(0)

シルバー世代の犬事情

めごのフィラリアの薬を貰いに病院に行くと、70歳過ぎの老夫婦が
ミニチュアダックスの仔犬を連れていた。
その光景は微笑ましくも見えるけど、本当に大丈夫なのかな?

犬の寿命長ければ20年・・・そのご夫婦がその子を看取ってあげることは
出来るのだろうか!?
老夫婦だけで暮らしてる事、子供さんは遠方や賃貸住宅に別に暮らしてる事を
思うと不安になる。
子供さん達が自分達に何かあった時の事を了承してくれてればいいけど・・・

犬を家族に迎える気持ちは、わかり過ぎるくらい、わかる。
私だって、この先、息子達も巣立ち、めごを見送り
後家(父さんコロしてゴメンよ~)さんになったりしたら(ならなくても)
寂しくて又、犬と暮らしたいよ。

余談ですが・・・5年くらい前に
「Mさんてうさぎみたいだね。寂しいと死んじゃうんだ~」
とバイトで知り合って3日目の同じ年の人に鼻で笑われた・・・




e0160568_11412110.jpg

                    「プッ、プッ!うさぎだったんだー」

・・・なわけねーだろ!!!
親しい友人が引越しして寂しかったって言っただけなのに・・・ブツブツ

でも、自分の年を考え、犬の事を思ったら、安易には家族に出来ないな。
私と父さんの年齢的にも、段々に仔犬からは難しいかな・・・とさえ思ってる。
最近はめごだけがお留守番だと、絶対事故とかで死ねないなーと思うもん。
我家に万が一の事があった時は、妹にお願いはしてあるけど
めごにとっての幸せは私達に看取られる事だと思うし

最近よく目にする『飼わないという選択も愛情』という言葉
考えさせられるよね。

ちょっと提案!
シルバーの方がワンを家族にと考えた時、団体さんの一時預かりさんや
シルバーの保護犬を迎える・・・というのはどうかな~
のんびり、ゆったりとした時間が一緒に過ごせるのではと
思うのです。
先日Dog's Smileさんの保護犬
マリーさんという高齢のシーズーちゃんが
素敵なご夫婦の家族になりました。

なんか、いいな。。。
こんな感じ・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-22 12:13 | ひとりごと | Comments(0)

ホップ通信♪

ホップを迎えた翌日は、オシッコにウンチ、落ち着かずにひたすら歩き回るホップに
お疲れモードだった妹・・・

3日目からは親ばか炸裂のメールが届いてます!

一部、ご紹介。


掃除機や雷、留守番にも吠えないホップが、今日初めてワンと吠えたよ~
何かというとあかりん(娘)のピアノ・・・初めてだろうけどさ・・複雑な心境…→←
そうそう何と午後のトイレ、おしっこ六回にウンチ二回、全く失敗無しなのよぉ
完璧か偶然か?悩むとこだけどひとまずは三人で思い切り褒めたよ

昨日は鑑札の登録に行って、生年月日を記入するのに迷ってさ。
三ケ月だし、いきなりだから考えてなくて、本当にいい加減に7月10日にしたの。
後から子供達に7月7日の七夕がいいじゃんっってブーイング
なので、我が家的にホップの誕生日は七夕にしました!彦星と会えたって事で



「誕生日がわかる事は幸せ」
ぷりんママさんの言葉を思い出しました。


そして、昨日のメール・・・



おっしこ勝率九割でイチロー以上でっす♪お座りも上手になってきたよ~

さてさて、ここから真面目な話・・夕食時に普通にホップの話題になるよね。
色々と話して、センターで見た事をあかりんは先生や友達に伝えたくて作文に書きたいと言い、
りんすけは自分なりに友達には話してるみたい。
んでもって、紙袋に入れられた子犬が話題になって…
もちろん処分される子犬は可哀相だけど、例えばそれを知った子供達が、これは変だよ!
と思うだけでも、生まれた意味があるよ。と旦那が言うのよ
何だかさぁ、特別に愛犬家ってわけでもない人が言うと、逆に説得力があるんだよね。
ちょいと、旦那を見直したりして。



e0160568_22325588.jpg

                        「。。。。って、のろけかい!?」

これ、これ、めごさん違うでしょ~


すっごく嬉しいな~なんだか、ジーンときた。
りんすけも、あかりんも感情表現が豊か・・って感じではないので、
今回のセンターの見学を、どのように感じたのか私自身も量りかねてたんだけど・・・

やっぱり、子供はちゃんと受け止めてるんだな・・・って。
自分で考え、前に進む力を持ってる!!!
「これは、変だよ!」って気づくこと、気づく力を持ってるって事、大切だよね。

紙袋に入れられ持ち込まれた仔犬達・・
e0160568_14421036.jpg

義弟の言うように何かメッセージを残せたとしたら
生まれた意味も少しはあるのかもしれないと・・・
そのメッセージを受止め、変えて行けるかは、私達人間次第・・・。


e0160568_22251491.jpg

ホップの寝顔・・・こんな幸せな寝顔がどんどん増えますように☆
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-19 22:49 | ホップ | Comments(2)

そして残りの1頭は・・・妹家の家族になりました。
e0160568_1122952.jpg



20年近い間犬を飼うのは簡単ではないこと、お金もかかること・・大変なことを伝えて
それでも、犬を家族にと思っていた妹家族。
今回、縁のある子がいたら・・・と思っていましたが、
仔犬舎前で悩む事、数時間・・又別の日にと言った事2回。
悩みに悩んでいたので、今回は縁がなかったんだな~と思ってたところに


「この子に決めました!」
周囲は「え~~~っ」とビックリ!
e0160568_11284431.jpg

家族になりました!
名前はホップです!
ホップ!ステップ!ジャンプ!の『ホップ』と思った方、ざんね~~ん。

ソイ君曰く「本物の酔っ払い」と称される妹は大のビール好き♪
そう、ビールのホップです(笑)
e0160568_1148104.jpg


私も1泊だけ生活を共にしましたが、いい子です。(今頃は本領発揮してるかも・・・笑)
夜鳴きもなく、いつも尻尾ふって笑顔です。
ホップ!と呼ぶと駆けて来ます。
どこを触っても怒りません。


どこも、めごとは正反対!(イメージ・・・母、涙の図)


e0160568_114901.jpg

                    「みんな違って、みんないいよね!」

出たな!めごの決まり文句!


色々なもの、音、匂いに興味津々、目がキラキラしてるホップを見て
とても切なく、うれしくなりました。
センターでたくさんの仲間が亡くなっていった光景は、
ホップの目にどのように映っていたのかな・・・

ホップを家族に迎えた後、妹はホップのお母さんや兄弟はどうしているんだろう?
何故、センターに居たんだろう・・・そんな事を言いました。
それはセンターに居たからなのでしょうか?
もし、ショップから家族を迎えた(る)人も、この子の親は?兄弟は?と思う人が増えたら
ちょっとは犬・猫達の現状にも変化があるのかもしれない。そんなふうに感じました。


e0160568_11573424.jpg

                   ホップが家族になった日の夕日。キレイだったね~

めごが仔犬の割にはおとなしめだったのは、性質もあると思うけど内耳の障害や
てんかん持ちと言う事もあったのかもしれません。
そのイメージだった妹から見るとホップは元気いっぱい!
ちょっと仔犬のパワーにおされてるようだけど、ホップママ頑張れ~


大変なこと、いっぱいあるけど
ゆっくり時間を重ねて家族になっていけばいいよね。
重ねていくうちに、大変な事も笑い話に
そして、楽しい思い出でいっぱいになっていくからね~

ぷりんママさん、素敵なご縁をつないで頂き本当にありがとうございました。



                             母からは
                          「犬と私の10の約束」を




  私からは
「犬たちをおくる日」を




ホップとその家族へ・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-16 15:03 | ホップ | Comments(2)

ぷりんママさんに同行をお願いし、千葉動物愛護センターに行って来ました。
今回は私の双子の妹と、学校が秋休みでお休みだった甥・姪と一緒に・・・。
私以外は初めての見学です。

とてもきれいな秋の空でした。
外には、犬達の声が響いてきました。

私が前回見学させて頂いたのは春・・・約半年前です。
最近の収容の数はどうでしょうか?と質問すると
数は正確には出していないが、見た感じでは少しは減ってるかもしれないと
センターの職員さん、ぷりんママさんもおっしゃってました。

でも

職員さんの説明を聞いてる間にも、紙袋を持った中年の優しそうな男性が・・・
「家で産まれちゃったんだよ、5匹」と聞こえてきました。
そして別の女性は猫を・・・甥・姪もその様子を見てました。
子供達の目に、その大人はどのように映るのでしょうか・・・。

ほんのわずかな時間に2件の持ち込み。
これでは本当にいくら職員さんやボランティアさんが尽力されても、きりがないと
改めて思いました。

男性が持ち込んだ5つの命。
e0160568_13514172.jpg

乳飲み子は即処分の対象だそうです。

この子達の産まれてきた意味は?
せめて2ヶ月母犬の元で成長させ、里親さんを探すという努力はできないのかな?
それが産ませてしまった命に対する飼主の責任なのではないでしょうか。
飼えないなら産ませない。ごくごくシンプルなことなのに。
わずかな間に仔犬と引き離された母犬もお乳が張って痛いのでは・・・
無情な仕打ちです。

検疫中のお部屋には・・・
e0160568_1353268.jpg

e0160568_13535435.jpg

e0160568_13541236.jpg

常連といわれるミニチュアダックスの他にフレンチブルドッグ、シーズー
トイプードル、柴、パピヨン・・・と、純血種も多く放棄されてました。

e0160568_14038.jpg



e0160568_13543979.jpg

キレイな子猫ちゃん。みゃーみゃーと寄ってきました。
しゃしゃ(銀)とは違って飼い猫の赤ちゃなんでしょうね。

e0160568_13561134.jpg

収用棟に居た老犬。家族が迎えに来てくれるといいね。

e0160568_1357571.jpg

e0160568_13572385.jpg


そして
e0160568_1355971.jpg

最終日の部屋に居た子・・・

部屋の真ん中に静かに佇む姿は、とても気高く、凛とした姿でした。
目が離せませんでした。

そう、何も悪い事はしていない
ただただ身勝手な人間の犠牲者。
忘れないでいたい。貴方がこの世の中に確かに存在してたこと。


妹達も多くのことを目にし、感じながら、無責任な飼主や
金儲けの道具に命を使い捨てる悪質なブリーダーの尻拭いに
巨額の税金が使われてる事を初めて考えたようです。

そびえるような焼却炉も、遺体を焼却する燃料代も
全て私達の血税です。放棄する人がいなければ必要のないものです。
千葉県だけではありません。
日本全国で行われてます。
これは犬・猫好きでなくとも動物愛護に興味のない人でも”おかしい!”と
思いませんか?
犬や猫は何も悪い事してません。

高熱で焼かれ、細かく粉砕され、ゴミとして処分される
犬猫の骨を見て、誰も、何も言葉を発する事が出来ませんでした。


千葉県のように愛護センターや処分施設の見学受け入れが可能な所は
数少ないのです。私の住む岩手県でも処分施設の見学は出来ません。
忙しいお仕事中に、センターを案内し、説明してくださる職員さんに感謝すると共に
見学させて頂けること=処分数を減らそうという努力が伝わってきました。



そして外にある仔犬舎には2頭の仔犬。とても元気でした。
「おれ、おれ」、「ボクだよ、ボク」と押し合い圧し合いのアピール(笑)
e0160568_135818100.jpg


そして新たに一昨日仔犬舎デビューした4頭。
3頭は小さい・・・本当に小さいです。
e0160568_13592119.jpg

1頭の子は、とても弱々ししかったけど、ご飯は食べたそうです。
頑張れ!!!


そして、残りの1頭は・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-15 14:32 | わんこ | Comments(0)

お家に帰ろ~



  ↑↑↑  「犬たちをおくる日」 (作:今西乃子さん)
舞台となった愛媛県動物愛護センターにぷりんママさんが行かれました。
そのレポートはこちらです。

是非、ごらんください。



       
   *************************************************************

台風が去ったら、初冬?って感じで今日はイキナリ寒い。
日暮れも早く、なんだか体力・気力ともに衰え気味・・・


夕方のめごとのお散歩。
e0160568_1527425.jpg


道に映る影のみモデル体型なめご&母・・・足長っ!ふふふ。
こんなことでしか喜べない自分がある意味悲しい。。。

さっ、温っかいお家に帰ろー。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-09 15:42 | わんこ | Comments(0)

再会

今日、しゃしゃ(銀)と会ってきました♪
ちょうど2ヶ月ぶりです。

里親さんのお家に向かう途中、ワクワク、ドキドキ・・・
忘れかけてた恋をしてるような気分(ハート


e0160568_15174534.jpg

                      「笑わせないでください」

失礼しました。


しゃしゃ君、里親さんと、お庭で待っててくれましたよ~


e0160568_15183093.jpg


お顔の表情が変わりましたね~。とーってもやわらかく、優しくなりました。
2ヶ月前より、ずーーっと可愛い!!!
すごいですね。愛されてるんだな~って感動しました。
         ↓ 保護時のしゃしゃ
e0160568_15444123.jpg


「小顔ですね」と言ったら
「近所でも評判の美男子です」・・・里親さんの自慢が嬉しい(涙)

e0160568_15214922.jpg


イタズラもなし、引っ掻くこともなし、トイレの失敗は初日1度だけ!
娘さんとお風呂に入り、最後は湯船に一緒につかるそうです。
ひぇ~~~

「めごより可愛いじゃーん。犬みたいじゃーん。懐いてるじゃーん。」と
我家の息子達から大ブーイング。

e0160568_15243330.jpg

                         「照れるわよ~」

・・・って、全く誉めてないから!アナタ未だにお風呂嫌いなんだからさっ。


里親さんから
「しゃしゃに会わせてもらって有難うございます」なんて言われて泣けましたよ。
だって、幸せを分けて貰えて、私の方こそ感謝の気持ちでいっぱいなんですから・・・
あの時、高架橋で出会えた意味がやっとわかっってきたような気がしてます。


「しゃしゃが、繋いでくれたご縁に感謝してます。これからも宜しくお願いします」

その言葉を、そのまま里親さんにお返ししました。
来月去勢手術の予定です。

e0160568_1544346.jpg

                     「イケメンだから、もてそうだニャン」

アナタッ、犬ですから!
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-10-06 15:56 | しゃしゃ(銀) | Comments(0)