復活の兆し

昨日、東京に住む妹と姪のきーさん、フラワーちゃん、そして母は林試の森公園で行われた
林試の森フェスタ」に行ったそうです。


きーさんが小学校でチラシをもらい、そこに犬の里親募集の団体さんも来るし近所だったので、
行ってくれたそうです。
今は犬を飼える環境でないけど、団体さんの話も聞いてくれたようで
まずは知ってくれて、そして興味を持ってくれた事、本当に嬉しかったです。


林試の森公園って、都会の真ん中だけど広々として緑に囲まれ素敵な所ですよ。
マイナスイオンがバリバリ(←死語!?)って感じ。。。
以前HIROMI・GOがマラソンしてる!!!なんて話も~

私が幼かった頃は「林業試験場」って名で、木々がうっそうと生い茂り、一般の人は入れず
中々不気味な雰囲気をかもし出してたんですけどね。

不気味といえば・・・

うーーっ、グぉゥーーっ


唸る声・・・めご、順調に回復してます。
普段は唸れば怒るけど、今回ばかりは嬉しく思いましたよ。


e0160568_162292.jpg

          「唸る声が元気になって来た証ってーのも、いかがなものかと・・・」

あなたの事ですけど・・・



24日の昼に一口、鶏肉を食べ、夜には鳥のささみと野菜にご飯を煮て少量を完食。
食欲は完全復活しましたが、週末は雨ということもあってか、ほとんど動きませんでした。

e0160568_1548787.jpg

ソイ君の小さくなったシャツを輪ゴムで調整し、術後着作成↑
だって、縫った糸を口先で起用に引っ張り、自ら抜糸しようとしてるんです(汗)

e0160568_15494280.jpg

                 「フーテンの、めご」 父さんが買って来てくれた腹巻で決着。


でも、まだウン○が出てないぞ・・・今日で5日、固まってんじゃないのーと心配。

やっぱり散歩して、腸を動かさなきゃ!!!と、雨の上がったチャンスに先ほど行って来ました。
あらあら、以外に軽い足取り・・・ほっ、安心。

「うん○出ろー、うん○しろー」と呪文のように繰り返し、散歩終了間近にやっといたしました。


やったー。

珍しく駐車場なんかでしたのですが、近くに他のワンがしたうん○が置き去り・・・
見過ごそうかと思ったけど、車降りたとたん犬の糞とか踏むと最高に頭くるし、
泣きたくなるから、そこに車止める人があまりに不憫で・・・私が拾いましたよ。

めごのじゃないけどさ・・・ブツブツ・・・(怒)

本当に最低限のマナーを守れないって、ムカツク!!!
犬は自分で拾えないんだから、しっかり拾えやーーー

e0160568_15513517.jpg

                     「血圧上がりますよ」

はい・・・。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-27 16:06 | めご | Comments(0)

おかえり。

めご、帰って来ました。

e0160568_1124266.jpg


昨日午前10時半に病院に預け、夕方5時お迎え。
「どーぞ」と呼ばれ奥に入ると、ゆっくりと歩いてくるめご。

思わず「めーたーん」なんて呼んじゃったよ(恥)

e0160568_1125057.jpg

                  「アタシの方が恥ずかしかったよ」

私の中では、抱きかかえて戻ってくる事をイメージしてたので←勝手に
「おー、こんなに歩けるんですねー」と口にし

診察台にあげて下さいと言われ
「えーっ、どこを持って抱っこしたらいいんでしょうか?」質問したら

「普通に抱いて大丈夫ですよ・・・・」

先生や看護師さんに笑われちゃったよ(汗)


傷もきれい、出血もなく、車にも自分から乗ってくれました。
後ろの席で寝かせて・・と思ったら、いつものように前に来たかったようで
運転席と助手席の間まで来たものの、力尽き、はまったままになってたけど・・・。

家に帰ってからは、室内のめご用の布団に寝るかと干してスタンバイO.Kだったのに
外の小屋に入り、しばらく出てきません。

e0160568_1151322.jpg

                  ↑小屋の中でのめご。目がうつろ・・・

自分の一番安心する場所なのかな・・・と、無理強いせず様子を見ながら過ごし
しばらくすると家に入り、を2~3回繰り返し


夜10時50分におしっこ(家族皆、ほっ)


そのまま外の小屋へ入って寝てしまったので、何かあったらと私も1Fで寝てましたが
深夜組の兄ちゃんに「寝る前に何回か様子見て中に入りたがったら居れてね・・・」とお願い。

結局めごは朝まで外の小屋に居ました。
朝、起きて小屋を見ると毛布が追加してありました。
兄ちゃんが寝る前に、足してくれたそうです。
ちょっと嬉しかったな。
まっ、学校から帰った時めごが手術した事忘れてたみたいだけどね(笑)


朝、9時50分  手術後初めて水を飲む   (またまた、ほっ)


時折震えたりしてますが、吐いたりはなく時間と共に元気になってきて
日向でいつものように寝そべったり、小屋に入ったりを繰り返してます。
よろよろ歩く姿が痛々しくはあるけれど、良かった。。。
(負の方向に考える事が得意な私はちょっと疲れた・・・性格変えたい・・・)
朝は、ごはんに見向きもしなかったけど、夜には食べてくれるといいな。

めご、お疲れさん。
週末ゆっくり、のんびり、一緒に過ごそうね。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-24 11:37 | めご | Comments(2)

めご、ガンバ!

今日、避妊手術の為めごを病院に預けました。

小心者の飼主は「大丈夫かな」とドキドキ。
お隣のYさんに
「ダメよ!犬は飼主の気持ち読むんだから」と言われ、冷静を装ってる。(つもり)

e0160568_1133335.jpg

                     「行ってくるよ」


17歳のパルを虹の橋へ見送った後、私は「もう犬は飼わない」って思っていました。
20年近くの時間を責任を持って飼うという事は決して簡単な事ではありません。
でも、兄ちゃんの強い希望で家族で1年近く話あった末、めごを迎えました。


最初、兄ちゃんはめごの子供を見てみたいと望んでいました。
でも、多くの犬達が処分されている現実を知り、私達家族の考えが違ってる事に気付きました。
今は兄ちゃんも草の根ポスターに協力してくれたりします。

知らない事・・・それは怖いこと。

めごは内耳が悪い、てんかん持ち、元気がない日が多いというのもあって、
今まで踏み出せずにいましたが、最近耳も、てんかんも調子が良く元気なので
夏になる前にと思い今回手術することにしました。

e0160568_11155945.jpg

                     「元気だよ!」  

子供を産まない犬がかかりやすい、子宮蓄膿症・悪性の乳腺腫瘍・・・この2つに
パルがかかって死にかけた事もあったしね。

当時避妊手術という知識がなく、パルも発情はあったものの
犬のくせに犬が嫌いで(社会性の欠如!?)犬を寄せ付けなかった事で妊娠は防げたのだろうけど
オス犬もリードから離れ通って来たりしてたので、今、考えると恐ろしい。

10才になった頃急に元気がなくなり、年なのかな・・と思ってたら
ある日突然動かなくなり、急いで病院へ行くと緊急手術。
「もう少し遅かったら、危なかったよ。乳がんも一緒にとっておいたから」と
本来なら親指位の大きさと言われる子宮が握りこぶし大になり、先生がメスを
入れると膿が出てきました。

若さを取り戻したように、元気になったパルは17歳まで長生きしてくれたわけですが
具合が悪くても口に出せず、辛かっただろうと思うと申し訳けなかったな。


今朝はご飯も食べられない、めごの視線が痛くて私もご飯は隠れてこそっと食べ
今、病院にお願いしてきました。
喜んで車に乗ったのに、病院に入り先生にリードを引かれると後ろ足を懸命に突っ張るので
半ば引きずられて診察室に入っていく姿が切なかったな。。。


兄ちゃんも、ソイ君も、父さんも朝出かける前に
「めご、頑張れよ」と声をかけてましたよ。

e0160568_11243711.jpg

               「皆でめごの帰りを待ってるよ」←飼主バカな家族


夕方迎えに行ってきます。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-23 11:37 | めご | Comments(0)

朝、うぐいすの鳴き声で目覚めた時はちょっと得した気分♪

ホー、ケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ・・

何回ケキョを繰り返すのか数えてて、途中で数え切れなくなりました(汗)

タイムリーにソイ君が

e0160568_11121878.jpg

                   「おれ、うぐいすの鳴きまね上手いよ」

と言うので、やらせてみたら本当に上手い!!!
いよっ、芸達者!


e0160568_11132198.jpg

                   「江戸屋子猫ですか!?」

ソイ君の勉強以外への探究心ってホント感心するよね~。


うぐいすって、別名が「春告鳥」とは知らなかった。

若かりし頃、白馬の「春告鳥」ってペンションに泊まってスキーに行ったな~
まだ長野新幹線なんてなかったから、新宿発の夜行列車で朝方4時頃駅に着くと
夜が白々と明けてきて、雪山が朝日の色でまさにバラ色!に輝いて本当に美しかった。
いつかまた見たいな~

e0160568_12323411.jpg

                  「昔の話ばかりするのは、年を取った証拠」

ふんっ。

最近はケーン、ケーンとキジも鳴いてるんだけど、やっぱり春だから?と調べてみたら
『3月頃から、雄はケーン、ケーンと大きな鳴き声で存在を知らせ、縄張りを形成する』そうです。
”雉も鳴かずば撃たれまい”に思わず納得の鳴き声でした。



さて、ソイ君の家庭訪問を明日に控え「一年で一番部屋が美しい」と評される我家。
古い家だから、アチコチの修理で出向く事が多いホームセンターからソイ君と父さんが
「犬のことが載ってるよ」とフリーペーパー「WannyanWalker」を持って来てくれました。

e0160568_12155339.jpg


期待せずにページをめくると、中を見て感動!

8ページにわたり
「犬と猫のために私たちが今、できること」という特集が載ってました↓
e0160568_1219391.jpg



ペットショップでも、里親募集のわんちゃんを置いてくれてる所もあるんですね。

「捨て犬を救う街」の作者渡辺眞子さんのエッセイ
「出会いと別れの季節に思う・・・さよならの時」というエッセイも良かった。



東北地区では10企業にしか置かれてないフリーペパーを読めてラッキーでした。
一人でも多くの人が手に取り、見て、知って、考えてもらえたらいいな。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-22 13:03 | ひとりごと | Comments(0)

柔道のイメージ

一昨日の雨にも負けず、桜きれいに咲いてます。
e0160568_1272856.jpg


東京では入学式には桜!って感じだったけど、岩手は違うんだな~と
引越して来て知りました。

さて、さて、草食系男子が流行の今、肉食系って感じの
柔道のイメージって皆さんどんなものですか?

私は正直、全く興味がなかったし

むさくるしい  とか
デブ       とか
臭そう      とか

こんなイメージだったんです。
っていうか、そう思ってる人結構多いのではないでしょうか。

父さんはずーっと野球部だったし、私は中学でバスケ、高校の剣道部では途中で挫折・・・
退部のお願いに行った時、熱血の顧問から
「お前の目は死んだ魚のように濁ってるぞー」
って言われたっけ。


e0160568_1212338.jpg

                    「今は老眼きてるけどね!」

寄る年波には勝てず(涙)


息子には野球とか、サッカーとか、バスケとか・・・って思っていたけど
以前書いたように、兄ちゃんの運動神経に期待”薄”だったし、
とりあえず何かやってくれればなーと思っていたので、兄ちゃんが自分から
やりたいと初めて言い出した柔道の道に進んだわけです。

でもね、イメージ変わりましたよー。
まず、中学の先輩達が強くてかっこよかったのでイメージがアップ↑↑
へーっ、柔道ってかっこいい子も居るんだ~(って、目の付け所がちょっと違う!?)

そして今時の子達は、臭いにうるさいじゃないですかぁ。
試合や合宿中も、自らコインランドリーに出向くし洗剤だってお気に入りを持参。
だから、そばを通るとふわっとフローラルな柔軟剤の香りとかしちゃう時あるんです。




e0160568_13232192.jpg

                      「まぁ、素敵」



肉体改造してるので決してデブと言うわけでなく筋肉質(注:個人差あり)
割れた腹筋に、亀の甲羅のような背中、無駄のない体!
まっ、これには好みもおありでしょうが。。。
おまけに我高エースのA君なんてジャニーズばりのイケメン♪


e0160568_13243068.jpg

                  「ケッ、兄ちゃんじゃないんだ」



是非、皆さん、偏見を持たずに柔道も暖かく見守ってください(笑)


e0160568_1345893.jpg

                  「偏見持ってたのは、お母様かと・・」

やっぱり・・・!?
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-16 13:44 | ひとりごと | Comments(2)

厳しい現実

とてもショックな事がありました。

ぷりんママさん のブログで知りました。

私達が千葉県動物愛護センターを見学した時、懸命に9匹の仔犬を育ててた
ダルメシアンmixのお母さんが亡くなったそうです。
子育て中だと言うのに、近づいても威嚇することもなく
おだやかなお母さんでした。


痩せてはいたけど、きっと元気にセンターを出れるものと思っていたのに・・・
過酷な場所・・・改めて思い知らせれました。


母として自分の命に変えても、守りたいもの。それを守る強さ。
私も親として見習わなければいけない事教えてもらったと思います。
犬だって、人だって、子を思う母の気持ちは一緒なんですよね。
以前目にした写真でも、収容部屋の中で
処分される日までお乳を与える母犬の姿を見ました。
どんな気持ちでお乳を与えているのか・・同じ子を持つ母として、
やるせない気持ちでいっぱいになりました。


桜、見たかっただろうな・・・
e0160568_1735334.jpg




先週、兄ちゃんが盛岡の整形外科に行く事になったので、帰りに大型SCによりました。
そこにはペットショップが入っています。
2月に見た時にも居たセントバーナードの仔犬が、まだ居ました。
成犬時の体重50~70kgって
いくら岩手の面積が広いって言ったって、そう簡単に飼えませんよ・・・。

とても毛色の変わったポメラニアンもガラスのショーケースの中から
見てる人を威嚇し吠えてました。
ストレスも貯まるよね・・・
近くで見てた若い女の子は
「可哀相に・・・又、値段が下がってるよ」と言ってました。

店頭での生体販売やっぱり反対です。


以前テレビ見ましたが、流行のミニチュアダックスの毛色が変わった仔犬を生ませるのに
近親で交配させる為、奇形や短命な仔犬が生まれ、売る事が出来ないと処分すると知りました。

「変わった色だと高く売れるから」

そんな事の為に・・・
人間の欲って果てがないのかな・・・
人間ってそんなに偉いのかな・・・
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-15 17:58 | Comments(0)

春休み 完結編

普段は、中々旅行出来ない母と帰省時に一泊近場の旅へ!!


出発日の朝、姪のフラワーちゃん”おたふく風邪”にて、全額キャンセル(涙)
母である妹とフラワーちゃんに後ろ髪を引かれながらも向かったのは

マホロバ・マインズ三浦

都心から62分と近場なので、結構人気があるらしいよ。

e0160568_16421335.jpg


ホテルの前に、城ヶ島へ立ち寄り。
e0160568_16423978.jpg


懐かしいな~。兄ちゃんが小さかった頃、何回か遊びに来たんだよね。
水も透き通ってキレイでした。

e0160568_164384.jpg



ホテルに到着すると、春休みということもあって小さい子供さんを連れたママさんグループや
お孫さん連れのご家族でいっぱーーーい。
受付だって、銀行みたいに並んで順番待ち。こんなの初めて・・・。

10人一部屋になれるなんて中々なくて嬉しい。部屋はコンドミニアムみたいな作りの3LDK!!
これは素晴らしかった♪リビングなんて20畳くらいあったよーー。
でも、貧乏性だから、広すぎて落ち着かない気もしたけど・・・
部屋から見た外の景色も窓が大きくて最高でしたよ。
e0160568_16442955.jpg



でも、とにかくホテル内何処へ行っても人・人・人で、なんか疲れた~。
夕食だって別棟まで歩いて行って、朝食も順番待ち、お風呂も遠いし・・・。
高齢の母には、こじんまり&ゆったりの方が良かったかも。

そして、やっぱりここへ・・・

e0160568_16552871.jpg

目黒不動尊。私達は”お不動様”と言います。
今回は一人で行きました。初めてかな、一人で行ったのは・・・。
色々お願いしたい事もあったし、落ち着くんだよね。
e0160568_16555745.jpg


兄ちゃん(申年)、母(未年)の守本尊
e0160568_16564158.jpg

しっかり手を合わせ・・・
e0160568_16572535.jpg


e0160568_1725664.jpg

こんな桜を後に、家に戻りました。

高校時代の友人達に冬休みも今回も会えなかった事が心残り。
次回は是非会いたいな~。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-12 17:07 | Comments(2)

 続・春休み

e0160568_11161952.jpg

「めご、行って来るねー」、見送ってくれるめごの視線が遠ざかる。

盛岡行きのバスにソイ君と乗り込む。
新幹線の切符はえきねっとで手配済み!後は駅の券売機で受け取るだけだよん。


e0160568_1119529.jpg

                     「いつもの通りだね!」


普段は控えなんて印刷しないけど今回は何故かしてみた。←嫌な予感・・・
山道続くバスの中、ふっとその控えを見てみた。

行き    東京→盛岡
帰り    東京→盛岡

何度も見返し、指差し確認しても同じ。
・・・・・一瞬にして血の気がひいた(まさにこの言葉の形容がピッタリ!)
往復東京からの切符じゃ、乗れねーーー。


何やっちゃってんの、私!?

もう盛岡向かってるよー。しかも、ソイ君も一緒だよー!
バスの中で携帯の通話は無理だから、メールで父さんに連絡し変更を頼んでみる。
普段温和な父さんにも「何やってんだ!」と怒られ、平謝り・・・。
「返す言葉がございません」
自分で自分が情けないの一言に尽きる。

こんな時に限って
兄ちゃんが充電を勝手に切ってたから、電池マークもギリギリ(勝手に抜くなーアホッ)
頼んでから1時間、山中で電波が入らないので連絡も取れず
静かに、ただ、ただ席が確保出来る事を願うばかり。

やっと電波が入り、取れたのは3時間半かかるやまびこ(通常は2時間20分)のグリーン席のみ。
私とソイ君がグリーン席・・・もったいなさすぎる(号泣)

でも、自業自得だし・・春休みだし・・土曜日だし・・・それしかないし・・約束してるし・・ボソボソ・・

待ち合わせを1時間遅らせてもらい、冷や汗をかきながら、7時間かけて到着。

e0160568_11255100.jpg

                     「以後気をつけてよ」

はい・・・ショボン。


そして、待っててくれたのは
OL時代の先輩ぷーどるさんと後輩のFちゃん。
岩手に来てからも毎年横浜ランチをしてたけど、子供の成長と共に帰れる時間が
短くなってしまい、この日会うのは5年ぶりかな・・・。
いつも一緒に会ってた先輩の一人が入退院を繰り返してると年賀状を頂き、
やっぱり時間を空けずに会いたいなーと思って今回の再会となりました。


ぷーどるさんもFちゃんも変わってなかった~。楽しかった~。
昔話、今話、そして犬の話で時間はあっという間に時間が過ぎちゃった。

Fちゃんは、里親さんになってジャックラッセルテリアのジャック君を家族に迎えたそうです!!!
”里親”と聞いて、とっても嬉しかったよー。
先代ミックスわんも、最後まで看取ってくれたM家だから
ジャック君も大丈夫!良いお家に貰われて、幸せだね♪
そして、そして、
ジャーーーン!


e0160568_11271934.jpg

ぷーどるさん家のキャバリア、ロック君で~~~す!

帰りがけに、一緒に散歩させてもらって楽しかったなー。
ロック君、13kg。。。Fちゃんと二人聞いてビックリ!
柴のめごより大きいのよ~。
ずーっと尻尾振って愛嬌があって、本当に可愛いの♪
めごに愛嬌をわけてほしいわ!

e0160568_11414634.jpg

                 「何かおっしゃって!?」

キャバリアは人間が大好き!って聞いてたけど、本当にその通りなんだ~。
ぷーどるさんも、先代犬ラッキー君の最期を看取った方なので、ロック君も安心だよ。

わずかな時間だったけど、本当に楽しい時間をありがとう。
これからも1年に1度は会いましょうと約束して別れましたよ。

皆、それぞれに時を重ね色々な事があるけれど健康だから会えるんだよね。
出会いがあり、別れがある中で20年以上ものお付き合いをしていただける事
改めて、とても有難く、嬉しく思った春の午後でした。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-10 12:12 | わたくしごと | Comments(2)

わたくしごと

強風のある日。
ポタッ・・・ポタッ・・・。
んっ、何が落ちてるの!?と床を見ると、自分の鼻水だった。
恐るべし、花粉症!

e0160568_10555283.jpg

                  「それを見た人の方が怖いわっ」


誰も見てなかったわよ~。
そう言えば、まだ20代の頃、前歯の治療で、麻酔したのね。

e0160568_11151559.jpg

                          「うん、うん、」

麻酔するとしびれて、口びるの感覚ないじゃん。
気付いたら、よだれたらして外歩いてたよ---(涙)
あれは人に見られてたね。


e0160568_10561857.jpg

                   「聞かなかった事にさせてください・・・」

あーぁ、あの頃は若かったな。。。

若かったと言えば5日は私の誕生日でした。
4月は誕生日あり2日違いの結婚記念日ありのイベント月!
今更、誕生日もないんだけどね。

いつからだろう、誕生日が嬉しくなかったり、自分の年を忘れる(笑)ようになったのは・・・。



父さんは付き合い始めてから21年。誕生日には毎年お花だけをくれます。
e0160568_11143286.jpg

                    


兄ちゃんとソイ君からはCDを
e0160568_1059148.jpg


カーペンターズにアバ・・・年がばればれ。


e0160568_112124.jpg

遠く離れた友人からはカードが届きました。
手書きのカードって、なんだか温かいよね。

年を重ねるごとに思うけど、自分は年に負けていないか・・・って。
人として、年相応の厚みがあるのかなと自問自答するけど全く自信がない。


e0160568_115574.jpg

                    「体の厚みは十分だよ!!」

・・・・・・・・。


でもね、今年気付いたことがあるよ。
私も人に「おめでとう」って言う時、その人が居てくれて良かったな~と思って
メッセージ送るから、
もし、私が1つ年を取った事を一緒に喜んでくれたり、私が居て良かったな・・・と
少しでも思ってくれる人がもし居たととしたら、とても嬉しくて
そう思ったら、誕生日も悪くないじゃん・・・なんてさ。


e0160568_1153557.jpg

                    「私だけかもしれないね」

・・・・・・・・。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-09 11:31 | わたくしごと | Comments(2)

センター見学 追記

私達が見学した日(3/31)に居た猫は負傷した猫以外は一匹の子猫だけでした。
私達が入ると、みゃーみゃーと懸命に声をあげていました。
でも、多い日には70~80匹も居るという数の多さに驚きました。
「そんなに多くては、助けたくても助けられない」と職員の方がおっっしゃってました。

e0160568_143879.jpg


千葉県(千葉・船橋市を除く)の犬・猫の致死処分数は

平成18年度は13,909頭
平成19年度は10,588頭。

全国でワースト3位、平成19年に減少しているのはボランティアさんの受け入れにより譲渡数が増えた為だそうです。

ちなみに岩手県では平成18年度の保健所での引き取り数は3,684頭。
引き取り数の半減、返還率・犬の平均年齢の引き上げ、猫の屋内飼育・去勢手術実施の促し等
計画推進目標をかかげています。
私の住んでる市町村の管轄内では、殺処分されてるのは約70頭。
成犬も問題のない犬は譲渡、
仔犬等の処分・持込はほとんどなく、里親希望で待ってる方も居られるそうです。
それでも、70頭・・他より少ないから良いではないんですよね。

e0160568_1454127.jpg


見学してから・・・

ソイ君は収容等のにおいの事をいってました。
「なんて言ったらいいか、わからないにおいだった。くさいとかじゃないんだ」と。

きーさんは
「私にも何か出来る事ある?」と聞いてきました。

「あの、わんちゃん達の事知らない人に、センターから犬や猫を引き取る事も出来るって
教えてあげることは出来るよね」

「そうだ!友達で犬を飼いたいって子が居たから、話してみる」

と言ってました。

子供達の心は色々な意味で、良くも悪くも純粋だと思うんです。

捨てられてる、犬や猫を見て
「可哀相」と拾ってきてしまう。
自然な反応と思います。

犬や猫を放棄する人だって、子供の頃があったはず。
どうしてだろう?
なぜ、変わってしまったのだろう?

e0160568_14312575.jpg



犬達が追い込まれ、ガスを注入される場所は”ドリームボックス”
とも言われてるそうです。
彼らにとってのドリーム=夢は、処分されることではなく、センターを出て
大事にしてくれる飼主と幸せになることなはずなのに・・・。


2機ある焼却炉も恐ろしく大きく感じ、どれだけの税金がつぎ込まれているんだろうと
考えさせられ、高熱で焼かれた犬・猫達の骨は粉々になり、ゴミとして処分される・・・
こんな事に税金を使われるのは納得いかないと、怒りを覚えました。


                 


e0160568_1413514.jpg

                  仔犬舎で飼主さんを待ってる子達


センターの見学者はカウントされ報告されるそうです。
又、センターの子達を預かれる方が一人でも居れば、1つの命を救う事も出来るそうです。

写真を見た父さんも、妹も、甥っこも今度は一緒に行ってみたいと言いました。
私も又行きたいと思います。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-04-08 14:27 | わんこ | Comments(2)