カテゴリ:家族( 220 )

20日の予定を19日の夜に札幌で決め始めた 父さん
北海道行き 4ヶ月も前に 決まっていたというのに全く・・・

旭山動物園と最初言っていたのに
なぜか 決まったのは 富良野
しかも ドラマ「北の国から」の家めぐり(爆) ぽちっと → 

ドラマ観た人   約2名 (父・兄)
ほとんど観てない 残り2名

「つまんねぇだろっ!!!」の意見は無視され

のんびり朝起きて のんびり 出発(←これ でっかいどうでは NG)


富良野 間近の  三段の滝 「マムシ出ます」に 恐怖。
e0160568_16443715.jpg

お昼にやっと 到着。
富良野と言えば 花 なのに 唯一見た お花畑。


e0160568_16461911.jpg

お昼は ファームレストラン 「あぜ道 より道」さん。
e0160568_20093183.jpg

トリトンさんに 続き すっごーい人で
1時間待ちました(汗)


e0160568_16510154.jpg
やさいカレーの私と
その他3人はベーコンカレーをチョイス。

e0160568_16525159.jpg
安易に大盛りにするなかれ!
サラダだけでも お腹いっぱいになる勢いです。
野菜も ごっろごろ
ベーコンも分厚い!
カレールーが野菜の甘みで 美味しいのっ~
待った甲斐があるお店でした。

そこから向かったのが 「北の国から」 家めぐり。

e0160568_16561949.jpg

うれしそうな 約2名

e0160568_16564937.jpg
やっぱり 嬉しそうな この2人

まぁ、ファンにはたまらないでしょうね~(にわかファンだけど)

「やっぱり 旭山動物園が良かったな・・・」
私の呟きを聞き逃さなかった 同士ソイ君(笑)


五郎さん(田中邦衛)の帽子まで購入し
店員さんの「トラクターと是非写真を撮ってください」を真に受ける52才。
e0160568_20083681.jpg

なりきる 3人
個人的に バカうけ(笑)
e0160568_20080495.jpg

もう すでに ここで かなりの時間が過ぎ

父さん希望 夕張の 「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地は
時間的に到底 無理。

北海道 でっかいどう なめたら いけません。

夜は 兄が予約してくれた

e0160568_19574036.jpg
美味しかった ジンギスカンと生ビール♪

家に戻ると 母と兄から 銀婚式のサプライズケーキ ありがたし。息子たちからは 何もないけどなっ。
e0160568_20072578.jpg
果たして 30年目はあるのか!? 疑惑の似非夫婦。
北海道もう少し続きます。
[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-28 20:22 | 家族 | Comments(0)


お待たせしました~  って、誰も待ってないかもだけど(汗)

さざんか家 シルバーウィーク 
父さん 15年来の熱望であった北海道に渡りました。

今年4月 父さんが 再検査となり
再発の場合 かなり厳しい状況
その時 きっと 
「北海道に行っておけば良かった」と必ず悔いるなと・・・

もし 結果が ”吉”と出たら
必ず 行こう!
そう決め 5月半ばに出た 有難い吉報。

さざんか家的に 珍しく そこからの 準備開始。

が、出発当日 津波注意報に 台風に 大雨(泣)
まっ、そんなものです・・・

めごと 船苦手な 私の最良の方法を模索し

michina.fさん の 北海道旅行のブログを参考に
選んだのは    青森⇔函館 の 津軽海峡フェリー  
犬に優しい 「びなす」号 と 「ブルードルフィン」号。

ワンコ連れは 出航時刻の1時間前にチェックインの為
5:20発 には 4:20分には乗り場に。

どんなに揺れるんだろう
めごは 大丈夫かな・・・

そんな不安から ほとんど 眠れず 
夜が白々と明けて来た頃 青森港より乗船

e0160568_19584241.jpg

e0160568_20021254.jpg

めごっち ゲージin で 向かった ドッグルーム
部屋の中では ワンちゃんもフリーでO.K。
「ケンカはしないでね」とフェリーフロントのおじさま。
「合点承知」のめごっち(笑)

e0160568_20031597.jpg

ドッグルーム滞在の我家と
2コーギー 連れの ニセコに向かう感じの良いご夫婦
写真の 黒柴ちゃんに ヨーキーちゃんご家族 2等室へ移動されてましたが
ゲージ内 2ワン ウンでもなきゃ ワンでもない お利巧さん。

我家は・・・ こんな感じ。

e0160568_20074501.jpg

 
2等客室は とにかく 人・人・人で満員で ビックリ(汗)

こんな天気でしたから 途中かなり揺れましたよ フェリー。
めごは 平気だったけど
酔い止め飲んで正解だった私。

e0160568_20094108.jpg

それでも 定刻通り 
は~るばる来たぜ函館へ~♪
到着!
素晴らしいね、津軽海峡フェリーさん。

まず向かったのは 父さん 唯一 調べてた 大沼公園の
元祖 大沼だんご の 沼の家さん

e0160568_20163744.jpg

e0160568_20182413.jpg

そして 朝3:50分から 何も食べていなかったので

函館名物 ハンバーガー ラッキーピエロ さんで 朝食。
e0160568_20223283.jpg

朝 10時開店早々 行列にビックリ。
e0160568_20283417.jpg

噂に違わず とっても美味♪
人気に納得!
ボリューミーですので
50代夫婦は 朝昼兼用。

そこから 一路 目指したのは
やはり このコの お家。

e0160568_20335570.jpg

渋滞アリで 15時到着。
前夜 到着済の 母&ソイ君。
19日 午前 納品の仕事済ませ 仙台→千歳 で夕方着の兄ちゃん。

全員が揃い

どうしても 家族を連れて行きたかった
回転寿司 トリトンさん。

e0160568_20385220.jpg


予約してたにも関わらず
連休もあって
1時間半待ちの大人気店。

5月の後ろめたさ を これで晴らした さざんか スッキリ!


兄家に戻り
そこから明日の予定を組み立て始める 
父さん アナタって人は・・・(呆)

さぁ、どうなる?
2日目の北海道。


《追記》

私の記事削除のミスに コメント下さった皆様から
温かな言葉とお気遣いを頂き
又、記事を拾ってお知らせ下さった方がいらして
こうして再度投稿することが出来ます。
本当にありがとうございます。






[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-26 13:52 | 家族 | Comments(0)

大雨だけど

台風通過中だけど

津波注意報出てたけど


e0160568_15214555.jpg

こんなお守りたちと 一緒に
今晩ちょっこら旅に出て参ります。

さざんか家 得意の「突撃となりの晩御飯」的 ではなく
珍しく用意周到ながら なんの予定も決まっとらん旅です。

e0160568_15280320.jpg
                    「あたしゃー 行きたくないよっ!」



やっぱり!?(笑)

でもさ シニアなめごっち 最初で最後だと思うから

思い切って

行ってみよー
やってみよー

途中更新出来るかな。。。
出来ないかな。。。。

[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-18 18:02 | 家族 | Comments(2)

「ミャンマー便り」 に

nonさん  michina.fさん に コメント頂いた 翌日


「お腹こわしました」 と ソイ君。


あっ、 あまりに 予想通り過ぎる 展開・・・

「正露丸飲み過ぎると 便秘がつらいよ」と兄ちゃん。


バガンを
モーターサイクルで周り
仏塔にも飽き(←ミャンマーあるあるらしい)

カレーの夕飯
e0160568_14564550.jpg
偶然 お隣の席は 滋賀県から来た 大学院生さんだったそうです。


バガンのハイライト
e0160568_14580426.jpg


e0160568_14582657.jpg


e0160568_14584636.jpg

のどかです。
牛さん  白黒じゃないね。

e0160568_14591573.jpg

ホップ!?

e0160568_15000285.jpg
宿のベンチに座っていたら足元に来たそうです。
ミャンマーの犬はみんな おとなしくて 良いコばかり
武士道な犬は居らんのね(笑)

バガン インレー湖観光して
ヤンゴンに戻り 2泊

この頃には「日本に帰りてぇなぁ」と一言。

建設ラッシュのヤンゴンも水害

e0160568_15070346.jpg

お金が尽き キャッシングできるATMを
一日中 徒歩で探すも
無駄足(号泣)
東京三菱UFJがあっても ダメだったらしく

結果 最終日 食事も あまりとれず(可哀想すぎる)
機内食を当てにし 空腹で搭乗するも 夕飯ではなく軽食だったらしく
仕方なくビールを頼んだら気分が悪くなるという始末(泣)

だったそうですが

今朝 無事に 帰国の連絡が来ましたー。
痩せて 日焼けして 戻ったようです。

「Tちゃん 心配で眠れなかったのでは?」と風ママ。

いやいや 寝てましたー(笑)が

本当に  本当に ”ほっ”

全くの個人手配旅行 心配は多大でしたが
母的には とても LINEに助けられました。
電話もキレイな音声で すぐ近くで話ている感じ。

色々な 意味で
沢山のカルチャーショックがあったことと思います。

連休に会える予定なので
今から お土産話が とても 楽しみです。






[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-16 15:35 | 家族 | Comments(4)

ミャンマー便り

LINEのおかげで 
wi-fi設備がある場所だと
ソイ君から連絡が来ます。

「アジアの洗礼を受けました」

早速・・・ そう 早速
ガイドの少年に
盛大にぼったくられ たそうです(泣)

言わんこっちゃない・・・・

フィリピン、タイ、韓国、バリと
東南アジア旅してる兄ちゃんから
色々 LINEで指導されてましたー

観光初日から凹むけど
逆に怒りと共に緊張が吹っ飛んだようです。

e0160568_15113353.jpg
                     「ケガの功名ってことかな・・・」
                   

私も 全く知識内がない ミャンマー
地図 見てみた (いまさら)


e0160568_14483231.gif

1~2日は ヤンゴン滞在してた様子

e0160568_14510242.jpg
中々の街ですねぇ。。。


e0160568_14514127.jpg

e0160568_14523424.jpg

東南アジアらしい 雰囲気。

ミャンマービール 美味しそうです♪


e0160568_14530911.jpg


そして 聖地 シェーダゴンパヤー 

e0160568_15064123.jpg


「自分の生まれた曜日の場所で祈り
やっとミャンマーに来て良かったと思えました」だって。。。

「ソイ君、こういうのに興味あったんだねぇ」と父さんと驚く。

2日間の宿泊先は
アッガゲストハウス という所で
宿の人たちは とても良い人達だそうです。
そうそう、良い人の中に まれに 悪い人もいるんだよ。


今日は国内線で移動し

e0160568_15090484.jpg

e0160568_15084449.jpg

バガンに到着したようです。

次 wi-fiつながるのは
いつかな・・・

残り 6日
母の心配は まだまだ 
続きそうです。









[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-09 15:33 | 家族 | Comments(4)

ソイ君
今日 旅立ちました 
ミャンマーへ・・・(爆)

なぜ ミャンマー!?

兄ちゃんのインド行きの時と全く同じ反応の母。

「可愛い子には旅をさせるのか!? その1」 → 

「可愛い子には旅をさせるのか!? その2」 → 

しかも 決まっているのは
往復の飛行機と国内移動の飛行機に 一日目の宿のみ・・・・
バックパッカー というやつらしいです。

「大丈夫なのかな・・・」
祖母・両親・兄・バイト先の皆さん 共通の言葉。


「ソイ君 そんなキャラだったっけ?」と風ママ。

「M家の誰に似たの?」と 父さん友人。

そうなの、そうなの・・・
心配性及び小心者の子供とは思えない。

すぐに賛成はモチロンできず
色々後ろ向き(←得意)発言もしてみたが
ソイ君の意志は変わらず

いつも最後の決定的な約束は
「無事に帰って来ること」 これのみっ!

確かに調べてみると ミャンマーは治安も良く
日本にも友好的で初めてのバックパッカーに適してはいるらしい。

たまたま 兄ちゃん同期の海外営業の人が
ミャンマーの人で 東京で色々お話聴かせて貰い
「現地で困ったら この人頼りなさい」と連絡を取ってくれたそうで
本当に有難い心遣い。

ツアーでも グループでもない 母ちゃん 泣きそうなくらい心配で(笑)
だから とても とても 心強かったー。

同期の方に、そして兄ちゃんに感謝。

「ミャンマーという国を知らない人も多い中
 自分の国を訪れてくれて本当に嬉しい」と言って下さったそうです。

今朝もドシャ降りの中 大きなリュックを背負って 出発したようですが
成田からの「行って来ます」LINEには


e0160568_16473835.jpg

「行ってこーい \(*^^*)/」 母。

「楽しんでこーい」 兄。

「バイビー」 父

明るく 3人で送り出しました。

気を付けて、気を付けて、楽しんで
そして一回り成長して

帰りを待つ ひたすらに待つ 今日からの10日間。





[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-07 16:55 | 家族 | Comments(2)

ひとやすみ。

9日に帰省し 超繁忙期の10日からお盆まで
お店を手伝ってくれた ソイ君 今朝 帰りました~

今まで子供にお店を手伝わせること好まなかった父さんでしたが

「今年はさ、手伝ってもらわない?」私の提案に
「そうするかな・・・」と珍しく 気弱
Oさん あっての繁忙期乗り越えだったからね。

ソイ君も 快く O.K。
疲れがたまって来たタイミングで帰って来てくれたので
父母ともに、気持ちもラクになり本当に助かりました。

滞在中は 友達と会うほかは 釣り三昧 
小鯖を釣っては 自らさばいて 唐揚げに(ビールのつまみに最高♪)

うち一日はホップ家と 遠出の釣り
大物(ソイ 37cm)釣ったのは 残念ながら 父さん(笑)
e0160568_13555194.jpg
でも
暑い 暑い 東京でのストレスを存分に発散出来たかな~

兄ちゃん→ホップ家→ソイ君 が 帰って
家が広くなって 寂しくなったら

疲れが どどーーっ。

e0160568_13402268.jpg

めごと 一緒に ひとやすみ ひとやすみ。



[PR]
by pi-pal-mego | 2015-08-20 13:56 | 家族 | Comments(2)

お盆やすみ。

一昨日で4日間のお盆休みも終了
岩手県内の小中学校も始まり、吹く風に秋を感じるようになりました。


年明けから 社会の荒波にもまれ続けている兄ちゃん
海行って のんびりして 今年も高校柔道部仲間とBBQして
16日 「嫌にならない内に」(笑)と、帰って行きました。
少し 気分も落ち着いて来たかな・・・

鶏のから揚げ、なすの煮びたし、ラタトゥイユ、肉じゃが、お米
重くウザい母の愛 持たせました。


そして、そして今年は 久々 この ご家族が!
e0160568_12324329.jpg
               「さざんかさん、おいらホップっす」

いらっしゃ~い。


ホップ家 りんすけ 高校野球部3年間 部活・部活の毎日
あと一歩という所でレギュラーの座を逃してしまったけど
本当によく頑張って 頑張って 頑張りましたーーー。
ベンチに入る人も 入らない人も 皆同じ練習してるんだもん。
試合に出ることが出来る人の方が楽しいに決まってるよ。
それでも真面目に続けたこと悔いなし!ってことで、夏休み♪



e0160568_14124454.jpg
                    「行き 9時間(順調)、帰り12時間」


遠く 遠く よく来てくれました~

到着日は 手巻き寿司

2日目 釣り & BBQ

e0160568_14143736.jpg


そして、いつも車酔いしてしまうホップが
e0160568_14150331.jpg
               「今回 ノーリバース!!!」完璧でしたー。やったね♪



東京から来たら
三陸は本当に何もなくて
あるのは雄大な自然のみ

それでも「来てよかった。楽しかった」と言って貰えること
とてもうれしく思ってます。

今年は風家 ダブル受験で断念したけれど
また いつか 夏合宿 皆で出来たらいいね~

忙しかったけど
ホップ家のおかげで
楽しくリフレッシュできた

さざんかの夏休み。



[PR]
by pi-pal-mego | 2015-08-19 16:29 | 家族 | Comments(2)

おばバカ記事 ですので、どんどんスルーしてください(ペコリ)

風つんのモデルデビュー に 続き

風家 きーさん

なっ、なっ、なーーーーんと 

新聞に載っちゃったって~~~(良いことでなっ)

e0160568_22131692.jpg
読売新聞さんの夕刊!

右下が きーさんですの オホホっの ㇹっ♪

って、我が子じゃないですけどねぇー(笑)

風ママ曰く 上下で900円のコーディネートなんだって
尚更 イイね!!!

小さい頃 三陸に来ると 森に向かって

「トトロぉー 出ておいでー」と さけんでた きーさん。
一緒に 千葉の愛護センターにも見学 に行ったね。
素敵女子に成長中。

女子だけど さばさば それも 又 魅力的☆

夢に向かって かなり 頑張り中。
応援してるよっ!!!
 


[PR]
by pi-pal-mego | 2015-08-09 22:31 | 家族 | Comments(6)

涙雨

仙台からの帰りのバスの中
「手が空いたら連絡下さい」
と、父さんからLINE。

こんな事は滅多にない

「何かあった?」にも返信がなく
なんだか嫌な予感がした。

もしや めごになにかあった!?

盛岡に着くや否や連絡すると

お店をお願いしてた Oさん が 前夜 急逝されたとのことだった。

言葉を失った。


その日も 普通に 働いて
「来月は忙しくなるな」とお中元の準備もしてくれて
めごの散歩もいつものこと。

「また、明日来るから」と帰宅したのに・・・・
健康そのものの人だったのに・・

父さんの入院が決まり絶望にも近い気持ちだった。
でも、Oさんのお陰で乗り越えることが出来た。

「大丈夫、あと10年は稼げるから。力になれるから!
 いつでも(東京へ)帰って来ていいんだよ」

いつも私たち夫婦を気遣ってくれて
働き者で、生真面目で、欲もなく、
ひたすらに皆に喜ばれることを生き甲斐にしているような人だった。

「お店の前で Oさんが めごちゃん めんこ めんこしてたよ」

仙台に友達がくれた メール。

Oさんの足音や自転車を止める音がすると
めごは玄関の前で待ち
キャンキャン ヒュンユンと大歓迎
確実に兄ちゃんやソイ君よりOさんが大好きだった。

「めご、 もう Oさんに会えないんだよ」

めごは わかっているのかな・・・。

私たち夫婦にとっての恩人
そして 大切な 大切な 存在のOさんの死
大きな支えを失ってしまいました。

でも
その お顔は 穏やかに 微笑んでいて安らかでした

「お店で働いて、Mさん夫妻とめごちゃんと関わるOさんは
とても楽しそうでしたよ」

旧知のママ友の言葉に救われる。

なんで?なんで?
こんなに早く、こんなに急に・・・

でも、やはり最期の言葉は
ありがとう 

出会えて 
縁があって
本当に良かった。

天国から見守っていてくださいね。

合掌



[PR]
by pi-pal-mego | 2015-06-28 20:35 | 家族 | Comments(2)