カテゴリ:震災( 68 )

それぞれに それぞれの・・・

桜 咲いた頃
仙台へ行きました。(


三陸自動車道が アチコチで つながり始め
時間の短縮と共に今まで通っていた道も通らず、
寄っていた道の駅も行かなくなるな~と

結構お気に入りだった 林林館 へ 
お野菜にお豆腐、お揚げが美味しいの。


食堂で 登米市のB級グルメ 「油麩丼」を食し

「月曜から夜更かし」で紹介された
e0160568_14572606.jpg
 源氏ボタルアイス

興味深々で 兄ちゃんのお土産に(笑)  


e0160568_14572585.jpg

ハチ?いや ホタルらしい(笑)

味は黒ごま。

ここには 牛タンアイスとか 三陸うにアイス とか
”怖いけど(笑)気になる” お味のアイスが並んでおりました。

場所を三陸自動車道 『道の駅 三滝堂』に移し
販売される商品もある感じ。


そして 以前 心に響いた 番組

そしてイナサは 吹き続ける ~風寄せる集落の11年

《番組内容》
仙台湾に大漁をもたらす海風「イナサ」。
この恵みの風に包まれ、1700人が暮らした仙台市荒浜は、
東日本大震災の津波で集落ごと流された。
人々は仮住まいの中、浜でのつながりを頼りに苦難に立ち向かってきたが、
今年、仮設住宅が閉鎖されバラバラになる。
震災5年目に訪れた“集落解散”。
人々はどのように受け止め、どのように生きていくのか。
NHKが11年前から撮り続けてきた映像で、震災を生き抜いた人々の姿を伝える。
(NHKオンライン マイ番組表より)


兄ちゃんの家から近いという事もあって
一度 行ってみたかった。

漁業と田畑の営みを 
根こそぎ断ち切った 3月11日。

荒浜小学校は 唯一 津波に耐え
300人の命を救ったそうですが
震災後 閉校となり 震災遺構として
公開されています。


e0160568_14572615.jpg


海水浴客でにぎわったであろう 砂浜
e0160568_14572729.jpg



e0160568_14572883.jpg


私の住む町から 兄ちゃんの住む仙台まで
被害のあった沿岸を 4時間近く 車で走ります。
延々と続く 浸水地域

その被害の大きさ
復興の遅れ いや
復興とは?

いつも そんなことを考えながら走ります。

被災地 被災者
どこも 誰も 同じではなくて
それぞれに それぞれの
6年があると
改めて 重く 強く感じた 春の日でした。


[PR]
by pi-pal-mego | 2017-05-26 23:25 | 震災 | Comments(2)

不漁続き

三陸さざんか地方 主力 名産品
は 言わずとも知れた 海産物

秋の サンマ

冬の 鮭・スルメイカ・毛ガニ

今年は 全て 不漁です。 



e0160568_12024011.jpg

(H29年2月7日 岩手日報より)

イカ 1杯 ¥1000- と

見たこともない 驚愕のお値段 
兄ちゃん大好物の 塩辛も お高すぎて作れず

鮭が不漁=イクラも不漁

元々高級品が 最高級品に・・・

岩手に引っ越して来た頃

秋刀魚=お裾分け

今では頂くことも滅多になくなりました。

初物も地元の人より 目黒の人の方が先に食べているかも…(苦笑)

漁業者の悲鳴が聞こえてくるようです。
[PR]
by pi-pal-mego | 2017-04-14 20:02 | 震災 | Comments(2)

6年目の3月11日  ~かすむ復興~

波に消えた 無念の数々に心を寄せる
6年目の3月11日

14時46分 黙祷

やはり涙が出てしまう

「津波さえなかったら・・・」

こんな私たちでさえも 思う。


今朝もまた サイレンの音で目覚めた
訓練なのに 携帯の災害緊急速報まで鳴って
心臓に悪いよ。

雪が降ったり やんだり
あの日も こんな風に 寒かった・・・

ここ1週間ばかり
メディア等でも取り上げられていますが
6年 変わらず見守り応援くださっている方に
やはり いち被災者として 記事にしなくてはと思います。


私 個人の想いですし
元々の性格もあって 決して明るい記事ではないので
お気持ちが下がる方は スルーしてくださいね。
e0160568_17345501.jpg

災害公営住宅への移転も進み
仮設の集約も始まっています。
今、仮設に残られている方々は
住居の建設を待たれている方が多いかな・・・

6年という 長い時が経ち
災害公営住宅完成を待てず  入居を辞退
(空き1394戸)
かさ上げした土地に戻らない方も多くなり
町として機能するかどうか・・・

6年は長く
時の経過は人の心も状況も変えて
当たり前です。

住民が不要と言っても
どんどん作られる 防潮堤や水門


道路は整ってきたけれど
やっぱり 何より大切なのは ”人”

「これで工事関係者がいなくなったら・・」

最近 よく聞く言葉です。

私自身も
人の減少は商売にも直結し
重くのしかかる 震災での借金
先の不安だけが 膨らんで

「私の人生はいったい何なんだろう」

ここ最近
そんなことばかりを考えてしまい
今までになく
自分の心をコントロール出来ずにいました。

生きることは 本当に大変

そして

福島のこと

いまだ終息の目途もたたないのに
次々 再稼働 の なぜ?

ネットのニュースでは
福島の職員の方が昨年9名も命を絶たれていると・・・

何の罪もない子供が傷つき

「これが宿命だから」と
15歳の子が口にする・・・

時間の経過が
辛さを増すこともあるのだと
改めて 感じる6年目

そんな私に届いた
温かな メッセージや贈り物

e0160568_17373759.jpg

e0160568_17382636.jpg


時が経ても 変わらず 寄り添って
ご注文を下さったり
想いを届けて頂けることに

深く 深く 感謝 の 6年目です。

そんな 優しいお気持ちに とても とても 救われています。

 






[PR]
by pi-pal-mego | 2017-03-11 11:48 | 震災 | Comments(4)

余震

先ほど、津波注意報 解除されました。


嫌ぁーな 揺れでした。
長く 長く 続く 横揺れ

震災 思い出すちゅーのっ(泣)

最初はね
まぁ、津波は 大丈夫だろーと ちょっと甘く見ていたが
(震災経験者として あるまじき行動 反省)

仙台 1m40cmの報道 に ちょっと焦り

直後 兄ちゃんから

「多賀城(仙台)の川が 逆流してます。避難して」

の LINE に 震災の光景が蘇り 心拍数があがる。

サイレンは鳴り続けるし
携帯は鳴るし

精神衛生上 本当に よくないわー

車も移動させて 避難準備 (父さんが)

お店は浸水地域なので 私とめごは自宅待機。

結果 何事もなく解除となったけど

津波 ⇒ 台風 ⇒ 津波

これは シャレにならない

でも、  「絶対」  はないしなぁ・・・

震災の2日前にも 同じような地震があったから
ちょっとの間 気を付けないと だし

再び 気を引き締めていかないとなぁ。

穏やかな日は続いてくれないねぇ。

メールや LINE 本当に ありがとうございました。

いつも ご心配ばかり
ごめんなさい。







[PR]
by pi-pal-mego | 2016-11-22 13:46 | 震災 | Comments(2)

店舗移転から5年

保険会社の お姉さんから


「今日、お店を 創立されたんですよね~」 と頂きました♪

a0205377_15333862.jpg

先代である 父の代からの 営業なので
父さんと 二人で 一瞬 ??? でしたが


「あぁー、震災後 移転し 再スタートした時の事だね~」と。


改めて あれから 5年が経つのだなぁ・・・しみじみ。


保険会社のお姉さんとも 新店舗からのお付き合いだから
5年かぁ。。。

優良顧客ではないのに
毎週必ず1度 顔を出してくれる真面目なお姉さん

こんなお花まで
ありがたいな~

今日は 少し 涼しいけど
梅雨明けから 連日30℃超え

お花が 長く 持ちますように。。。。

[PR]
by pi-pal-mego | 2016-08-01 15:47 | 震災 | Comments(0)

自ずと…

昨夜 観ていたNHKニュースの途中
嫌な記憶が蘇る緊急の音

自然災害

一瞬にして
〝今” を 失ってしまう

避けようのない 自然災害

その


残酷さ
無念さ
嘆き
悲しみ
憤り

混乱の中
次々 流れるTVインタビュー

聞きたい 知りたい
わかるけど

もう少し待ってもらえないかな…


日本は 地震大国 火山大国


避けられる事
避けようがない事


自ずとも…
[PR]
by pi-pal-mego | 2016-04-15 20:31 | 震災 | Comments(0)

5年ぶり

e0160568_13401804.jpg


さくら さくら ポツポツと開き始めました。



春なのに 

あーぁ 

春なのに くしゃみ・鼻水・目のかゆみ

恨めしや 花粉症


e0160568_13404935.jpg

つぼみの 後ろは 津波で流された橋桁が
5年ぶりに つながった 鉄橋です。

e0160568_13414521.jpg


線路は全て整備され
JRさんから 三陸鉄道さんへ移管が決定。

震災前から 赤字に苦しんでいた 三鉄さん。
減り続ける人口は  ここにも影響 ”大” なはず。

つながることが ”吉” と出ますように。






[PR]
by pi-pal-mego | 2016-04-09 13:48 | 震災 | Comments(0)

重い現実

e0160568_13462483.jpg


「高く 積まれた 黒いの全部 除染したやつ。 放射能怖い」

と 兄ちゃんからLINE。

営業担当 福島ですから 毎日のように通い
あちこちで 目にする 放射線量を示す数値

果物や農産物が美味しくて 観光資源も多い
「福島 は うつくしま」と言われていたのに・・・・

今日のラジオから流れてきたニュース
今年の震災関連の自殺者  23人
内 福島県 19人
一昨年に比べ 4人増え 福島の割合は増加している

とのこと。

ただの数字ではない

あまりに

重すぎる 現実。

        

 

[PR]
by pi-pal-mego | 2016-03-19 13:07 | 震災 | Comments(0)

5年という節目に。

長かったのか
短かったのか

わからない 波乱万丈な年月でした。
特に最初の2年半くらい無我夢中だったぁー
「Tちゃん 年表 作った方がいいわ」と風ママ(笑)

改めて カテゴリー「震災」過去記事 読み返しました。

ありがたいことに
家族が皆、無事だったこともあり
日常は ほぼ戻っています。
中学3年生だった ソイ君も 20才になり
またPET検査の時期がやって来る父さんも、元気に肥えとります(笑)

応援 支えて頂いた 皆さまの おかげで ”今” があります。

被災地の復興は まだまだ かかるだろうし
果たして 何をもって 復興となるのかも正直わからない
それは これからも 私個人の観点ですが お伝えして行けたらと思います。

出来る限り ココで ほどほど頑張って

理不尽な 借金返しますよーっ!! (←今でも怒ってる)

「仕方ない」 そんな気持ち 学びました。

辛かった気持ち それ以上に
沢山の人の優しさ 温かさに 支えられ ました。


「今は大変で、辛くても きっと穏やかな日が来ると思いますよ」と

悩める方に 私が言うと 結構 説得力があったりもしてます(笑)

だって あの時は 穏やかな日なんて とてもイメージ出来なかったし
次々 悪いことが起きて 負の連鎖・疑心暗鬼・戦々恐々だったー

誰にでも 大なり小なり 悩みはあるし
仕事だって 皆 大変で
それは きっと 同じ

そして 災害の大小に関わらず
被害にあった方は 皆 同じに大変

茨城や大島や広島 他 皆さん どうされているのだろうと・・・

超・弱々な私ですから

きっと これからも 
愚痴ったり 泣いたり 毒を吐いたりすること
間違いないと思われますが

5年と言う節目を前向きに(←珍しいとか言わないよーに!)
ただ ひたすらの感謝とともに。。。。

                            












[PR]
by pi-pal-mego | 2016-03-18 13:45 | 震災 | Comments(0)

5年目の3月11日

3月11日  早朝 サイレンで目覚める

津波の避難訓練のサイレン

思い出したくない 音
携帯の音 無機質な防災無線の声

訓練は大切だけれども
この日に それは 必要!?

音により 嫌でもよみがえる記憶
それが辛い人も多く居るはず

静かに 静かに 祈る日で良いのではないか
と 父さんと話す。


14時46分

深く息を吸い 黙祷

あの日 波に消えた 無念の数々に心をよせる

14時半くらいから なぜだか鼓動が早くなる 
5年前のあの日も こうして パソコンに向かっていたな・・・

あの日は どんよりとした 曇り空だったけど
今日は晴れて良かったな。そんな気がしました。


震災から5年
1つ 節目の年 と感じます。


市内 ほとんどの復興住宅が完成し
電気のつかない仮設も増えましたが
高台移転は まだ時間が かかりそうです。

e0160568_20280277.jpg

全国世論調査では

「復興進まず」  72%

復興への国の取り組みを
「全く評価していない・あまり評価していない」  52%


e0160568_20283562.jpg


5年の月日が流れ 内陸部へ移転される方も増え
復興住宅の建設も予定されるほど・・・

復興の遅れは 商売にも 直結しています。
私の住む市は それでも良い方です。

先日 塩釜で被災されたお寿司屋さんの店主さんが

「店やモノがあっても お客さんが居ないとね・・・」

本当に その通りで 一番大切なのは ”モノ” ではなく ”人” のはずです。

億の税金をかけ 修繕した市役所を さらに莫大な税金をかけ 移転
本当に必要ですか!?
これからを生きる子供たちの重荷になるのでは!?

そして
震災は自然災害 原発は人災

次々に再稼働する恐ろしさ

何か どこか 違うのではないか・・・

戻ることのない命や 
帰ることの出来ない心に 申し訳がない

そんな気がしています。


沢山の想いは ↓↓ ありがとう を ぽちっと。





ありがとう
[PR]
by pi-pal-mego | 2016-03-11 20:57 | 震災 | Comments(4)