与えられた環境

雪が降って寒ーい。
今日の気温2℃・・・って、ねぇ冬なの!?

兄ちゃんも昨日合宿から戻りました。
オリンピックに出てる選手も4名来てたそうで

「オーラが違う。そばに寄れない」って帰ってきました。

要するに、見てるだけのファン状態だったらしい・・・
でも、練習を間近で見れたって事に感激してました。

他県2位の学校の方とも試合させて頂いたようですが
あまりの実力の差に撃沈し、自分の柔道人生もここまで・・・と悟りの境地

e0160568_14182981.jpg

                   「あきらめるの、早いね」

あいた時間に近くのアウトレットで買い物もしたりして
色々な経験させてもらったようです。


住んでる環境って、皆それぞれで
離れてみて、わかる事も多いですよね。

東京に住んでた頃”不便”って感じる事ほとんどなかった気がします。
まっ、物心ついた頃から住んでたから、そんなもんって感じだったんでしょうか。



3分おきに来る電車
e0160568_13503679.jpg

                「ありえない!待つこと1時間は当たり前」



デパート・ショッピングセンター・マック・ボーリング場・etc・・・
e0160568_1354452.jpg

                  「ナッシングー!ここから2時間」



キジとかカモシカとか熊だって
e0160568_13545234.jpg

                  「たまに出てきちゃう。ここではキジ発見!」


・・・・って、どんな所に住んでるの~って思っちゃいますよね(笑)
家は住宅街だけど、豊かな自然に囲まれてると言うことで・・・。

来た当初は環境の違いに戸惑ったし
「家の窓から山が見えるよー」って泣いてました(笑)


東京から来たお嫁さんも居たけど、帰ってしまった人も居ますね。
その方は子供の教育環境が物足りなかったらしいです。
まっ、それだけじゃないと思うけど・・・

その方の息子さんが
「医者になりたい!」と幼稚園で夢を語って時

兄ちゃんは
「デストロイヤー(ゴジラの怪獣)になりたい!」・・・って、なんで怪獣??普通ヒーロじゃん。

e0160568_14253693.jpg

                           「そこですか!?」


帰省した時は「東京の人、歩くの早っ」って思います。
待っても7~8分の電車に駆け込むんだ・・・みたいなてきな!?
まっ、私も帰れば東京駅から早足になってますけど(笑)

こちらは時間の流れがゆったりなんでしょうね。
待つ事を苦に思わないっていうのかな。。。
不便さの中にある”良さ”もあるな~と感じます。


でも与えられた環境によって、出来ない事やあきらめなきゃいけない事も結構あって。
例えば、習い事・遊び・買い物・教育、ボランティアだって・・・

ボランティア!?


長くなりそうなので続きは ↓







今の犬・猫達の現状を知って、衝撃を受けて、初めは見てるだけでした。
でも色々と知ることによって少しずつ、何か出来る事はないか。
自分も何かしたい。と気持ちが変わっていったんです。

昨年の1月、思い切ってある愛護団体のボランティア登録に行きました。
自分の決めた事だから、人は頼らず一人で行動したいと思いました。
休日切符で行けば、半額で往復できる。(と言っても2千円)
冬の山道を運転する自信がなかったので、電車で現地に向かい
家を出てから4時間近くかかり到着。

地方都市の不便さは、公共の交通機関の数の少なさ。
1時間おきは良いほうで、一日6~8本なんてこともあり。
車社会になってしまうのも、頷けます。

そしてやっと施設に辿りついたのに、ただ名前とメールアドレスを聞かれて
「必要なときは、こちらから連絡します。ご苦労様でした」



「・・・これだけ???」

「聞くことから始めませんか?」「ボランティア講習会」とあったのに
何の説明もなく終わり。

それなら現地に出向かなくても、メールや郵便で十分なのでは?と疑問に思いました。

でもその時に、きっと連絡ないな~って感じたんです。
案の定、一度も連絡ないです。

冬の岩手の風吹きすさぶ中、一人トボトボと中年のオバサンが歩いて帰る姿。←イメージして下さい。
ホントに人なんて歩いてないんですから!!!
演歌の世界ですよね。

なんだか泣きそうになりながら「めげない!めげない!(笑)」って言い聞かせ、
1時間半も電車を待って家に帰宅した時は

自分の今日一日の時間って、何だったのか
家族を置いて、めごを置いて、お金をかけ、(あくまでも、個人的な事情ですけど)
時間をかけた結果がこれ?
と、ひどく落ち込みました。

中心都市だったら複数の団体さんがありますが、私の住んでる環境ではそれは望めない。
自分にしたい事があっても、環境によって出来ない。
こんな事があるんです。

しばらくは落ち込みました。
何かしたい。でも出来ないというジレンマ。

そんな時に知ったのが
「草の根ポスター掲示」のボランティア募集だったのです。

これなら出来る!と早速申し込み、手元にポスターが届いた時は本当に嬉しかった。

動物福祉ネットワークの担当の方に、いきさつをメールでお話すると

「一人でも多くの人達に知らせる事で、助かる
動物達の命があると思います。
私自身も数年前に児玉さんの写真展を見まして
賛同し、何か私にも出来る事があればと思っていました。
そんな中、今回ポスターの配送のお手伝いを通じまして、
草の根ポスター大作戦にご協力して頂ける方々と、
ご一緒に活動出来ます事を、大変嬉しく思って居ります。」

こんな返信のメールを頂き、
「一人じゃないんだな・・・」と、とても嬉しかった。

ネットで行き着いた「150匹犬猫ボランティア」さんに、フード等少しばかりの寄付。


ポスターをお願いした事がきっかけで、動物病院主宰のアニマルセラピーを
目的とする団体にも参加させてもらいました。
めごの性格からアニマルセラピーは無理ですけど(汗)
何かの糸口になれば・・・と。

そして、昨年
「愛玩動物飼養管理士」なんて資格にもチャレンジ
e0160568_14475163.jpg


兄ちゃんやソイ君からは
「その資格取って、何に役立つのよー」と言われましたが・・・

でも、自分に出来る事何かしたかったんだよね。
与えられた環境で、自分の出来る事したかったんだ。


これからも小さな力にしかなれないかもしれないけど、出来る事続けていこうと思っています。
[PR]
Commented by purinichigo at 2009-03-25 22:40
「できることから」これって、簡単なようで実は難しいことだと思います。最初の1歩はとっても大きいし、すごい勇気がいったのではないでしょうか?
愛玩動物飼養管理士…とりたいと思いつつ早何年???
ダメダメですね(汗)
一人じゃない!これはとても心強いですよね!!!
Commented by pi-pal-mego at 2009-03-26 15:19
ぷりんママさまへ
はいっ、一人じゃない!心強いです。
原点であるママさまには、いつもたくさんパワーを頂き
支えにさせて頂いています。
ありがとうございます!!!

資格があっても、兄ちゃん達の言うように
実際に命に携わる事も出来てないし
おまけに岩手には管理士の事務所も設置されてなく
実質的な活動は未だないようです(汗)
でも「何かしないで居られない」そんな気持ちでした。
ママさまの活動は、資格なんかよりずーっと重く大切です!!!



by pi-pal-mego | 2009-03-25 15:13 | わたくしごと | Comments(2)