世界の”W”

先日のゾクゾク後やはり発熱・・・と言っても37.4℃と微熱。
でも年を重ねるごとに熱に弱くなるな~
小学校の頃は38℃あっても学校行ったのに・・・


e0160568_11402153.jpg

                  「それもいかがなものでしょうか・・・」

熱は下がっても、鼻水は治まらず「やっぱり花粉?杉?」
このまま5月迄続くの!?と、びびる私です。

兄ちゃんは、今日から東京に向け出発。
日本武道館で全国高等学校選手権大会を見て←(見るだけ・・・涙)
翌日から順天堂・筑波大学で合宿。
25日に戻り、月末からは金沢に又合宿に行きます。

21日が誕生日の兄ちゃんは
「合宿中に誕生日なんて最悪だー」と言い残し出かけて行きました。

今日は兄ちゃんの柔道部顧問のお話。
顧問の先生はちょっとでなく
かなりスゴイのだ!!

地元では”世界の”と呼ばれてる。
オリンピックこそ国内2位で残念ながら出場出来なかったけど
世界大会2位の実力者!パチパチパチ←拍手

でもね、もっとスゴイな~と尊敬してしまうのが
絶対にそれを自慢しないんです。謙虚なんです。
いつも冷静沈着。決して手を上げたり、怒鳴ったりしません。

そんな先生の一言は、ずっしり重いみたいで、
階級(体重)が下の選手に1本負けした兄ちゃんに
「情けない」と一言のみ・・・・
兄ちゃん、どーーーんと沈みましたよ。
でも、その一言に全てが凝縮されてるんですよね。


私の中学バスケ部の顧問なんて、ファールすると自分の座ってる
折りたたみ椅子をわざわざ立たんで(←ここ重要)椅子でぶちましたよーー

e0160568_11424527.jpg

                 「今なら大変!かなり昔だからね」


そう、○○年前・・・熱心な先生ではあったけど。



悪い事だけでなく、良かった面も必ず誉めてくれる。
いつも周囲への感謝を忘れない。
そして親の経済負担を軽くするよう常に配慮し
遠方でも先生自身が運転して移動してくれる・・・

人としても尊敬出来る先生なのです。


兄ちゃん達、新人戦では優勝出来たものの、次の勝ち抜きの県大会では3位に・・・
でも先生は
「やることをやって、ダメだったら胸をはれるはず」と言われました。
残念ではあったけど、本当にその通り。


これからの2ヶ月は追い込みで、辛い練習が続きます。
昨年は椎間板ヘルニアになり、ブロック注射をしながら出場した兄ちゃん。
思うような柔道が出来ず、団体戦では皆に迷惑をかけました。

体調管理は難しく、ケガは本当に怖い。
これはスポーツ選手皆に言えること。

W先生、そして良き仲間・先輩に出会えた”縁”に感謝し、悔いなく、
兄ちゃんの残り少ない柔道生活を終らせてほしいと願うばかりの春です。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-03-19 15:51 | 家族 | Comments(0)