涙の年明け

昨年(平成20年)・・それは、ちょっとブルーに始まった。

年末から突然体調を崩しためご。
前日まで元気だったのに、吐いて下痢を繰り返す。
病院は休みに入ってて、おまけに先生は地元に住んでおらず不在。

一年に一度、兄ちゃん・ソイ君に会えるのを伯母は楽しみに待ってるし・・・
ちょっと上向きになっためごを乗せ、東京に出発!
・・・・こんな日に限って、大雪(涙)
1時間おきにめごのサインで休憩(うん○)めごが一番辛いよね。

e0160568_1151746.jpg

               「はい・・・悪い夢を見た感じでした」

実家についてから少し落ち着いた感じに見えたのですが、やっぱりおかしい。

「何かあっても嫌だし、病院行ってみる」
「正月2日からやってる所あるの?」

義弟がネットで探してくれたら、2軒あった。
1軒はパルがお世話になった病院(強制退去をお願いされたけど、信頼出来る先生)
でも、午前中しかやってなーーーい。
残る1件に電話してみると、携帯につながり酔っ払った感じの男性が
「はーい、大丈夫ですよ。安心してください。ちゃんと診察しますから少しだけ待ってて
くださいね~。」

確かに正月だし、酒も飲んで当たり前だけど切羽詰ってる私との温度差が明らか。。。
でも診て貰える安心感は大きかったのです。

めごを連れて行くと、とーっても若くてビューティフルな女医さん。
呼ばれるまで40分位待って診察室へ。
最初に症状を話すと「疑うべき検査はしますね」とめごは診察室の奥へトボトボ歩いていった。
レントゲンに血液検査。
それから1時間半は待ったかなー。呼ばれて説明を受けたけど、これという確たる物はなく
「ちょっとすい臓の数値がおかしいかな・・・でも、基準内ですので主治医に見てもらって下さい」
「応急に水分補給の点滴をしますので、2時間したら迎えに来てください」←AM3時
「診察料の見積もり???があるので受付でお願いします」
と言われ、その見積りを見てびっくり!!!
なっ、なっ、なんと片手×万円   ひぇーーー
どうりで受付に”カード使えます”って表示あるはずやねー。
(東京を後にし早14年(遠い目)・・・今の都会の動物病院ではフツーなのでしょうか?)

e0160568_1136937.jpg

                     「健康管理って大切ぅ」

もちろん、ビンボーな私がそんな大金持ってるわけなく
「カードでお願いします」

真夜中の3時、めごと買取だったエリザベスと共に、帰ってきた。
12月、仕事が忙しくて体力消耗していたオバサンは身も財布も疲れきったのである。

その後めごの症状が落ち着いたのはいうまでもない(ならなきゃ困る)ので
”良し”としよう!!!

「まっ、行かなくてもめごは良くなったかもしれないね・・・ボソッ」←父さんのコメント。


「それを言っちゃぁー、おしめえよぉーーー」
でも、今度はパルの病院に午前中に行こーっと
[PR]
Commented by ぷりんママ at 2009-01-14 19:00 x
わかります
元気になるんなら、諭吉さんとさよならするさ!って思っちゃ~いるけど、さよならはいつも辛いもんですね。。。涙
でも、元気になって良かったです^^
しかし、高いですね…
Commented by pi-pal-mego at 2009-01-15 11:50
ぷりんママさまへ
ママさまなら、きっとわかって頂けると思っておりました~
やっぱり高いですよね!!!
そうなんです!元気になるなら諭吉さんとのさよならもO.K・・・
BUT!庶民の私には金額が想定外でした(涙)
今年は人間よりめごの体調管理を最優先し帰省いたしました(笑)
こちらは最高気温0℃と寒いです。
ママさまも風邪などひかれませんように・・・。
by pi-pal-mego | 2009-01-14 12:07 | めご | Comments(2)