お見舞い

雨により
また大きな大きな被害


「まる津波みたいだ」

自分たちが目の当たりにした光景がよみがえり

心が痛む。

まずは電気 そして水道
ライフラインが復活し
一日も早く日常が戻りますように・・・・


ワンコと屋根の上で救助を待つ姿

共に助けてくれて 本当に ”ありがとう”

救う・守る 
自衛隊の皆さんには いつまでも
そんな存在であってほしいと改めて感じた瞬間。

災害の前日の地元紙

「ペット避難 進まぬ対応」の記事

e0160568_20284224.jpg




岩手県のペット同行避難
訓練 や 話し合いの場を公に設けるなど少し行われているけれど
避難所受け入れを 実際に決めるのは各市町村の縦割り・・
居住する実被災地でさえ ペット同行避難は
”未定”  一番中途半端に感じる答え
福島のある町では ”原則不可”

「ペットの受け入れで混乱した被災地でもなお、
飼い主が安心して避難できる状況にはほど遠い」

経験したからこそ
出来ることがあるはずなのに・・・・

13才以下の子供の数よりワンニャンの数が多いと言われる日本
災害が増え続けている今だからこそ、
その対策は急務だと
心から思う。




[PR]
by pi-pal-mego | 2015-09-13 20:44 | ひとりごと | Comments(0)