善し悪し

震災後 多くの支援物資が寄せられ

これは とても有難いことでしたが

地元の商店や流通にはマイナスに働きました。

お米・野菜・調味料・衣料品に雑貨 その他もろもろ

当然、地元の物は売れなくなったのです。

そして ここ最近

被災した地域に 大型ショッピングセンターが
いくつか出来上がり

人材募集の広告が度々入ります。

確かに雇用の拡大にはなりますが

その反面 地元の企業は人手不足になったりします。

地元より高い賃金 きれいで 冷暖房のある仕事

皆がそちらに行ってしまうのだそうです。



でも利益が上がらなければ大手は撤退
それは容易に想像できること。


時間の経過と共に
問題も変わって来て
いろいろ 考えさせられます。
[PR]

by pi-pal-mego | 2014-05-28 14:17 | 震災 | Comments(2)

Commented by yumi-gino at 2014-05-28 20:46 x
難しい問題ですね・・・・。 良かれと思うことが蓋をあけてみると
逆に作用してしまったり。
何が地域のためになるのか、将来どういう問題が起こって
くるのか、それを予測しながら進むのは容易ではありませんね。
大型ショッピングセンターというのは、私は将来どんどん
淘汰されて行くと思いますよ。
お年寄りが増えるのに、だだっぴろい売り場は逆にいりません。
今こそ、古き良き商店街を復活させるべきだと思っています。
Commented by pi-pal-mego at 2014-05-29 11:04
yumi-ginoさんへ
そうなんです、本当に難しい問題ですよね・・・
皆にとって良い事は中々ないのかもしれません。
私自身も現実に起こってから知ったり、わかったり。
宮城県の防潮堤にしても、住民の意見は置き去り
そんな事を多方面で感じます。

そうですね、私もyumi-ginoさんの意見に賛成です!
人口も減少し高齢化率も高い三陸。
マニュアル通りでなく、ゆったり顔の見える商売って
いいですよね~古き良き商店街!