ブログトップ

ずーっと大好き。

いつか皆が笑顔に・・・

どうした!?さざんか 怒涛の連続更新!
古くからおいで下さってる方は「何かあった?」と思ってるかも(笑)

いえね、3月11日から とりあえず 想いを綴ってみました。
長々申し訳ありませんでした。
今日で最終。明日から通常モード(あるのか通常?)に戻りまーす

e0160568_2052334.jpg

                     「あたしの出番ですね」


ので もう少しだけ お付き合い下さいませ。

私の住む市では 2ヶ所 町 そのもの が消えてしまいました。
e0160568_2027588.jpg

高台移転など、まだまだ先の話です。
元々、山が多く平地の少ない市ですし問題は山積みだと思います。
家がないのにローンを払ってる方も多いです。
先に延ばせば金利も上乗せ・・私達も聴いて知ったことです。


e0160568_20373980.jpg

                  ボーゼンとする さざんか
e0160568_20261520.jpg




被災した家屋は 1つ1つ 基礎も取られ ここに何があったっけ?と
消えて行く景色が寂しいけれど
e0160568_20285429.jpg

                  跡形もなく流れた前店舗までの数件
e0160568_20293682.jpg

                  現在の店舗後

それでも、町の中心部が残っているので


新たな建物も増えています。

多分 被災地の中でも前に進めている市だと思います。

海岸沿いに高い防波堤を建てる案があるようですが
いかがなものでしょうか。
気仙沼のカキ養殖をされる方も嘆いておられました。

被害にあった市役所を億のお金をかけ修繕したのに
又移転の話が持ち上がり
e0160568_20303570.jpg


皆さんから復興税として徴収してるお金の
無駄使いではないのかと憤り
e0160568_20312168.jpg

あるNPOは支給された数億という大金を2年で使い果たし
全員解雇。又仕事を失う。とんでもない苦しみです。
e0160568_20384388.jpg

一時的な仕事につけても、雇用の先行きは不安定。
=人口の流失の一因です。

雇用に力を入れていたのは確かだと思います。
我家も補助金は除外なのに、人を1年でも雇用すれば
お金が支給されるという案内は来ました。
e0160568_2043084.jpg

                 黒い波が超えた防波堤

でも、それは付け焼刃ではないのかと。。


復興住宅は前進しています。既に出来上がってる所もあります。
避難所がなくなる事が第一歩だと思いました。
そして 次は 仮設住宅・・・

大丈夫 後ずさりはしてない!

e0160568_20402263.jpg

              並ぶ漁船も増えた 当たり前の風景が戻る

海は本当に穏やかで

e0160568_204053100.jpg

穏やかで・・・

被災者という言葉を利用するのも
甘えるのも私は好きではありません。

希望を失わず
弱者に優しい日本であってほしい
それは動物たちにも言えること。

皆が笑顔になれますように。。。
[PR]
by pi-pal-mego | 2013-03-17 20:53 | 震災 | Comments(0)