ブログトップ

ずーっと大好き。

盾の半面 ~再び~

これは個人の意見です。

2年目の震災関連の報道を見ながら頷いたのは

陸前高田の市長さんの言葉。(メディアへの露出が多かったのも確かだが)

「1000年に一度の災害なんだから、1000年に一度の対応をしてほしい」

「法律を変えられるのは政治家だけ!」

「遅れ遅れの対応が人口の流失につながる」とも。

その通りだと思った。
人口の流失が加速すれば
私達のような仕事も多大な影響を受ける。

国 → 県 → 市 → 町

今まで通りの煩雑なやり方では時間がかかり過ぎるし
なんだか市役所の対応にも失望したけれど
あーするしかなかったのかな・・とも思ったり。
いや、でも気は心だ。あれは、傷つく。

原発で避難している人達が記入する書類も膨大さに驚き
そうすることで諦める人を増やしたいのかと思った。

我家は対象外となったグループ補助金の申請書1つとっても
とっても複雑でややこしい。

高齢の方はそれだけで諦めてしまいがち。

陸前高田の市長さんが国政に訴えた時

ある議員さんは
「法律を変えるのは難しいから、既存の法律のなかで抜け道を探せ」
的な事を言った。(変えろよ!と思ったけど)

どこかで聞いたフレーズ。

私達も補助金の全てを除外された時に、そのような話をされた事がある。

それはズル(←言葉は悪いけど)しろということか?

と、父さんと二人で頭の周りに???が飛び

なんで、そんなことまでして・・・

抜け道を通らなきゃいきない理由がどこにある!?

働いて、税金払って、流され倒壊したから 立て直した

それだけのことだよ。実にシンプルだよ。

えぇ、えぇ、
新しく立てた店舗の住宅取得税も払いましたよっ 凹


それでも除外は除外。
でも、そんな人は沢山いて、みな同じ矛盾を抱えながら
進んでいる。

あまりに国の対応が遅いから、”早く動いた人損”
1年待てば良かったのかと後悔する時もある。

でも、仕事がなければ生きていけないし
あの混乱のさなか、苦しくても進むことで救われる部分もあったのだ
と振り返る。

それでも進める私たちはいいんだ。
立ち止ったままの人がいる、町がある、それが
どれだけ苦しいことかを経験してる。

被災地を想ってくださる皆さんのご支援や
国民の血税を生きる力となる事に使ってほしい。
[PR]
by pi-pal-mego | 2013-03-13 16:17 | 震災 | Comments(0)