福島の被災犬たちセラピードッグに!

ここ数日20℃に届かず「寒いね」と言いたくなる三陸

e0160568_1501690.jpg

保護色となり擬態化する めごっち 笑かしてくれます。


話は変わります。(←B型はこれを言わずして話を変えるらしい 笑)
私が犬猫の現状を知った頃、ぷりんママさんが

『”名犬チロリ”という本をご存知ですか?
この子もセンター出身の子ですよ』

と教えてくれて、早速読んだ本。

e0160568_157340.jpg


「犬と歩けば~チロリとタムラ~」映画化もされています。

著者の 大木トオルさん は 国際セラピードッグ協会 の会長さん。

殺処分寸前のワンコをセンターから引き出し
セラピー犬として育成されています。

HPの セラピードッグ紹介 のコーナーにはキラキラと輝いた命がそこにあります。

そして昨日、とてもうれしい新聞記事が!!!

e0160568_1543843.jpg




大木さんが福島県の被災犬100頭を保護しセラピードッグに育てようと

「日本被災犬終身保護センター」を9月にも東京に開設されるそうです!!!

被災者の心のケアはこれからが正念場です。
阪神大震災の時は、孤独や絶望から死を選んだ人が数多くいたと聞きます。
今度の大震災でも既に何人もの方が同じ道を歩み始めている。これ以上
悲惨な事が起きないよう、孤独や絶望感を少しでも和らげる手助けがしたい。
被災した仲間同士である犬たちと触れ合うことによって、少しでも心のケアに
役立てて頂きたいんです。
 以上 岩手日報より抜粋


ワンコにとっても、人にとっても
本当に有難く嬉しいことですよね。


一人の被災者として、そして
犬の一飼主として”救われる”
そんなありがたいお話でした。
[PR]
by pi-pal-mego | 2012-07-22 16:46 | 震災 | Comments(0)