「命の授業」あかぽんの”プロジェクトX”

受けてきましたの~

児童文学作家 今西乃子さんの


「命の授業」

e0160568_11453050.jpg


えぇー、あかぽんの”プロジェクトX”最終章ですわよ。

ちょうど2年前に千葉県愛護センターからホップを家族に迎えた
あかぽん。
普段言葉少ないし、人と目を合わせない
実はぷりんママさんと御一緒するのも不安だったさざんか(笑)
でも、その行動力は素晴らしかった!!!

頑張ったあかぽんの結果を見届けたい。
いや、単に講演を聴きたかった・・・
いや、未来ちゃんに会いたかった・・
単なるミーハー!?


とても、とても心に響く2時間でした。

e0160568_11475572.jpg

               講師 今西乃子さん。


辛い映像もあったけど
子供たちはしっかり見ていました。

「残酷なものを子供に見せるなんて」

そんな言葉をよく耳にするけど
残酷な事が毎日普通に行われてる事の方がもっと怖いと
私は思います。

そして

子供はちゃんと受け止め、考える力を持っています。



今回の講演だって泣いているのは私とホップママを含め大人だけで
子供は泣いてないんですよね・・・。


「どんな自分が好きか?」

「許すということ」

大人も子供も真剣に考えました。

後半になると

周囲のお母さん方のすすり泣く声が聞こえてきました。

環境のこと、税金のこと
しっかりわかってる子供たちに逆に教えられました。


講演が終わると


「良かったね。」

「中学生にも聴かせたいね」

と囁くお母さんたちの声を耳をダンボにして聴き入り

ほとんど方がしっかりアンケート記入されてました。
このアンケートを書いてもらえることは、主催者は本当に嬉しいのだ!

e0160568_1153784.jpg


e0160568_11484568.jpg

               ピッカピッカの笑顔 未来ちゃん

後日、校長先生から

「財産になる講演をありがとうございました」と

ホップママ言われたそうですよ。

そして図書室の 今西乃子さん の本は
ぜーーーんぶ、貸し出し中なんだって。


小・中学校の子供さんをお持ちの皆さま
そして関係者の皆さま
命の授業」本当に本当におすすめです。


そして、あかぽんの
「未来ちゃんを学校に呼びたい!」
に真摯に向き合って下さった校長先生に
心から感謝いたします。


完結としたかったけどね
きっと、ここから又繋がるものが必ずある。
そう信じて、あえて最終章といたしました。
[PR]
by pi-pal-mego | 2011-10-28 12:06 | わんこ | Comments(0)