ブログトップ

ずーっと大好き。

あなたが守りたかったもの。

ソイ君の同級生が書いた詩が岩手県総合文化祭にて優良賞を受賞しました。
とても胸に響く詩でしたので、ここに記したいと思います。


「あなたが守りたかったもの。」


あなたが守りたかったもの。
それは青い海。
この海が大好きだと言っていた。
あなたは自然を愛していた。

あなたが守りたかったもの。
そう、それは人間。
困る人がいれば、必ず手を差しのべる。
あなたは人を愛していた。

あなたが守りたかったもの。
そう、それは家族。
いつでも母と弟のために働いていた。
あなたは家族を愛していた。

そうして、
守るものが多すぎたあなたは
今はもう手の届かない場所。
寄せては返す波の向こう側。

もし声が届くのならば
私はきっとこう言うだろう。

あなたに守ってほしかったもの。
そう、それはあなた。
いつも何かを守ろうと、
自分を後まわしにしすぎたの。
あなたを愛してみたかった。

自分の体を愛し、
自分の命を愛せることが
どれだけ尊いものなのだろう。

生きたくても
生きられなかった人がいる。

だから、私が、愛そう。
あなたが守りたかったものを。
あなたに守ってほしかったものを。

   あなたのいた日々。
   あなたの面影。

すべてを心に刻みつけ
[PR]
Commented by BUKU at 2011-10-21 16:18 x
こんにちは!

心にずんって来て泣きながら読ませて頂きました。
色んな思いをたった少しのこの文章で表現していますね。
大人の私達ももっと頑張らないとって思いました。
さざんかさん。記してくれてありがとう。
忘れかけていた思いをまた呼び戻せました。
Commented by non at 2011-10-26 16:13 x
心に伝えるって
「伝えよう」と思って書くんじゃ無いんですね。
同級生の心が見れた気がしました。
正直で素直な子供に教わりました。ありがとう。

トルコの地震で避難生活している方々が
略奪などせずに並んで待ったり妊婦さんに譲ったり
されているそうですね。
「日本を見習おう」って仰ってるそうです。

日本人を誇りに思います。
辛い経験をされましたが世界中に日本人の心を
見せて下さった皆さんに感謝です。
Commented by pi-pal-mego at 2011-10-27 10:42
BUKUさんへ
BUKUさん、こんにちは。

実家に少し戻っていたので、コメントのお返しが
とても遅くなってしまい本当にごめんなさい。

私もBUKUさんと同じ想いでした。
被災地で被災していても少しずつ忘れてしまう
ことがあって・・・良くも悪くも・・・。
「生きたくても生きられなかった」
被災当初の気持ちを私も思い出しました。
「何か出来るから生き残ったのではなく
生き残れたからこそ、何かしなければ・・・」と
いう想いを。
BUKUさん、気持ちを共有してくれて
こちらこそ有難うございます!
Commented by pi-pal-mego at 2011-10-27 10:58
nonさんへ
>伝えよう」と思って書くんじゃ無い
本当にそのとおりですね・・・
きっと、伝えようとするばかりに
逆に伝わらないこともあるのかもしれません。
私自身も、迷い悩むところでした。
町や物は少しずつでも再生しますが
命だけは戻る事がない・・・
辛いとか、悲しいとか、思ってしまうけど
生きているからこそ・・だとこの詩を読んで
忘れていた気持ちに気付きました。

「日本人を見習おう」
とてもありがたいことですね。
私などは”嘆きのマートル”ですから
全くお恥ずかしい限りで・・・(汗)
正直、被災地にも良い人も悪い人もいます。
でも、良い事を真似して連鎖することは
とても素敵なことですよね。



by pi-pal-mego | 2011-10-21 11:39 | 震災 | Comments(4)