半年後の昨晩

今日は7月1日。
一年の折り返し地点ですね・・・
皆さんにとってのこの半年はどんな折り返しだったでしょうか?

昨晩、家が揺れるような雷の音でめごも震えていました。

そして、ちょうど   半年前の大みそか を思い出しました。
あり得ないようなみぞれの吹雪に家が揺れるほどの・・雷。

3月11日の震災後

地元では

「あの大晦日の天気からしておかしかった。
きっと予兆だったのだ」と

皆が言いました。


その予兆を思い起こすような昨晩の雷


ぴったり半年後の昨日でした。


被災地では、又「津波が来る」という根も葉もない噂が流れ
不安をあおる伝言ゲームもあったりします。


国の方針が後手後手ですから
皆、浸水した地域でも仕事を始めます。
生活がありますから・・・



「国の方針が決まるまで、生活は保証します」


だったら休む事もできたかもしれないけど
港町で飲み屋さんや商店の多い小さな町で


”神様がくれた休日”



そんなふうに思って休んでいる被災者は
まず居ないと思います。

先の見えない不安と背中合わせに進んでいます。



”働けないストレス”そんなもん、政治家には関係ないんです。
あの人達には到底わからない・・・諦めに近い気持ちです。


所詮人ごと


なんだか、犬猫の問題と一緒なのかな・・・


今、被災して生活に困窮してる人の気持ちが
きっと計り知る事が出来ない

そんな政治家ばかりなんだろうね


そして、原発。


これも又しかり。

私たち以上に辛い現実と向き合ってる原発で避難されてる方々。

でも、なお、原発O.Kという。

今、日本はどこに向かっているのでしょうか?
[PR]
Commented by usigara-aoba at 2011-07-02 17:24
こんにちわ。

こちらも珍しく激しい雷雨でした。夕立ってヤツ?を久々に経験した感じです!

スマトラの時も『また津波が来る』って噂で大パニックになりましたね・・・
噂って不安をあおる事ほど物凄い勢いで広まってゆきますよね。

原発って一番費用が掛からず大量の電気を生み出せるから
利益のことばかり考えて安全な場所で恩恵だけ受けている人たちにとっては
とても大切でなくてはならないものなのでしょうね?

普通に考えたら、コレだけの事故をおこして
なお原発は安全!なんて言えないですよね・・・。
原発に想定外なんてあってはならないのに『想定外でした』で片付けようとしてるし・・・。

原発で避難されてる方々
復旧作業にあたってる方々、その家族の方々のこと
原発を推進している人たちはどう思っているのでしょうね?
Commented by pi-pal-mego at 2011-07-03 12:23
TOMOさんへ
こんにちわ。
TOMOさんのコメント読みながら
うん、うん!と頷いてしまいました。
噂もそうだし、原発も・・・
あってはならない「想定外」ですよね。
津波で被災しただけども辛い現状なのに
原発で非難されてる方を想うと本当に言葉を
なくしてしまいます。
人だけではなく、そこに付随している動物や
思い出や仕事や愛着や沢山のことがあって、それを
一瞬にして奪ってしまう。なんか自然災害は
まだ仕方がない・・と思えても人災ですもんね。
お金や欲って怖いなーと思ってしまいますよね。

結婚記念日おめでとうございます♪
いつも仲の良いご夫婦でうらやましいです(*^^*)
by pi-pal-mego | 2011-07-01 21:23 | 震災 | Comments(2)