永い道のり

まずは私が一度実家に戻る前ですから3月末の市内。

電柱にからまる漁具
e0160568_183476.jpg


こんな巨大な船も陸に上がっていて言葉を失う。
e0160568_184470.jpg


地震の1時間前にランチしていた場所もこの通り・・・
e0160568_1842563.jpg


この島を超えて津波は襲ってきたらしい。
e0160568_1862915.jpg



そして兄ちゃんと向かったのは


まずは山田町。
恒例夏合宿で何度も訪れた「海と鯨の科学館」
e0160568_1892598.jpg


瓦礫の山となってました。
その附近は例年だと美しい数々の花々を咲かせていたのに・・・

海の色が違っている
e0160568_18141276.jpg

三陸の海はどちらかというと、黒っぽい透明感なのに
南国のような青い透明感に変わっている気がした。

e0160568_181529100.jpg

津波によって破壊された防潮堤。
車と比べると、その大きさがおわかり頂けると思います。

そして約2カ月が過ぎようとしているのに
この状態の大槌町に言葉を失いました。
e0160568_1817127.jpg


町がない・・・
e0160568_18182641.jpg


町長さんが亡くなられた事でよく報道された町役場
e0160568_18184992.jpg


被災地に住んでいても
この現状を目の当たりにすると更に心が沈みます。
以前の風貌が全くわからない程に変化した街並みが
釜石まで続き
兄ちゃんと父さんと私は釜石までしか行きませんでしたが
その先の大船渡、三陸町、陸前高田の被害はもっと大きいと
聞いていますし、この状態が仙台そして福島・茨城まで
続いていると思うと


復興


そんな日はくるのだろうか・・とさえ思ってしまいました。


ゴールの見えない永い永い道のりだけが
目の前にある気がして。
[PR]
Commented by usigara-aoba at 2011-06-02 12:27
こんにちわ。

報道される映像や写真で見るよりも
実際現場に立ってみると想像を遥かにこえた惨状なのでしょうね。
テレビの映像や写真は四角く切り取られてますが
それが数百キロの間続くんですから・・・。
何処から手を付けてよいのかわからない状況なのでしょうか?


それでも
復興・・・必ずしますよ!
長い長い道で目的地が見えなくても一歩歩いたら、一歩分目的地までの距離は確実に縮んでいるんですから

仕事があって収入があるあたし達(・・・収入があるのは旦那さんですが)がいっぱい消費して経済動かします!
経済が動けば復興もホンノちょっとかもしれないけど早まります!

一緒に笑える日がくるまで頑張りますよ♪
Commented by pi-pal-mego at 2011-06-04 12:37
TOMOさんへ
こんにちわ。
TOMOさん、ありがとうございます!!!
そうですね、目の当たりにするたび
現実は厳しいな~と心が沈みます。
きっと震災から3カ月近くたち生きるという
現実とも向きあう時が
来てる気がします。
実際に被災してる人達の心も良くも悪くも
変化してますね・・・。

世界規模の震災ですから、一市町村では全く対応が
出来ないと思いますけど国がねぇ・・・
今日仙台市長も言ってたけど甚だ遺憾です(--;

でも一歩ずつ・・一緒に歩いてくださること感謝
です。
by pi-pal-mego | 2011-06-01 18:25 | 震災 | Comments(2)