言葉にできない  

今日で震災からちょうど2カ月が過ぎました。
時間が過ぎるのが早いのか、遅いのか・・・うーん、わからん。


実は書きたい事は山ほどあって、でも気力が追いつきません(汗)
なので、前に戻ったり、つい先日のことだったり・・・と
誘われてフラフラ~な、ブログですがご迷惑でなければお付き合い下さいませ。


地震・津波のあと、本当にたくさんの方から

メールや電話、そして、とてもとても温かい温かいお心遣いを
頂きました。それは家族や古くからの友だけではなく
「めごちゃんと一緒に家を使って~」と言って下さった方やお会いした事が
ない自分を心から心配してくださる方々のメッセージ。
幸せ者だな・・・わたし。


心から”ありがとう”の気持ちでいっぱいです。


本当はね、ありがとうなんて言葉じゃ足りないんです。
小田さんじゃないけど“言葉にできない”

なんでしょうか・・・不謹慎極まりないけど

こんな震災にあいたくなかった。
極小な私ですから「なんで私!?]
そう思いました。


でも、負のことばかりではなくて


私ごときの生存を涙して喜んでくれた人が居る


そんな極上の幸せに出会ったのも、この震災のおかげかもしれません。


だって、普通だったら魂となった自分が
「あらっ、もしや自分ごときの為に涙ながして下さってる方が居るのっーーー?」
と、下界に戻ってその方々に恩返しに戻りたいのに戻れない・・・

なんて感じかもしれない。


ですから、わたくし今回私に想いをはせてくださった皆様に
そして社会に何か御恩をお返し出来たら・・思っております・。
・・・しますと断言できないけど(汗)

だって、命あるものです、私。


それは伝えることだったりするかもしれないし、犬猫の事かもしれない
まだ、これ!ってわからないしヘタレですので、たいした事は出来ない
事はわかっているからね、小さく小さく宣言・・苦笑)





小鳥ちゃんのご主人が言いました。


「生きているんだから、きっと俺たちにはなにか役目があるはず」と。

それは、役目があるから生き残れたということではないんです。
多くの命が失われ自分も生きている事が不思議だとしたら

何かしなくては

そんなふうに思う・・・


わかる気がしました。


そして・・・


極まりない心配をかけました。


離れて暮らす兄ちゃんを始め、家族、そして友人、知人
心から申し訳なく思います。
私も逆の立場だとしたら生きた心地がしない・・・。


震災間もない頃、道ですれ違う市内の知人達と別れる間際の言葉は

「頑張りましょう!」
でした。そう言って別れました。


その言葉が一番重くて私にとって辛かったのは
実家に戻った被災後3週間前後だったかな・・・と今は思います。

「今までで一番の試練だから頑張れ」


父の言葉にブチ切れ号泣してましたから。

「今までだって頑張ってきたよ・・もう、頑張れない。」と・・・・。


これは私と父との親子関係にも問題がある事は間違いないのですけどね。



数あるCMメッセージのなか
心に残るのは

「一瞬の力も大切。でも続ける力ももっと大切。僕たちは応援し続けます」

e0160568_191058100.jpg

兄ちゃんが連休に帰省した時に訪れた大槌町
「犬と猫と人間と」でも後援等お世話になりました・・でも
町がない・・・この風景が海沿いに大船渡~仙台~福島までも続くのです。

今、被災した一人である私が言える事。
それは復興には長い、長い、長い、時間がかかるであろうという事。
大変残念ながら。



きっと多くの被災者が思っていることではないかと思います。
[PR]
Commented by non at 2011-05-12 12:16 x
アメリカの高速沿いにサボテンがダーーーーーって生えてて
延々と続くんです。カリフォルニアLA近郊からラスベガスへの道。
まさに砂漠地帯;
でも、その合間合間に作られた町が30分~1時間
又は数時間ごとに現れる。
何も無かった砂漠に出来た町。。。
最初は小さかった町も大きくなって行ったんやろうなぁ~。
と思う町もあります。

「こんな何も無い所に町作れるんや;」と驚いた事を
覚えています。

瓦礫や地盤の事と色々壁はあるけれど
出来ない気がしない・・・



ps
私も父に言われたらブチ切れる派^^;

Commented by ぷりんママ at 2011-05-12 13:45 x
私も、「うちは計画停電に入ってないんだよ~」という嬉しそうな電話でブチ切れました!!!笑
でも、それで気づいたらしく、色々彼なりに復興協力にむけてやってるみたい
要は気づきの問題なのかも…
きっと、お父様も気づいたんじゃないかな?
Commented by usigara-aoba at 2011-05-12 17:38
こんにちわ。

頑張ってる人にコレ以上頑張ってなんて言えないし…
励ましも、慰めも何か上辺だけの気がして…
なんと声をかけたら良いものか、本当に悩みます。


500キロ位、もっと離れてるかもしれない地で
普通に生活出来ているあたしたちが
もっと頑張って
継続的に力になって行けたらと思います。
Commented by BUKU at 2011-05-12 21:19 x
初めまして。Dod's Smileさんよりリンクでいつもめごちゃん可愛いな~。と拝見しておりました。
2ヶ月経っても先が見えない復興に胸が締め付けられます。何も出来ないっていうか何をどうすればいいのかわからない。義援金を振り込んだのに今だお役にたっているのか明確では無いですし。東北の方のペット事情や動物達のニュースにいつも涙するばかり。
何かお手伝いないかと思いつつ、何をしたらいいのか・・。
東北の特産品などをなるべく購入するしか出来なくて。
Commented by pi-pal-mego at 2011-05-13 18:19
nonさんへ
うわぁ~なんだか、とても心強いですっ!
何もなかった砂漠でも町が作れるんですから
絶対又町を再建する事できますよね(^^)
それが生きてるものの役目なのかもしれません。
時間はかかっても、きっと大丈夫と思って
その一人として役目を果たさねば!
nonさんのコメント拝見したら、そう思えました~

nonさんもブチ切れる派ですか~(^^?
いつか是非とも語り合いたいですっ!
Commented by pi-pal-mego at 2011-05-13 18:26
ぷりんママさんへ
気付きの問題・・・そうかもしれないですね~
うちの父の場合は、本当に強力な自己愛主義者で
今回の事も兄ちゃんにグチグチ私の事をいまだに
言ってるらしい(^^;早く気付けよっ!みたいな。
きっと父は気付かないまま人生を終えるんじゃない
かな~と思います。
なんでこの父なのかな・・・と何度も思いましたが
今は反面教師にしています(笑)
Commented by pi-pal-mego at 2011-05-13 18:31
TOMOさんへ
継続的に力になって頂ける事、本当にうれしい
言葉です。きっと多くの被災してる人が望んで
いる事ではないかと・・・。
被災から2カ月が過ぎ、現地の人々に疲れも
みえ感情にも変化が出てきている気がします。

私もTOMOさんと同じことおもう事よく
ありました。
その辛い状況の相手を想う時、言葉は軽過ぎて
何も言えなくなってしまう・・・
だから、TOMOさんのお気持ち十分に伝わります。
ありがとうございます。

Commented by pi-pal-mego at 2011-05-13 18:41
BUKUさんへ
コメントありがとうございます!!!うれしいです!
初めまして~ですが、私も*chico*さんのブログで
BUKUさんのお名前拝見してました~(^^)

義援金、ありがとうございます!!!
皆さんの温かいお気持ち、被災したものにとって
本当にうれしいし、力を頂いています。
私自身も BUKUさんと一緒の気持ちでいます。
私よりもっと辛い人がたくさんいるのに、何も出来て
いない・・・犬猫のことだって、今こそやらなきゃ
いけないはずなのに・・・。原発附近の動物達の様子
に心痛めている一人です。
でも、 BUKUさんは東北の物を買ってくださったり
義援金そしてお手伝いできる事まで考えてくれてる・・
すっごく嬉しいし有難いです(涙)
きっと復興には長い長い時間がかかります。
ご迷惑でなければこれからも見守って頂けたらうれしいです。

めごねぇ~強烈な武士道柴犬なんですよ(笑)
Commented by ぷりんママ at 2011-05-13 22:41 x
きっと、さざんかさんのキレ方と私のキレ方の違いかも(笑)
私、めっちゃキレますから…
家族に恐れられております…ふふっ
うちの父もそうですよ~あの時代の方って、
右肩上がりで、何をしても儲かるような時代をすごしてきてるから、
妙に自信たっぷりなんですよね!
私もなんでこんなお父さんなの?!って何度思ったことか…
作文にも書いちゃったくらいだから
その分、マザコンなんですぅ~^^;
Commented by pi-pal-mego at 2011-05-14 20:36
ぷりんママさんへ
そう、そう!そうなんですよー。
ママさーーーん、私も全く同じです~
自称マザコン!公言しておりますっ。
なんでこの父なの?とずーっと悩んで・・・
行きついた所が反面教師。
江原さんの信者ではないけど、なぜこんな親なのか?
と悩んだら、そういう親にならなければいいというのを
聞いて、なるほど~と思いました。
父の嫌な所は真似しない、絶対!と。。。

3月は私もかなりブチ切れてました(^^;
その尋常じゃない様子を見て旦那も絶対に東京に
一度戻らせる決心を固めたようですよ(笑)



by pi-pal-mego | 2011-05-11 19:35 | 震災 | Comments(10)