ブログトップ

ずーっと大好き。

新人戦と母の背中

おひま~になった兄ちゃんと逆に、忙しくなったソイ君。
先々週は久慈で金メダリストの鈴木桂治選手を招いての講習会と試合があり
行ってきましたよ。

e0160568_1551050.jpg

とても喜んでました。
一緒に撮った写真↓ ピンボケです。
e0160568_1553612.jpg


ソイ君、かっこいい立ち姿も考えたらしい(汗)それより技を考えろー
そして、先週は地区の新人戦。3年生が引退して、1.2年生だけの大会です。

柔道の団体戦は5人(女子3人)ですが、ソイ君達は2年生だけ、きっちり5人しか居ません。
廃部の危機!?だし、誰も怪我できない状態。
学校では卓球や野球が人気。
柔道は痛いから・・絞め技が苦しいから・・・と嫌がる子供が多いそうです。

e0160568_157686.jpg

                  「世の中、変わったわね~(呆)」

闘犬めご!だもんね(汗)

結果は団体・個人共に2位で、なんとか県大会に行けます。
団体は兄ちゃん達以来、3年ぶりにの県大会です
どちらも善戦し、ソイ君の成長に東京から応援に来た母も喜んでました。

78歳になる母は、兄ちゃんの一番の応援団でアチコチの試合に同行。
インターハイには行けなかったけど、中学・高校と県大会団体優勝を見せることができました。


e0160568_1575378.jpg

                       「冥土の土産だよね」

オイオイ(汗)


根性なしの娘が何もしてあげれなかった分、兄ちゃんが長きにわたり楽しませてくれました。
兄ちゃんに「ありがとね・・・」なんて言うと「最高にウザイ!」と叱られますが。

新幹線を乗り継ぎ実家から6時間かかる、遠い遠い我家。
78歳の母が、いつまで来る事が出来るのだろう・・・
駅で年を取った背中を見送るたびに、切ない気持ちになるけれど

でも、今、元気で居てくれる事にひたすら感謝。
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-09-16 15:36 | 家族 | Comments(0)