心に響くこと

兄ちゃんと同じ柔道部R君のお母さんに
「お茶でもどうですか。柔道のお話もしたいし・・・」
と声をかけて頂き、同じく柔道部K君母と一緒に昨日出かけてまいりました。


e0160568_1347455.jpg

『トラットリア カンティーナ』というイタリア料理屋さんでランチ
元は蔵だったところを作り変えたそうですが、ステンドグラスが数多く飾られ
落ち着いた感じの素敵なお店でした。


e0160568_13475864.jpg

海老とじゃが芋のペンネ
写真はないけど、ティラミスとアイスカプチーノも頂きました。


その後、自宅にお邪魔し3時間近くもお話しちゃいました!!!
K君母にも、団体戦の負けから励まされ続けています。

気分が沈み、堂々巡りを繰り返してた私は
二人の心遣いが有難く、感謝の気持ちでいっぱい。。。


兄ちゃん達の年代で、高校から柔道を始めたのはR君ひとり!
本当によく頑張ったと思います。
長身で、歌舞伎役者の女形のような美形!
兄ちゃんの周りはイケメンが多いのよね~


e0160568_13362697.jpg

                「類は友を呼ぶ!だったら良かったのにね」

兄ちゃんには言わないでおくよ・・・。


団体戦のお詫びをすると、
R君はお母さんに

「一番辛いのはM(兄ちゃん)だから」と言ってくれてたそうです。

・・・・・・兄ちゃん、幸せだね。


兄ちゃんがお世話になってる接骨医の先生もわざわざ試合会場に駆けつけ
試合中、専任トレーナーのように兄ちゃんの膝を診てくれました。
負けた後、先生と抱き合って泣いたそうです。


診察時間外なのに、早朝待機して痛み止めの注射を打ってくれた
整形外科の先生は

「今日の治療代はサービス!頑張って来なさい!!」だって・・・うるうる。


どれも、これも、温かく心に染みる事ばかりで
涙腺壊れてる私は泣きっぱなし。


私の友人から
「結果には、一人ひとりの努力の成果は見えない」
というメールも・・・・。


皆さんの優しさが心に響きます。


高校に入ってからケガ続きだった兄ちゃん。
なぜ、兄ちゃんだけがケガするの!?
ずーっと、そう思ってきました。


でも・・・
怪我をしたから、出会えた人が居た

負けたからこそ感じる、人の優しさやいたわり


感謝の気持ち、絶対忘れないでいよう!ねっ、兄ちゃん。

そして
責任と結果は受け止めて、少しずつ前に進もう!
[PR]
by pi-pal-mego | 2009-06-04 14:25 | 家族 | Comments(0)