母の日と桃の木

昨日は母の日。
義母にお花でも・・・と花屋さんに行くと小学生位の男の子が
一人でカーネーションを買ってる姿が微笑ましかったな。

そう、母の日と言えば”カーネーション”

我家に届いたのは・・・・

e0160568_11302861.jpg


はいっ??

e0160568_1130568.jpg


そう、桃の木でーーーす!!・・・・・って、なんで??


兄ちゃんからの贈り物は”桃の木”でした。
うん、うん、嬉しかったけどねモチロン。でも、なぜ桃の木?と言う素朴な疑問に

「小学校の頃さ、前のFさん家に桃がなってて取ったら怒られてさ(←当たり前!)~。
でも、つぎの年オジサンがくれたらうまかったのよー。だから桃の木にしたよ!」

と、かなり自己満足気・・・


「桜はでかくなるってオヤジに反対されたし、柿はしぶいし、栗は嫌いだし、
みかんは酸っぱいからね~」


e0160568_11444199.jpg

                   「結局、自分が食べたかったのね」

ええ、そのようですね。

まつ、それも良しとしよう!
『桃・栗3年 柿8年』と言うから、ちょっと先は長そうだけど
庭に植えましたよ。


計画性に乏しい、金欠のソイ君は肉体労働で奉仕(笑)
食洗機のない我家なので、夕食後の食器洗いを自ら申し出てくれました。


兄ちゃん、ソイ君、ありがとう。


いつからか


夜、寝るときに「絵本を読んで」と言わなくなり


いつからか


自分の部屋で一人で寝るようになり


いつからか


一緒にお風呂に入らなくなり


いつからか


一緒に外でピクニックシートを敷いてお弁当を食べなくなってしまったね。


「この日が最後だよ!!!」って前もって教えてくれてたら
とっても大事に、記念日にして、記憶に残しておいたのにな・・・・・

過ぎてしまった時間が、とても愛おしいよ。

e0160568_125321.jpg

[PR]
by pi-pal-mego | 2009-05-11 12:09 | わたくしごと | Comments(0)